F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベッテル、ハットトリック達成 イギリスGP決勝 Vol,3
2009年06月21日 (日) 22:27 | 編集
15/60 マッサ、ピットへ。ハード穿くしかないですからね。どこまでいけるか。

14/60 ヤルノ、ピットへ。

13/60 マーク、ピットへ。これでレッドブル1-2態勢。

ケロもピット。対マッサですが・・・マッサの前ですね。

12/60 グロック、ピットへ、さあ、そろそろFIXかな。あとはバトンですね。

11/60 そのバトン、ピットへ。今日はロス、バナナ食べないですね(笑)。あまりに普通な結果。まあでも、今日の原因は温度でしょうから、別に弱くなったわけじゃないしね。

7/60 ピケって1ストップなのかな? とするとアロンソより前でフィニッシュ。彼も首を賭けてますからねー。こういうこともある。

コース上ではキミvsヤルノ。フェラーリは熱が入らないですね。てことは、ニュルはダメだけどハンガロリンクではまだ可能性あり?

一方、ニコvsバトン。やっぱハードを第2で使っちゃって、ペース上げられないままだったという・・・。寒いのに何でみんなあんなにハード使っちゃったんだろ。一貴もそうだし、ブラウン、そしてアロンソ。要でハードを使っちゃったドライバーはほぼ全員後退。

3/60 バトン、ソフト穿いて最後にスパートかけまくり。いいですねー。いつもならクルージングの時間だったはずなのに。すごい。ファイナルラップなのにテール・トゥ・ノーズ。バトン、やればできる子なのね(笑)。

というところで、チェッカーです。
結果は・・・

ベッテル、今季2勝目。2位にマークで、レッドブル1-2達成。3位にケロ。4位以降、マッサ、ニコ、バトン、ヤルノ、キミと続きます。一貴は健闘空しく11位。いっときは表彰台も狙える勢いだったのにねー。

とにかく、今日は温度とタイヤでしたね。この流れは次戦まで持ち越されるかもしれません。
スポンサーサイト
バトン、魔法が解けて・・・ イギリスGP決勝 Vol.2
2009年06月21日 (日) 22:05 | 編集
37/60 マッサ、ピットへ。ソフトで8,2。ニコの後ろでコースに戻ります。

ベッテル、マーク、ケロ、ニコ、マッサ、ヤルノ、キミ、バトン、中嶋、フィジコ、グロック、クビサ、ピケ、ブルデ、ヘイッキ、スーティル、アロンソ、ルイス、ニック、ブエミ。

35/60 バトン、普通にアンダー出ちゃってる様子。魔法解けましたね。普通のバトンになってる。

33/60 一貴も普通に不調。数ラップ前が夢みたいですね。精密マシンゆえ、ほんのちょっとの要因で挙動がおかしくなるのは承知してるんですが。ソフト穿いてたらなー。

32/60 クビサ、ピットへ。

30/60 ベッテル爆走中。どんだけ楽しいだろう。

アロンソ、不調ながらバトルをやめません。下位なのにね。あのあきらめない感じはすごく好き。

27/60 ヘイッキ、ピットへ。ハード。1ストップです。続いてスーティルもピット。

26/60 ヘイッキとブルデ、やっちゃいました。ブルデ、ダメージ負ってコースオフしましたが・・・ヘイッキもダメージありますね。この2台、レース続行できるか。

25/60 2台、ピットでノーズ交換。コースに戻れそうですね。ガソリン入れたブルデはともかく、ヘイッキは完璧に損した格好。

24/60 ベッテル、マーク、ケロ、ニコ、マッサ、ヤルノ、キミ、バトン、中嶋、フィジコ、グロック、クビサ、アロンソ、ピケ、ルイス、ニック、ブエミ、スーティル、ヘイッキ、ブルデ

22/60 ヘイッキ、結局ガレージへ。

21/60 ベッテル、安定ペースで走ってますね。さすが未来のチャンプ。確実に勝つつもりか。
ブルデもレースを諦めましたね。

20/60 一貴、ピットへ。前が開いたところでコースに戻れたか。クビサの前ですね。

18/60 キミ、ピットへ。ハード、7,5、一貴と争ってるわけですが、さあどうなるか。あ、一貴の前か。

17/60 バトン無線。マシンがボトミング? とにかく魔法が解けた感ありあり。普通に不調です。

ニコ、ピットへ。
一見粛々なんですけどね。地味に異変があちこちで出没してるシルバーストーン。

ルイス、オーバーラン映像。コースに戻れましたね。

16/60 ベッテル、ピットへ。続いてルイス。

いよいよ最終スティントです。
一貴、スタートはよかったが・・・ イギリスGP決勝 Vol.1
2009年06月21日 (日) 21:34 | 編集
ベッテルへの期待高まるルバーストーン。空でも軽でもなかったんですよね。そしてバトンはほんとうに不調だったと判明。てことは、そろそろ反撃開始かレッドブル。

気温16度、路面28度。まずはソフトでいくでしょうか。・・・おっと、一貴はハード。パッと見ソフトが多いですが、ハードもちらほらいますね。

・・・は? ブラウン、ケロのスタートに対策してないんですか?

ブラックアウト。

ベッテル、いいスタート。一貴4番手にアップ。ニコ、ヤルノをかわす。バトン、順位を落としてますね。あー、オーバー出まくってます。ちょっとおもしろいことになりそうだ!

アロンソ、ニックがバトってるうちにやられたー。ハードだもんね。今はちょっと苦しいとき。

バトン、マッサを交わす。・・・地味ながらバトってますねみんな。ここ数レースを考えるといい傾向。

57/60 ベッテル快走中。バトンの魔法がもし解けたのだとしたら。今いちばん速いのはベッテルですもんね。

54/60 ベッテル、ケロ、マーク、中嶋、キミ、ニコ、ヤルノ、バトン、マッサ、グロック、フィジコ、ニック、アロンソ、クビサ、ルイス、ピケ、ブルデ、ブエミ、ヘイッキ、スーティル。

53/60 ベッテル独走中。F3のときの琢磨を思い出しますねー。独走すぎてほとんど画面に映らなかったのはドニトンパークだったかな。ちなみに2番手はアンソニー。

一貴も立派な走り。きちんと仕事してますね。後ろのキミが不調なので、後を押さえてくれてる格好。

51/60 アロンソvsニック、バトってますねー。獅子座ー牡牛座の不動宮コンビ。

48/60 温度が低いですからね。レッドブル、雨で快走したときみたいに別次元でタイヤが作動。

45/60 一貴、ピットへ。またハードか。何で? 9,1。

一方、地味に9番手走行中のバトン。ジェシカさんが日本にいるからでしょうか。

44/60 キミ、ソフト、9,4。一貴の前に出られるか? あー、出ちゃったよー(泣)。こんなとこで抜かれてるなんて・・・。なんでハード穿かせたんだよー、パトリック・ヘッド。

42/60 ヤルノ、バトン、ピットへ。ヤルノ、ソフトで8,8。バトンはハード、9,8。ニコも入りました。

41/60 ケロ、ハード9,7。グロックもピット。

40/60 マーク、ソフトで11,7。ケロ攻略作戦。・・・あ、ケロの前でコースに戻りました。こんなとこで抜かれちゃったケロ。ハード穿いてますからね。なんだかなー。

39/60 ベッテル、ソフト9,6。

気が付けば一貴、ガクッと後ろ。何でこうなるまでハードをはき続けてるのか・・・。
一貴、5番グリッド獲得! ポールはベッテル Q3
2009年06月20日 (土) 22:13 | 編集
さあ、各車続々コースイン。アロンソはピットでタイミングを見ます。

おおー、ジャックがフェラーリのピットに。

残り5分を切りました。アロンソだけがハードかな。各車ピットでソフト履き替え、再びコースへ。

残り3分。今んとこマークが1番手。バトンはポールを獲れるのか?

残り2分。アロンソ、やっぱりソフト穿いてきましたね。

一貴、S2でミスったか。いや、前との間隔を取ったんですね。

ベッテルは刻んでますね。すごい。すごいことになってきた。

残り1分切りました。

一貴、まとめられていない様子。さあ、ギリギリのラストアタックは・・・

一貴、S1、S2ベストベスト。・・・・5番手だ! ニコを上回った! やっと来たー(涙)。一貴の走りに震える日が遂に来た。

結果は・・・

ポールはベッテル。フロントローにケロ。セカンドローはマーク、ヤルノ。3列目に一貴、バトン。4列目にニコ、グロック。その後ろにキミとアロンソ。


一貴、遂に来たね! おめでとう!!
マッサKO、キミと明暗分かれる Q2
2009年06月20日 (土) 21:54 | 編集
レッドブルはハードでコースイン。ほかはソフトですね。ここがいちばんの見所。

ベッテルの車載見てると、子供がジェットコースター乗ってるような錯覚に陥りますね。「ヒャッホー♪」みたいな(笑)。楽しくて仕方なくて、叫びながら乗ってる感じ。

快走してるレッドブル、ハードですよ。他はソフトなのに。さらに言えば、Q1でトップタイムたたき出した一貴は10周してますが、ベッテルは5周で出したタイムですからね。ニコも5周しかしてないので、Q1は「まあ、こんな感じで」ってことだったのかも。

残り2分30秒。キミ、来ました。鮮やかに3番手タイム。S1で驚かせてくれましたが・・・後に続けられるかどうか。

残り1分。バトン、まだ地味なタイムです。ケロがやや上位に来たかな。さあ、そろそろラストアタックだ。

結果は・・・

マッサ、クビサ、ヘイッキ、ピケ、ニックがKO。最後にベッテルが刻んできましたね。別にその必要なにのに(笑)。マークが2番手ですから、やっぱいいですね、レッドブル。
一貴、トップタイムで通過 Q1
2009年06月20日 (土) 21:28 | 編集
P3では出色だったウィリアムズ。そしてレッドブルの速さは鉄板・・・というのがここまでの流れ。路面が低いので、タイヤをどう使うかの問題も大きいですね。

各車ソフト・・・かと思ったら、けっこうハードで出てますね。TOYOTA、P3の結果はまずまずでした。復調してきたかな。

にしてもバトンのヘルメット、上から見るとスイカみたいです

シルバーストーンは今年でとりあえず最後。それどころか、F1自体がもしかしたら事実上崩壊するのではと不穏な空気。イヤですねー。何か象徴的なオールドサーキット。

しかし、マクラーレンはすごいマシンですね。ほんとに乗りにくそう。昨年差はいかばかり。バトンとルイス、そのダイナミックレンジの大きさはいい勝負? ・・・真逆だけどねー

残り6分。いよいよ各車ソフト装着です。

ニックもダメですねー。P3で森脇さんが手厳しいことおっしゃっていたのが印象的。「レンジが狭いんですね」は出色でした。

牡牛座と牡羊座の掛け合わせ。さらに水瓶座も入ってるニックは、確かに融通が利かないタイプ。自分の好きなところにキマれば速いんだけど、そのレンジが他のドライバーに比べて狭い、と。わかる気がします。

残り3分。下位に沈んでいたフェラーリ、ようやくジャンプアップ。

残り30秒。スーティルが11コーナーでクラッシュ。あー、単独ですね。これ、マシンがおかしいな。けっこう派手なクラッシュです。でも体は大丈夫そう。進行中の月は牡牛座だからなー。スーティルには酷な配置ではありました。

しばし赤旗中断。最後の大事なところだったわけですが・・・もうダメかな。

さて、結果は・・・

フィジコ、ブルデ、スーティル、ルイス、ブエミがKO。シビアだけど、まあこんなもんでしょうね。

あ、1番時計は一貴ですよ。これはいい材料。

レッドブル好調 P1
2009年06月19日 (金) 19:45 | 編集
レースよりコース外バトルが騒がしい今週末。

前々から、「しょうがないよね」って感じでアキラメていた例の場外乱闘が、いよいよ手の付けられないことになってきましたね。

なんだかなー。

P1観てても、どこかで冷めてる自分がいてイヤになっちゃう。私たちはただ、レースが観たいだけなんですけどね。。。



気を取り直して。

今年でとりあえず最後、ってことになってるシルバーストーン。まあ、なんだかんだでまた戻ってくるとは思いますけどね。

驚異的な記録更新中のバトン、祭り通り越して神=信仰になってるんだろうな。結局はどこの国も同じですね。アロンソ@スペインもそうだったし、琢磨や一貴がもしそうなったら、モータースポーツが根付いていない日本でもかなりのことになってたと思う。


さあ、ここでレッドブルが好調なのはうれしい限り。もう、あのパターンには飽きちゃったんですよ(バトンファンの皆さん、ごめんなさい)。何か新たなファクターが生まれればうれしいなあ。


気のせいか、ピットロードでバトってるマシンが多い印象。みんなどこか殺気立ってる?(まさか)

P1結果
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。