F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
改めて、可夢偉ルーキー・オブ・ザ・イヤーなど。
2010年12月18日 (土) 15:20 | 編集
ちょっぴりご無沙汰しています。

さて、オフシーズンの企画があちこちで進行中。いろんなニュースも聞こえてきますね~



そんな中。
何と言ってもうれしいのは、これじゃないでしょうか。

小林可夢偉 オートスポーツ賞 ルーキー・オブ・ザ・イヤー受賞

堂々としてかっこよかったですねー。まあ、受賞は当然っちゃ当然ですけどね




それを裏付けるように、こんな記事が。

Pitpass's 2010 Top Ten Drivers

何人かのF1ジャーナリストさんが、2010のトップテンをランキングしてるんですよね。みなさん(きっと)個性の強い人たちなんでしょう、意見は微妙に割れています。

だけど、全員共通してるのは・・・



かならず可夢偉選手を入れてるんです

中には、2位に入れてる人も

・・・とか言ってたら、遂に1位をつけた人まで


こうなっちゃうともう決して、日本人の贔屓目とかじゃないですよねー。しかも、タイトルの可能性まで言及されていたり

感慨ですねー
先人たちがつけてくれた道のりを、試行錯誤しながら歩んできて・・・やっとここまで来たんだなぁ、って気がしますよね。

中嶋悟さんから始まって・・・と思うけど、実はその前にもたくさんのドライバーたちの活躍があったわけで。中嶋悟さんはその代表。そしてその後も、いろんなドライバーが道を開いてきて・・・

・・・ちょっと、振り返りすぎた?(笑) 歴史に感慨深くなっちゃうのはトシとった証拠かー。ヤだねー まいっか、F1好きだから(いいのかよ!・笑)


F速&オートスポーツで、シーズンオフ企画着々進んでおります。こちらもよろしくお願いします
スポンサーサイト
DCが可夢偉選手を賞賛
2010年10月13日 (水) 17:07 | 編集
鈴鹿のことをきちんと書かなきゃいけないんですが、とりあえずその前に。

将来ハミルトンと渡り合う日も? DCが可夢偉を絶賛


あのDCが、とってもうれしいことを書いてくれています。私たちが日本人だから可夢偉選手を素晴らしいと思うのではなく、全世界的に、きわめてフラットな視点で、カムイ・コバヤシは素晴らしいとDCが語っています。


元記事

David Coulthard: they may be rank outsiders but it is not all over for McLaren just yet
バレンシアテスト2日目
2010年02月02日 (火) 19:06 | 編集
いよいよ可夢偉選手の登板。


バレンシアテスト実況


まだ始まったばかりなので何とも言えませんが、11:00現在(現地時間)、マッサとルイスの後ろにつけていてまずまずというところ。つまり、(何やってるかわかんないとしても)昨日のデラロサと同じような位置にいるってことですね。




いやぁ。

ザウバー快調




カーナンバーも、可夢偉26、デラロサ27っていうしね。

今年の運勢もよさそうですよ皆さん






ってことで、F速&AUTO SPORTでお世話になっている“F1占星術”。こちらもそろそろストラテジ会議です

Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。