F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルイス、粘りのレース決めた 中国GP決勝 Vol.4
2008年10月19日 (日) 17:36 | 編集
しかしねぇ。肉眼で観ても、キミの方が走りがきれいなんですけど。でも、譲っちゃうんでしょうねー。それがフェラーリ。それがF1。

国際映像もそこしか抜いてない。・・・・なんだかなぁ。

どんどん差が縮まっていく赤の2台。さあ、そろそろか。

Lap44 バトンがひっそりとピットイン。

心なしか、テンション下がってるチームクルー。てゆーか、することないしね。

Lap45 ルイスはクルーズモード。・・・・ミスしなくて偉かったね、ってこと? ・・・・なんだかなー(こればっか)。

コンストラクターズでいうと、1台がパンクチャーで後方に沈んだマクラーレンに対し、2-3で確実にポイントゲットするフェラーリ。この辺、もつれ込んでる感ありますね。

さあ、赤の2台がいよいよ近づいてきました。どこでスリップに入るかな。

Lap48 あ。フェラーリ、指示出した? 1.1秒差。あはは。わっかりやすく入れ替えましたね。ストレートでスリップに入って、普通にスッと抜きました。

・・・って、もちろん誰もツッコまないし。ほんとはいけないんですよー(笑)

・・・・なんだかなぁ。。。

Lap50 ヘイッキ、最後のピットイン・・・・かと思ったら、ダメだったんですねー。マシンをガレージに入れました。てことは、コンストラクターズはフェラーリ、辛くもリード。

まぁ、パンクのせいでポイント危うかったわけですから、エンジン温存のリタイヤなんでしょう。

フェラーリといいマクラーレンといい、コース外の戦略でレースしています。ここ数戦おもしろいレースが続いたからまぁいいけど、こんなことばっかりやってると・・・・

Lap51 アロンソ、攻めてますねー。一瞬キミの速度が落ちたので、6秒差ではありますが、仕留められるかと思ったんですね。しかし単なるバックマーカーのせいだった?様子。

残り3周。ほんとに何事もないまま、レースが終わるんですね。。。アロンソ、ひとりでプッシュしてるよ。キミとの差を4,3にまで詰めている。

さあ、ファイナルラップです。

しかし、あのルイスにしてみたら、今日はひとつ大きな壁をクリアしたんでしょうね。メンタルが弱い人にとって、ただ淡々と走るってことはものすごく高いハードルなのかもしれません。

よくあるポール・トゥ・ウィンではなく、つらいつらいレースだったのかも。集中力のクオリティは、彼にしてみたら最高峰だったのかも。

(・・・・と、思いたい。「今日は楽勝だったよ」なんてプレカンで言わないでね、ルイス)

さあ、チェッカーです。

ルイス優勝。2位マッサ。3位キミ、4位アロンソ。
ルイスはファステストも記録してます。ハットトリック達成ですね。




これでチャンピオンシップはインテルラゴスへと持ち越されました。

スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。