F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップタイムはウェバー FP3
2010年03月27日 (土) 13:24 | 編集
美しいアルバートパークは曇り空。午後から天気はどうなるんでしょうね。ここが実はいちばん問題だったり。

さて。FP3はしっかりライブで観ましたよ。いやぁ。いろいろ気になったところはあるんですが・・・マシンの挙動がチームによってほんっっとに違うなぁとか。いつもそうっちゃそうですが、今季はその差が激しいですよね。キマってないチームはほんとにたいへんでしょうね。まあ、その辺がSC入っちゃう原因作ることになるのかも。

ラスト、オプションでのタイム更新合戦はおもしろかったですね。最終的にトップタイムはウェバーで決着。アロンソ、ミハエル、ベッテル、ニコ、バトン、ルイスと、優勝候補がきれいに続きました。スーティルがマッサの前に着けてるのはチェックですね。まだフリーとはいえ、土曜日のセッションは要チェキでしょう。

さて、ドライバー目線に話を移してみると・・・

①シュー様早くも完全復活の兆し

ニコに削られたコンマ3秒がどれだけ屈辱だったか。ニコだって超絶本気モード、生まれてからいちばん気持ち込めたのが開幕戦だったと思います、・・・・が。今度はミハエルがニコの前。燃料搭載量等々、イコールじゃないってのは表向き。実際のところ、あの気迫はすごかった。しかも昨日、赤旗なのにタイム更新してるし(笑)。いいですねぇ、例のあれ復活

②アロンソ、虎視眈々と見据える今後

いろいろ計算してやってる感ありありのアロンソ。マッサがちょっと可哀想になっちゃうけど、やはり役者が上ですからしょーがない。にしても、マシンも安定してるみたいですしね。ベッテルのイッパツを警戒しつつ、予選でポール獲れるかどうかがカギですね。

③引退ささやかれるウェバー、予選番長の存在感

何と言っても今週末の主役。ポールだって狙いたいところですが、重タンではどうしようもなさそう(ごめんなさい)。重タンで速いのはやっぱベッテルですよねぇ。



それから。セナを悲運の貴公子にしたくない。なんとかならないですかねー


FP3結果
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。