F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水曜日@モナコ
2011年05月26日 (木) 06:58 | 編集
火曜日夜に現地入りしまして、初日はヴィルフランシュというニース近くの街で一泊。絵はがきみたいな港町です。

VSM9
高台から海岸へと降りていくと・・・

VSM3
海沿いにカフェレストランが並びます。

VSM5

旧市街の路地から臨む海。


南仏の風情を堪能しつつ朝を迎え、朝食ルームへと出かけたら・・・びっしりとピレリウェアの人、人、人。ピレリチームが滞在してたんですねー。

フランス語なのでよくわからなかったのですが、アロンソの話をずいぶんしていました。アロンソのピレリタイヤ批判?を受けて、ピレリの中で問題になってるのかなーなんて。あとはキミやミカの名前も出てましたよ!

というわけで、昼にはニースに到着。ここからは毎日、モナコに通います。あれこれ作業し、旧市街でそば粉のクレープを食していざモナコへ。

1年ぶりのモナコは、あいにくの曇り空。珍しいんですけどねー。まるでスタッフのように現地観戦(連戦)を続けておられるファンの方と合流し、パドック近くのレストランでビールを飲んでました。

おもしろかったのは、バトンパパことジョン・バトンさんが来られたときに、ジェンソンの生まれた時間を聞きに行ったこと(笑)。いつものあの笑顔で答えてくださり、「そういうのはね、女親が覚えてるもんなんだよ。私は忘れたよ~」だって。生まれた時間がわかるとかなり精緻な占いができるので、一度聞いてみたいと思ってたんですよね!

そんなハプニングが多いのもモナコならでは。モナコでの1勝は3勝に値する、って言いますが、モナコでの現地観戦は、ほかのグランプリの3つ分に相当するくらい、スペシャルな気がします。

しかし、何で左近選手の占いをすることになったのか・・・あまりに意外な展開でいまだよくわからず。とても興味深そうに聞いてくださって、こちらもうれしかったです。なんか途中で、K猫カメラマンと楽しい写真を撮ったキモするけれど・・・(笑)。

さあ、そろそろ休んで、明日のFP1に備えなければ。
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。