F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱりF1はいい! アブダビGP決勝
2009年11月03日 (火) 00:42 | 編集
このブログを読んでくださっている皆さんはとっくに気づいておられると思いますが、私はバトンファンではありません。ウェバーファンでもありません(あ、もちろん、嫌いって意味ではないですよー)。

セナをリスペクトしているのは皆さんと同じだし、日本人F1ファンの多くがそうであるように、琢磨さんのことは永遠に応援しています。

そんな私が・・・・

いつものように、レーススタートからずっと、ラップごとに各チーム、各マシンの動向をチェックし、レースの流れを追いながらメモを取っていた私の手が、気づいたら止まっていました。

52周、53周、54周・・・・

バトンが、本気でウェバーを仕留めようとしてる。そう、わかった瞬間。



昨年のブラジルGPがそうであったように、「どうも今季のドライバーは、チャンプの実力と風格に欠ける」なんて辛口批評を覆すかのような、めくるめく最終戦の攻防。

マッサが、ルイスが、渾身の走りでその実力と漢っぷりを魅せてくれた記憶が、夢のように脳裏をよぎりました。小雨降りしきるサンパウロ。もの悲しいサンバのリズム・・・

あの一戦で初めて、ルイスは本物のチャンプであることを証明し、マッサもまた、タイトルを獲れる男だと世界に真価を見せつけたのでした。



そして、2009年。ヤス・マリーナのファイナルラップで、バトンはそれを証明しようと闘ってくれました。ただマシンに恵まれただけ、ただエコ走行でスーッと走り抜けただけ・・・・そんな辛口批評を、自らの手で覆すべく。

受けて立つウェバーは、ある意味ブロックの鬼(笑)。抜かせるくらいなら当たっちゃうイキオイの(おっと、失礼・笑)手練れドライバーです。

まさか、こんな見応えのある展開になろうとは。



3年前でしたっけ、アロンソとミハエルが素晴らしい攻防を魅せてくれたレースがありましたよね。んー、確認しないまますみません。

アロンソのマシンにぴたりとつけて、オーバーテイクのタイミングをうかがうミハエル。しかし結局、最後までアロンソはミハエルに隙を与えませんでした。レース後のプレカンでアロンソの言った言葉を、私は未だに忘れられません。「ほんの少し、ミハエルより速くアクセルを踏んだんだ」・・・・たったそれだけのことさ、と。



いやー、すみませんねー、ちょっぴり感情過多なうえ、関係ないレースの思い出にまで話を広げちゃって。それくらい感動してしまった、っていうのがオチでございます。気づいたら涙が出てきて、勝手に流れて流れて止まらなかった・・・という。あはは。

バトンとマークの本気っぷりと、可夢偉選手の胸のすくような闘いっぷりと、一貴選手の胸中と・・・・そんな“思い”がない交ぜになって、何というか、ぐっときたんですね。ベッテルはともかく、キミもアロンソも活躍しないレースでこんなに感動しようとは思ってもなかったので・・・私自身がいちばん驚いたのでした。



美しい画と、接待政治とあれやこれやが媚薬みたいに調合されたアブダビGP。なんだか奥が深すぎてちょっぴりコワイけど・・・(笑)



でも、 やっぱりF1はいい!!!


(だけど、ブリジストン撤退は寝耳に水! ハミーファンだったのに・・・←そこ!?)
スポンサーサイト
車重発表 ルイス、速さを証明
2009年11月01日 (日) 11:09 | 編集
車重計測結果出ました。

ルイス、ダントツに空かと思ったら・・・・



やや軽程度。



これはすごい。こんな重量で、コンマ6以上もちぎったのか

なんか、別カテゴリーの車って感じがしないでもない。アロンソが嘆きたくなる気持ちもわかるわ・・・ちょい大人げないけど。



そして。

ベッテルよりちょい遅かったマーク、1周分重いくらいかなと思ってたら、ベッテルの方が重いじゃーん

ちょっとおもしろい。



最軽はクビサ。ニックとは10キロも違うんですね。だったらニック、もっと賞賛されてよかったのでは。




ヘイッキ、ギヤボックス交換で5グリッド降格。白煙あげてマシン止めてましたもんね。





今夜もCS→地上波の(ある意味)連戦確定。早めに仕事すませておかないとです。
トワイライトGP 公式予選 ルイス圧倒PP
2009年10月31日 (土) 23:55 | 編集
ルイス、続くレッドブル勢を大きく引き離してポール奪取

軽いとはいえ、ルイス速すぎ
2番グリッドのベッテルとの差がコンマ6以上って、どーゆーこと?? 久々登場、ロン・デニスの可愛がりパワーが心のゆとりを補強したんでしょうか(メンタルに脆いとこありますもんね)。

が、しかし。
早々とピットインしちゃうであろうことは明白なんで、なーんかプレカン、穏やかでしたね。聞く方もしゃべる方も。

とすると、俄然注目なのがベッテル。これはもしかして、もしかしたりしないんだろうか・・・

セカンドローのマークは、ベッテルより1周分重いのかな。それくらいのタイム差でしたね。「チャンピオンシップ第2幕だ」なーんて言ってましたが、彼にしてはめずらしく余裕モード。乙女座然として分析系リップサービス?してました。


4&5番グリッドはブラウンの2台

積んでるっぽい匂い濃厚。ソフトが使いこなせなかったようですから、んー、どうするんだろ。変則2ストップにするとしても・・・?? 積んでるってことはまずプライムで行くんでしょうかね。

予選ではちょい苦戦気味(ソフトの扱いに)な感ありましたが、レースは悪くないかもしれませんね。


ヤルノ、キレてきた!

文字通りキレてるんじゃないかってくらいの走りっぷり(笑)。天敵(?)スーティルが下位に沈んで、溜飲下げてるかもしれないですね。TOYOTAはよさそうだったから、明日は台風の目になってくれるかも。


BMW有終の美

悪くないポジションです。ここも奇数グリッドが有利ですよねきっと。砂塵?すごそうだし。とするとクビサに期待がかかるんだけど、なぜかトラブル巻き込まれ率が高いのもクビサ。


一貴、可夢偉、ギリギリでQ2敗退

けっこう魅せてくれたんですけどねー。最後は後一歩でQ3進出ならず。可夢偉はヤルノからコンマ4遅れ。んー、思ったより開いちゃったかな。でも、ご本人はレースを念頭に置いているとのこと。マシンは悪くないと思うので、活躍してほしいなあ。

一貴選手も、後一歩だったんですけどね。最後のラップでコースオフしちゃった瞬間、何か象徴的なものを感じずにはいられませんでした。現実は厳しい。着実に成長してきたんですけどねー。着実じゃ足りなかったってことなんでしょうか。でも、マシンを降りた一貴選手はいい顔してた。戦う男の顔でした。



その他、ブエミの健闘が光る一方で、“中古”マシンでやれることはすべてやったキミ、イマイチのマシンでイマイチの結果を残したアロンソ(心は来季に?)、あれ?ってくらい結果に繋げられなかったスーティルが印象的でした。


しかし、サーキットは確かに中東のモナコ。素晴らしいんですけど、なんつか、接待グランプリって感じありますね。サーキットの外をフェラーリが(カローラ並みに)ばんばん走ってる、“その辺の人みんな富豪”状態? そのフェラーリも、一家に一台じゃなくて数台所有が普通、みたいな。

収容人員がほんとに5万人なんだとしたら、数百人(もっと?)は別口でパドッククラブなんだろうなぁ。庶民(というか、数万円のチケット代を払って見に来れる、安定収入層)の数が極端に少ないのかもね。


結果
トワイライトGP@金曜日
2009年10月31日 (土) 00:43 | 編集
ハードよりソフトがおもしろかった!
(あっ、タイヤのことじゃなく・・・

それがうれしい再確認でした。ヤス・マリーナ・サーキット@トワイライトゆらゆら。ビジュアル押しかと思いきや、(失礼ながら)そんなでもなかったし(シンガポールやバレンシアに慣れちゃって、目が肥えた?)、確かにモナコっぽいマリーナは見事なんだけど、暮れちゃうとよく見えなかったし

そんなことより。走り(=ソフトね。ハードはハコ、つまり施設って意味でした。紛らわしくてごめんなさい)がおもしろいじゃありませんか

ドライバーにはフラストレーションが溜まるんでしょうけど、見てる分にはそれも含めておもしろい。

初開催なんでみんな探り探り。コースオフ祭りにカウンター当て祭り。金曜なのに、まずまず楽しめましたよ~(でも、お客少なかったね


P1で、ブラウンの2台がコースオフしてたのはホテル下を抜けたコーナーですよね? あれ、路面温度が急に下がるせいじゃないのかなぁと思ってたんですけど、結局解説陣は言及してくれなかった・・・。どーなんだろ? 海外って、日向と日陰で信じられないくらい温度違うじゃないですか。

ま、いいや。そんなこんなをつい熱っぽく語ってしまうのはF1病の証。むしろ勲章であります(ね!)。


んで。チェキすべき点としては・・・

おそるべしレッドブル@ロングラン

いい感じでタイムキープしつつ粛々と周回を重ねるマーク。そしてベッテル。まあ、普通に考えて優勝候補の筆頭ですもんね。天才ベッテルは言わずもがな、マーク@乙女座のいい仕事っぷりが印象的でした。

遅まきながら覚醒? バトン、キレある走り

なんか、針振り切った感ありあり。ようやくプレッシャーから解放されて、「結局ただマシンがよかっただけ」って陰口を払拭しようとしてるのか。夢にまで見たタイトルを獲ったはいいけど、どうもしっくりこない感を肌で感じたんですかね~。

バトンって、アロンソやルイスみたいに「自分自身の非凡っぷりを確信してるタイプ」とは正反対ですもんね。人よりちょっとラッキーで、ちょっとイケメン(笑)だったから妙なフィーチュアリングされちゃったけど、根は普通のオタクだし(そこは好き)。プレッシャー、ほんとにすごかったんだろうなぁ。

ま、覚醒してくれたならこんなにおもしろいことはない。有終の美を飾って、「やっぱりバトンはすごい」と言わせてもらいましょ

後半戦のチャンプはこの人 ルイスくんモチベーション↑

マクラーレンもいいですね。マシン的に向くんだろうな。ルイスの走りは切れてます。でも、ヘイッキもがんばってたね。彼の場合、レースでこれが続けられるかどうかが問題なんだけど・・・。

しかし、今季後半戦でたくさんタマ投入してきたってことは、来季の開発に一抹の不安も。ルイス&キミの2大チャンプがステアを握るとしても、まぁ頭角を現すのはヨーロッパラウンド以降でしょうね~。

可夢偉選手、いいじゃーん

小笠原流じゃなくったっていいんですよ。名刺代わりに印象残してくれば、たいしたもん。しかも! ここでゴリゴリ行っておけば、単なる暴れん坊じゃなかったってことがきっちり残るはず。いやぁ、ひっさびさに溜飲下がる思いでした。金曜とはいえ、(軽くてもあれでもこれでも)5番手ナイス

一貴選手、ニコとタイム差ほとんどなし

これも注目に値する健闘。っつーか、前々からそうだったんですけど、よーく見てる人にしか残らなかったかもしれないのが残念。欧米人って、私たち以上にざっくりでストレートでしょ? もちろん、人にもよるし職業にもよると思いますけど。

そんなこんなで、イマイチわかりづらかった「ちゃんと実績積み上げてます」一貴選手だったわけですが、ここで示しましたよね。しかも無線、OAされたし。コーナーによってはニコを上回ってる、っての。

最終戦ですからね。なんとか結果に繋げられればいいんですが。でもまあ、そんなことご本人が誰より痛感してることですから、よけいなお世話です。戦ってる人はほんとにすごいと思う。空調の利いた部屋でテレビ観てる私なんかとはレベルが違います。



結果
開幕直前@トワイライト
2009年10月30日 (金) 17:06 | 編集
ヤス・マリーナ・サーキットの公式サイトを見てみました。

そしたら・・・

Yas Island and Ferrari World Abu Dhabi

なんてわかりやすい(笑)。


もう、これくらいやっておくと間違いないですよね。そしてジャン・トッド@蟹座、FIA会長選出おめでとう


シルバーストーンに続き、 「もう使ってやんないよ」ってバーニーから引導渡されちゃった(まあ交渉材料でしょうけど)ドニントンパークなどとは違って、今後しばらくは安泰って感じです。


新旧交代、かぁ。なんだかなー

原因のひとつはチケットが高額すぎる(そして、あれやこれやの利権系もね♪)ことなんでしょうけど、海外でも、若者少ないですもんね。・・・いや、いいんですけど。若きゃいいってモンじゃないですし。

でも、なんつーか、年季の入ったお父さん、おじいさんファンが集う「古き良き」的な感じ、あるんですよねー。モンツァなんてまさにそうでした。

いろんなことが移り変わってますからね。流れに乗っていかなきゃ仕方ないんでょうけど。でもまあ、ヨーロッパ市場が飽和状態で、これ以上どうしようもないってとき、中東やアジア圏に目を向けるのは興行主として正しい判断なのかも。・・・好みは別として。



ところで、チケット売り切れを声高にうたってたヤスマリーナですが、収容人数5万人ってホント? それって、鈴鹿の金曜日にも満たないんじゃ・・・


とかいいつつ、“中東のモナコ”の夕暮れ画像に釘付けになりそうな予感大。ヘタすりゃ近いうちに行っちゃいそうな予感絶大なアブダビGP。まもなく開幕です
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。