F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェバー初優勝 レッドブル1-2 ドイツGP決勝
2009年07月13日 (月) 00:19 | 編集
102人目の初優勝をもぎとったのはウェバー。乙女座、粘りましたねー。今日はもう、「マークおめでとう」でいいでしょ

ポイントを整理してみましょう。


①キーワードは温度と天候

昨日より多少気温&路面が上がったものの、依然として寒いニュルブルクリンク。午前中のシャワーのせいもあってか、路面はラバーが落ちていました。これじゃブラウンはきついだろ、ってところで始まるレース。ロスも流れをうまく読みきれず、いつもの“魔法のような”バナナストラテジーは魅せられませんでした。

そして、雨の問題。重くたれ込めた雲は、今はドライでも、いつ降り出すかわからない状況を暗示していました。後半にさしかかり、いよいよパラついてきてタイヤ選択の難しい展開に。本降りにはならなかったものの、最後まで翻弄された感がありました。


②スタートはKERSの勝利。が、しかし・・・

ブレーキングでミスり、表彰台、もしかしたら優勝だって望めたかもしれないルイスはこれで最後尾へ。彼のレースはこの瞬間終わりました。新ディフューサーにフロントにと、たくさん投入してコンマ7秒も速くなってたのにね。


③マークとケロの不運(?)対決@序盤戦

それぞれベッテルとバトンという今季のスターの陰に隠れ、いいマシンを与えられながら結果に繋げられないという苦しい身。チームは否定するけど、事実上のセカンドクラブです。

スタートでケロを牽制しようとラインを変えて、ぶつけちゃったマークはドライブスルーペナルティ。うまくいけば楽勝で勝てるところを、あわや逃すんじゃ・・・とはらはらさせました。

一方のケロは、せっかくフロントロースタートだったのに、その後遅いマッサに押さえられてペース上げられず。ようやくマッサがピットに入ると、「この9周が勝負だ!」と飛ぶ無線。が・・・レース後のプレカンに彼の姿はありませんでした。リグトラブルもあったしね。


④恐るべし、ベッテルの存在感

予選でミスりさえしなければ(タラレバごめん)、ぶっちゃけ優勝してましたね。マシンがいいのは大前提だけど、それでも、フタを開ければ2位表彰台。後半戦、まちがいなくバトンを脅かすのはこの男(少年?)だと確信させられました。


⑤敢闘賞はニコとスーティル

第1スティントにハードをチョイスし、いいペースでレースの約半分を走りきった2人。特にスーティルの奮闘は印象的でした。

しかし。ピットストップのあと、スーティルはキミと接触してあえなく終了(事実上ね)。一方のニコは、(当たり前だけど)ちゃんとうまく戻って4位フィニッシュを決めました。経験の差、って言い方をしていいのかどうか。レース経験というより、F1でそこそこ速いマシンに乗ってポイント圏内を走る経験、でしょうね。


⑥“3人目の男”となるか、ファステストのアロンソ

確実にペースを守り、あのマシンから最上級のパフォーマンスを引き出す元チャンプ。やっぱすごいわ、と唸らせました。後半戦、どこかで優勝しちゃうのでは。あの程度のマシンなのに


⑦やっぱりケロよりバトン

最後のスティント、ケロはハードでバトンはソフトをチョイス。アロンソがハードでファステストを出してたので、ケロとジョックはハードを採ったんでしょうね。コンサバ派バトンは、マシン特性を考えて敢えてのソフトだったのかも。この辺、ドライバーのフィールとエンジニアの判断でしょうね。

ハードのケロの方が多少速かったかな、って感じですが、順位的にはバトンが前に。ここは生まれ持った運なのかなぁ。ものすごく象徴的な瞬間でした。

                        

というわけで、マークの初優勝で幕を閉じたドイツGP。気がつけばレッドブル1-2です。後半戦、この調子でレッドブルがブラウンを脅かし続けると、チャンピオンシップもわかんなくなりますねー

案外、数年後を待つまでもなくベッテルが獲っちゃったりして・・・。最後の最後までわからなくなってきました


あとねー。蛇足なんですが・・・

≫続きを読む...
スポンサーサイト
ウェバー、初ポール ドイツGP公式予選
2009年07月11日 (土) 22:18 | 編集
雨に翻弄された公式予選。先が読めなかったのは全員同じ。そんな中で、うまく状況に合わせ込めたのはレッドブルとブラウン。やっぱりな~な結果ではありました。

ポールはウェバー。初ポールにして初優勝をねらいます。フロントローはケロ。奇しくもセカンド対決(ごめんなさい)となりました。

ケロ、プレカンでジョックのサポートがよかった、と言ってましたね。一方で、エンジニアが変わった直後のグロックはQ1敗退。私たちも同じですよね。相方とうまくコミュニケーション取れなかったら、仕事もプライベートも回りませんもん。変わった瞬間から阿吽の呼吸、ってのは難しいのかも。まあ、人によるとは思うけど。

セカンドローにバトンとベッテル。ベッテルはラストアタックで微妙にミスったんですよね。あれがなければ・・・と、言っても仕方ないけど。


明日は雨。このままマークが逃げ切る・・・か、な? 確かにブラウンの2台はベッテルを押さえ込んでくれそうだけど。でも、そうは問屋が・・・な展開を内心期待。
アップデート組、虎視眈々 P3
2009年07月11日 (土) 19:19 | 編集
やっぱり寒くなりましたね~。AS誌で予測した通り、気温はかなーり低い。・・・ってことは、タイヤに熱が入りづらいから・・・・

ああなってこうなって・・・・な感じ?


で。

P3結果としては、アップデート組が上位に来ましたね。

新ディフューザー始め、エアロを新しくしたルイスが一番時計。

2番時計のアロンソも、ルノー、かなり入れてきたと聞きます。


ルイスとヘイッキ、いかに投入後・投入前の差はあるにしても、1,6秒差は大きすぎ。なんだけど・・・ヘイッキ、S1が異常に遅いでしょ。ミスしたんだと思うなあ。これが順当に来てたら、・・・あ。18番手のクビサとすでにコンマ5秒差か・・・orz やっぱヘイッキ、イマイチなのかなぁ。。。積んでるにしても、ね。

で、マッサに少し開けられた感のあるキミ、こちらこそ、S1タイムからしてプチミスがあったのでは。明日の進行中の月は双子座なので、マッサよりキミが来るんじゃないかと思うんですけどねー。まあ、それは数時間後の予選を見てからかな。

ニコは今回以降、それなりに積んでレースシミュレーションするって発表してたしね。だからトップタイムとかじゃなくていいんです。


明日は雨らしいですね。てことは、またまたベッテルに期待がかかる・・・ バトンは今ひとつな感じだけど、蓋を開けてみると、スーッとやってくる可能性大(笑)。

Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。