F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トワイライトGP 公式予選 ルイス圧倒PP
2009年10月31日 (土) 23:55 | 編集
ルイス、続くレッドブル勢を大きく引き離してポール奪取

軽いとはいえ、ルイス速すぎ
2番グリッドのベッテルとの差がコンマ6以上って、どーゆーこと?? 久々登場、ロン・デニスの可愛がりパワーが心のゆとりを補強したんでしょうか(メンタルに脆いとこありますもんね)。

が、しかし。
早々とピットインしちゃうであろうことは明白なんで、なーんかプレカン、穏やかでしたね。聞く方もしゃべる方も。

とすると、俄然注目なのがベッテル。これはもしかして、もしかしたりしないんだろうか・・・

セカンドローのマークは、ベッテルより1周分重いのかな。それくらいのタイム差でしたね。「チャンピオンシップ第2幕だ」なーんて言ってましたが、彼にしてはめずらしく余裕モード。乙女座然として分析系リップサービス?してました。


4&5番グリッドはブラウンの2台

積んでるっぽい匂い濃厚。ソフトが使いこなせなかったようですから、んー、どうするんだろ。変則2ストップにするとしても・・・?? 積んでるってことはまずプライムで行くんでしょうかね。

予選ではちょい苦戦気味(ソフトの扱いに)な感ありましたが、レースは悪くないかもしれませんね。


ヤルノ、キレてきた!

文字通りキレてるんじゃないかってくらいの走りっぷり(笑)。天敵(?)スーティルが下位に沈んで、溜飲下げてるかもしれないですね。TOYOTAはよさそうだったから、明日は台風の目になってくれるかも。


BMW有終の美

悪くないポジションです。ここも奇数グリッドが有利ですよねきっと。砂塵?すごそうだし。とするとクビサに期待がかかるんだけど、なぜかトラブル巻き込まれ率が高いのもクビサ。


一貴、可夢偉、ギリギリでQ2敗退

けっこう魅せてくれたんですけどねー。最後は後一歩でQ3進出ならず。可夢偉はヤルノからコンマ4遅れ。んー、思ったより開いちゃったかな。でも、ご本人はレースを念頭に置いているとのこと。マシンは悪くないと思うので、活躍してほしいなあ。

一貴選手も、後一歩だったんですけどね。最後のラップでコースオフしちゃった瞬間、何か象徴的なものを感じずにはいられませんでした。現実は厳しい。着実に成長してきたんですけどねー。着実じゃ足りなかったってことなんでしょうか。でも、マシンを降りた一貴選手はいい顔してた。戦う男の顔でした。



その他、ブエミの健闘が光る一方で、“中古”マシンでやれることはすべてやったキミ、イマイチのマシンでイマイチの結果を残したアロンソ(心は来季に?)、あれ?ってくらい結果に繋げられなかったスーティルが印象的でした。


しかし、サーキットは確かに中東のモナコ。素晴らしいんですけど、なんつか、接待グランプリって感じありますね。サーキットの外をフェラーリが(カローラ並みに)ばんばん走ってる、“その辺の人みんな富豪”状態? そのフェラーリも、一家に一台じゃなくて数台所有が普通、みたいな。

収容人員がほんとに5万人なんだとしたら、数百人(もっと?)は別口でパドッククラブなんだろうなぁ。庶民(というか、数万円のチケット代を払って見に来れる、安定収入層)の数が極端に少ないのかもね。


結果
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。