F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝ったのは一番巧いドライバー 死闘終わる シンガポールGP決勝 Vol.6
2008年09月28日 (日) 23:04 | 編集
レース再開。

アロンソ、いいタイミングで加速! ニコ、早くもルイスの猛追を受け始めた!


一貴はDCの後ろか・・・。そりゃー抜きづらいよ。



アロンソ、ひとりだけ46秒台で飛ばしてます。あとのマシンは、速くて49秒。

アロンソの集中。息止めて、魂震わせて走ってるよ・・・

自己ベスト着々更新
あのマシンでねー(涙)。


ルイス、ニコに仕掛ける気があるのかないのか。とにかく、ルイスを行かせない覚悟のニコ。

様子を見て、アロンソ、セーブに入ります。


昨夜“トランプをして”気持ちを切り替えた、というアロンソ。ほんっと、F1って何があるかわかりません。F1の神様はアロンソを見放さなかったのね。



残り4周。なんということ! キミがやっちゃいましたーー。ウォールにヒットし、クラッシュ。

なんてことでしょう。。。

ん? 例の縁石か? いや、オーバースピードが原因か。ターン10。フィジコがジャンプしたあの亀の子縁石で、曲がりきれずにクラッシュ。

しかしSCは入りません。


僅かでも集中を切らすと、何があるかわからない。アロンソはややペースを落として冷静にいってます。ターン10前後で特に落としてる印象。


さあ、あと2周。このまま行けるか?!


「モナコより恐ろしい」と今宮さんをして言わしめたコース。タイヤマネージメントのみならず、メンタルマネージメントが問われる怖さもあるんでしょう。


コース側に続々やってくる観客。アロンソ応援団、歓喜のフラッグ。


さあ、ファイナルラップ。





息を止めて・・・・




祈って・・・・







チェッカー!!!








ああ、夜景が目に染みる・・・・




スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。