F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル決定。そして・・・
2009年10月20日 (火) 14:48 | 編集
ブラジルGP決勝のエントリも挙げず、何してたんだって感じですが・・・

もちろん、見てました。リアルタイムで。しかも(いつも通り)メモまで取って、レースの流れやチーム戦略チェックや、タイヤやピットタイミングやマシン挙動やあれやこれや、きっちりフォローしながら。

しかし。ああなってこうなって、バトンのタイトルが決定。そしたらなんか、力が抜けちゃったんですねー

今更言っても仕方ないことだけど。元はといえばHONDAだったあのチーム(元はね。もちろんその後いろいろ変化があったことと思います。何と言っても、エンジンからして違うわけだし)。複雑です。



ちょっと話は戻りますが、鈴鹿でね、駅からタクシーの相乗りをさせてもらったんです。ご一緒してくださった男性2人、うちお一人はHONDAの方でした。しかも栃木の、です。

その方から、HONDA撤退決定時のお話をいろいろお伺いしたんです。感じるところありすぎちゃって・・・。たぶんここに書いても差し支えないのかもしれませんが、ご了承を得ていないので控えますね。私だったら、何気なく話したことを軽々しくブログに書かれるのはイヤですもん。

それを思い出すとねー。バトンよかったね、ブラウンおめでとうって感じにはなれなくて。ちっちゃい人間ですみません。しかもバトンってば、(正直な人だから)ジェシカさんに捧げちゃってるしなー。気持ちはわかるけど、そこはせめて、がんばってくれたチームの全員と、応援してくれたファンに捧げてほしかった(と、ウソでもいいから言ってほしかった)。

というわけで、ちょっぴりオチてる私です。
あー、めずらしく感情的なエントリになっちゃった(笑)。

まいっか、たまには。
スポンサーサイト
すごすぎる予選@サンダーストーム
2009年10月18日 (日) 16:18 | 編集
すごい予選でした。いろんな意味で・・・。


天候、(想定内とは言え)荒れすぎ。
(にもかかわらず、現地のファンは元気すぎ! さすがラテン


時差、ひどすぎ。体調に来る~~


リウッツィのヘルメット乗っけ、おもしろすぎ
(オートスポーツ最新号の28P、必見ですよ~)


ケロの子供たち、可愛すぎ
ポールを獲ったのはあの子たちだ! って思えるほど。


一貴&可夢偉両選手、ワクワクさせてくれすぎ
ようやく来た、日本人選手の活躍でアドレナリン出まくる展開!


そんなわけで・・・


予選結果

ドライバーズコメント

車重


あとで地上波録画も見たんですが、地上波組も現地飛んでるんですね~。まあ、ここインテルラゴスはドラマ必須ですからね。一般の人にとっては時間遅すぎだけど、F1ファンにとっては超超超興味深い一戦!


時差(と赤旗祭り)のせいで予選脱落した皆さん、CSで再放送ありますよ! ケロのPPを改めて捕獲しましょ~
土曜日はヘビーウェット P3
2009年10月18日 (日) 00:44 | 編集
激しい雨でメディカルヘリが飛べないため、ディレイが延々と続いたサーキット。結局、残り18分でセッションスタートとなりました。

しかし。

ウェイティングの間、コックピットに座っていたドライバーはごく僅か。こういうのって大きいと思うなぁ。前にこれで勝ったのがバトン@2006ハンガリーじゃなかったでしたっけ? ・・・違ったっけ? 


確認しないまますみません。そのバトン、今回は降りちゃってますね。ちなみにベッテルはこのときばかりか、後にグロージャンのクラッシュによる赤旗終了となる瞬間までマシンを降りませんでした。一貴とニコも。


まあ、今回のセッションはねー、って感じですが、それでも、ウィリアムズの2台がダウンフォースばっちり付けてきたっぽいのが興味深いですね。この2台が活躍してくれそうなのはうれしいけど、そーするとベッテルがタイトル争いから脱落してしまう! これもなぁ・・・。

そのベッテル、P2でがんがん走ってたのが印象的でした。エンジンの問題もあるのに、やるな! 優勝するかしないか、シンプルな2択。腹据わってる未来のチャンプ、この度胸がほんっとに気持ちいい。

確か、今回はシンガポールで2戦目となったエンジンを使うって言ってましたね。アブダビでは、モンツァ→鈴鹿と使用したモノだとか。「使い込んだ方がオイシイ」的な、ジョーダンか(エディじゃないよ!)本気かわかんないことを言ってたクリスチャン・ホーナーですが、どーなんでしょうね。ま、笑うとこだったのかな。

しかしレッドブル、ディフューザーを新しくしてきたばかりか、フロントウィングあと3つ持ってるってニュー情報。すごい。この本気! まだまだタマはあるってことですね。


・・・そんなこんなを思いめぐらしつつ、ケロパパはなんてケロにそっくりなんだろうと改めて感じ入ったセッションでありました。


結果

サンパウロ序章 小雨編 P1
2009年10月16日 (金) 23:44 | 編集
元気なマッサの映像から始まったインテルラゴス。昨年のドラマが蘇ります。鮮烈だったあの決勝。今年もなんだかドラマの予感です。

改めて見て、おもしろいサーキットだなぁって思いますね。左回りでアップダウンが激しい。ごつくてアナログな感じ。鈴鹿がピカイチであることには変わりないけど、さすがセナのホームサーキット。インテルラゴスの魅力は尽きません。

ティルケ作はどーしても画一的。どこも似てる印象を受けます。まぁ、効率よくいろんなコーナーはあるし、なんというか、んー、よくできたパッケージなんだとは思いますが。

さて、セッションは赤旗あり、イエローありのちょい濡れ仕様。レッドブルが好調ですが、忘れちゃならないのが赤&シルバーのカーズ組。

川井さんたちが注目してましたねー、S3のタイム。確かにキミ、速い。17秒ちょっとのセクターで、コンマ2以上ちぎってるってすごいです。あーもう、キミが本気モードにスイッチしてくれたらどんなにおもしろくなるか! 彼のキレてる走りはF1の宝でしょ。


結果


さ、ここからが時差にきつい深夜便。リアルタイムでLive Timingチェキ派の皆さん、がんばりましょー

Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。