F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポールはベッテル バーレーンGP公式予選
2010年03月13日 (土) 21:38 | 編集
なんと見応えのある予選! おもしろかったですねー 開幕戦だから、レギュレーションが変わった直後だからってのもあるでしょうが、チームやドライバーたちの気概がすごい。なんかこう、画面&Live Timingの向こうから立ち上ってくる感じ。

さあ、そしてコワイのは・・・

ここまで当たってしまったーーー>F1占星術@F速携帯サイト。まあ、このメンバーでチェッカーまで、ってことにはならない確率の方が高いっちゃ高いですけどね。しかし、占った私がビックリしてしまいました

・・・まあ、それはいいんですけどね。私的にはそこがツボだったので・・・

マシン的には、トップチームではマクラーレンがちょっとゴタついてた感ありますが、んー、サーキットとの相性って問題で片づけちゃっていいですか?(ダメです) マクラーレンサイトで2人のLive Timingとピットラジオがチェックできるわけですが、そこでルイスが言ってましたよね。

"Turn six is very bumpy, which makes turn seven tricky."

まあ、全車共通の問題ですけどね。ガタゴトやってましたよね。しかしフェラーリなんかは安定してましたねぇ。ベッテルはむしろ楽しんでるんじゃ?(笑) ルイスはともかく、バトンはこういうの超苦手でしょうね。しかも新しいマシン。扱い方に習熟するまで、(ルイスに比べると)少し時間が必要かもしれませんし。




にしてもシュー様、終了後にマクラーレンのマシンチェックしてましたね。まだ勝つ気なんだこの男・・・(笑)。この、病気のような執念が大好き。うれしくなってしまうなぁ

結果
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。