F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロンソ伝説第1章 バーレーンGP決勝
2010年03月14日 (日) 23:34 | 編集
新レギュレーションに基づいた開幕戦。チャンプが4人、しかもそれぞれに強いマシンを駆ってのエントリーということで、期待に胸ふくらむ中、今日を迎えました。

蓋を開けてみたら・・・・

ベッテルという若き才能のぶっちぎりショーかと思いきや。最後は本命中の本命が鮮やかに決めて終了。これ以上の結末はない、まさにアロンソ伝説第1章を見せつけられました。ここまで来るともう、ただ感動するしかありません

プレカンでの言葉、ポディウムで、チーム全員の顔を慈悲深い王のように見渡す姿。アロンソが何度もシミュレートしたであろう、理想のチャンピオンのたたずまいがそこにありました。

そして、何ひとつ悪いところはなかったのに、結局2位フィニッシュのマッサ。ミハエル統治時代の鉄板コンビを彷彿とさせる画でした。マッサの表情が曇っていたのは、自覚してたんでしょうね。スタートでアロンソに抜かれたのだって、グリーンな2番グリッドだから仕方ないっちゃ仕方ない。だけど、・・・・。

この流れで火蓋の切られた2010年、アロンソを倒すのは不可能だとすら思わせます。強い男に強いマシン。ある意味、不平等きわまりない基本設定。数年前、フェラーリ1-2でレースが収まりかけた頃、「なーんだ」ってちょっとモチベーション下がっちゃう、あの感じ(笑)。

                        

しかし。今季は赤以外にも才能そろい踏み。マクラーレンの追い上げ開発は定番ですし、何よりベッテルというキラ星がいます。

ベッテル、最後はレッドブルにありがちなマシントラブルで残念でしたが、速さ・正確さ・レースマネージメント能力、すべて非の打ち所がないのを見せつけました。最後、もうダメかと誰もが思ったのに、踏ん張りましたねー 今日の主役はベッテルでいいんじゃないかな。

そして、ニコ。彼に火がついたのはうれしいですね! F速「グラ天」がたのしみ いくらミハエルが「まだ錆び付いている」とはいえ、今の段階でアドバンテージ築いているのは事実。どこまで粘れるか見物です。

そのミハエル、ここで終わるだろうとは誰も思ってませんよね。いくら鍛え上げているとはいえ、体力はピーク時より若干劣るでしょうし、何より彼の背中を追って闘志を燃やしてきた才能たちがハンパない。んー、ちょっと観たことがないくらいおもしろくなるんじゃないかな

                        

ヨーロッパラウンドに入る頃には、4強以外のチームが覚醒している可能性も。マクラーレンは、ディフューザーでまずケチがついちゃいましたが、速いのは速いですからね。ルイスの3位は、何かを象徴している気がします。

あと、地味だけど忘れちゃいけないのがクビサ。オープニングでウェバーから白煙吹きかけられ(笑)、ほぼ最後尾近くまで後退したあと、怒濤のオーバーテイク祭り。今はダメダメマシンなのでスルーされてますが、今年の彼はやりますよ~(詳しくはオートスポーツを読んでね)。


最後に。

一瞬、胸をぐっと捕まれたような思いがしたシーン。リタイヤしたときのセナの目です。あまりにも似すぎています。何かがフラッシュバックした気がして、思わずストップモーションになってしまいました。
スポンサーサイト
チャンドック、レギュレーションを確認
2010年03月13日 (土) 22:03 | 編集
PLANETf1の続報。

Chandhok will take part in qualy

レギュレーションに抵触するかもしれなかったから、確認入れてOKもらったみたいですね?

よかった まあ、あのマシンではあれ以上無理だったと思いますが。それでもまったく出られないよりはいいですよね。契約の問題もあるしね。ペイドライバーですから、乗せてもらえないとねぇ。


以上、ちょっと気になったので





しかし、インディのLive Timingは大丈夫かなぁ。スタンバってはいるんですけどね。
ポールはベッテル バーレーンGP公式予選
2010年03月13日 (土) 21:38 | 編集
なんと見応えのある予選! おもしろかったですねー 開幕戦だから、レギュレーションが変わった直後だからってのもあるでしょうが、チームやドライバーたちの気概がすごい。なんかこう、画面&Live Timingの向こうから立ち上ってくる感じ。

さあ、そしてコワイのは・・・

ここまで当たってしまったーーー>F1占星術@F速携帯サイト。まあ、このメンバーでチェッカーまで、ってことにはならない確率の方が高いっちゃ高いですけどね。しかし、占った私がビックリしてしまいました

・・・まあ、それはいいんですけどね。私的にはそこがツボだったので・・・

マシン的には、トップチームではマクラーレンがちょっとゴタついてた感ありますが、んー、サーキットとの相性って問題で片づけちゃっていいですか?(ダメです) マクラーレンサイトで2人のLive Timingとピットラジオがチェックできるわけですが、そこでルイスが言ってましたよね。

"Turn six is very bumpy, which makes turn seven tricky."

まあ、全車共通の問題ですけどね。ガタゴトやってましたよね。しかしフェラーリなんかは安定してましたねぇ。ベッテルはむしろ楽しんでるんじゃ?(笑) ルイスはともかく、バトンはこういうの超苦手でしょうね。しかも新しいマシン。扱い方に習熟するまで、(ルイスに比べると)少し時間が必要かもしれませんし。




にしてもシュー様、終了後にマクラーレンのマシンチェックしてましたね。まだ勝つ気なんだこの男・・・(笑)。この、病気のような執念が大好き。うれしくなってしまうなぁ

結果
チャンドックの夢消える
2010年03月13日 (土) 19:41 | 編集
あらら、なんてこと・・・

Chandhok's Bahrain GP is over


レギュレーションに抵触してしまうんですね。
「プラクティスに最低1回は出走しなければいけない」・・・・

そりゃそうですよねぇ。真剣に危ないです。ヴァージンのマシンも危ないが・・・>走行中に分解、ってギャグマンガによく出てくる画ですが、FP3では洒落にならないシーンがありました。



とにかく、そもそもいろいろおかしなことがありすぎ。まあ、問題は根深くてひとことじゃ語れないんですけどね。チームやドライバーたちは猛烈にがんばっているのにと思うと、・・・・ねぇ

本気の男たち FP3
2010年03月13日 (土) 18:25 | 編集
トップタイムはアロンソ

収まるべきところに収まるべき人が収まって。勝てて当然、の2010年。2年間の不完全燃焼がありますから、胸のすく思いですね。




・・・なんですが。

ニコが魅せた

いやぁ。かっこいいです。顔に「反骨精神」って書いてありましたもんね。そしてバトンも。マッサだって。

・・・昨日なんて、「マッサ、走ってなかったんだっけ?」と思うくらい、国際映像はアロンソ追いまくり(笑)。私はアロンソ大好きなんですけど、さすがにちょっと「どうなの?」って思いましたよ


ミハエルは位置づけが難しいですね。しかし、彼の執念は大好き。そのかっこ悪いところも含めて、かっこいいと思います。伝説のチャンプとして、チャリティ活動と後進の育成で残りの人生を送ってもよかったのに・・・

しかし、彼は戻ってきました。

セッティングや燃料や、あれやこれやがたとえどうだろうと、ニコにコンマ2秒の遅れ。そのコンマ2秒で、彼の鋼鉄のプライドがどれくらい傷ついたかと思うと・・・・



結果
Twitter占い@F1占星術  予選編
2010年03月13日 (土) 12:41 | 編集
Twitterでサクッと占ってます。よかったら覗いてみてくださいね。


agatchy




しかし、チャンドックは走れるんでしょうかね? 彼ってば昨日だったか、Twitterで「(ステアリングを見て)ボタンが24、ペダルが6コもあるぜ!」ってテンション上げてましたよね(笑)。かわいいけど、大丈夫か?って感じでした。



さあ、そろそろウィリアムズの広報女史がツィートし始める時間です。今回はお留守番みたいなんですけどね。

ガスコインが「午後はニューパーツが届くから」云々と、けっこう具体的にツィートしてくれたりするんでおもしろいです
一番時計はスーティル。だけど・・・ FP1
2010年03月12日 (金) 17:59 | 編集
燃料差はどれくらいなんでしょうね?

最大で5秒違うわけですからね。同じマシンで、最大に積んだ場合と空タンと。



フォースインディアは昨年後半から飛躍めざましかったですからね。その流れで、今季も有望な位置につけてるんでしょう。軽かろうが何だろうが、トップタイムって幸先いいですよね。


あとはやっぱり、マイケルのあのオーラ! おおー、ほんとに走ってるよ・・・・ なんてレベルで、素直にワクワクしてしまいます。


そして、セナ こちらも、清らかに打たれるものを感じてしまう。


まさにスターそろい踏みな2010年。これ以上釘付けになっちゃったら、どうなるんでしょう(笑)。





あと、目視ではありますが、アロンソは安定したいい走りしてますね。マシンの完成度は高い印象。


そして、マクラーレン! FIAのLive Timingがはちゃめちゃだった(ですよね? 登録し直したり、あれやこれや策を施しても、結局使えなかったなんて・・・お粗末すぎ)のに対し、マクラーレンの心意気を感じたね!

ルイスが速いのはもちろんだけど、ジェンスも前評判でこてんぱにされてた割には(笑)けっこう走ってましたね。

チーム力がやっぱりすごいのかも、マクラーレン。



さあ、あとはリズのご機嫌次第かな(笑)。


結果
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。