F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッドブル痛恨の同士討ち マクラーレン1-2 トルコGP決勝
2010年05月31日 (月) 10:37 | 編集
Live Timing立ち上げて、さあスタート・・・ってときにネットがぷつり ものすごいレースだったので、すぐにアップしたかったんですが・・・もどかすぃ~まま一夜明けてしまいました。そしてINDYへとなだれ込むことに。。。


レースのポイントは、なんといってもこれに尽きますよね。




レッドブル同士討ち



まあ、審議対象にならなかったってことは、純然たるレースアクシデントなんでしょうね。つまり、あながちマークが悪いわけではないのだ、と。

あの瞬間は、明らかに速いベッテルをマークがテンパって無理矢理阻止ったように見えたんですけどね。でも、それは私の先入観だったかもしれません。

ベッテルは確かに速いので、体感がまたマークと違うのかも。ベッテルなら「当然行けた」あの速度、車間距離が、マークにとっては「絶対ムリだろ」なものだったのかも。天才型ベッテルと、普通の頑張り屋さん(失礼)マークとの、絶対的な感覚差



いずれにしても、ああいうことは当然起こりうること。チーム側から、あらかじめひとことあってもよかったんでしょうね。マクラーレンはその点徹底してるでしょうから(例の件でもう懲りたでしょうし)、その後のバトルもクリーンでした。・・・結果論かもしれないけど


しかしF1って、結局「ざっくりな印象」でその後のマーケットが決まっちゃう感ありますよね? て、ことは・・・





ウェバーさん、来季だいじょぶっすか?




マクラーレン的には、16/58のルイス、マークの同時ピットインで失敗したかに見えました。ピットアウト時、ルイスクルーが一瞬マークを待ってしまったのも大きなロス。結果、ベッテルに先行を許してしまいましたもんねぇ。


が、その後ルイスがプレッシャーをかけたこともあってレッドブル2台は自滅。マクラーレンは1-2フィニッシュの僥倖を得たわけですが・・・


これって、山羊座ドライバー(ルイス、ジェンス)にツキがあるというTwitter占い通りの展開


個人的には、ここがツボでございました(そこ?←そこだよ!・笑)





と、いうわけで。F1フォーチュン・ナビはまだまだ続きます


トルコGP決勝 結果


カムイ選手、ポイントゲットおめでとう


スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。