F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バトン、連勝記録を更新 トルコGP決勝 Vol.3
2009年06月07日 (日) 22:33 | 編集
19/58 ケロ、ピットでソフトを穿きます。

アロンソもピットへ。

18/58 ニコ、ピットへ。6.9。中嶋の後ろでコースに戻ります。

16/58 マッサ、ピットへ。

15/58 バトンも続きます。マークもピット。中嶋も。しかしなんかトラブってます。ホイールが?? んーー、このタイムロスはポイントを失ったかも。

・・・粛々と進むレース。しかし今までと違うのは、ドライバーの覇気が感じられる気がします。そろそろマシン差が少なくなってきた、と各自考えてるんでしょうね。

そんな一人、ベッテル。軽くしてポールを獲り、3ストップで攪乱する作戦だったんでしょうが・・・このままでは2位も危ない状態。

10/58 ベッテル、ピットへ。5,8ではありましたが・・・マークの後ろでコースに戻ります。あ~あ。やっぱり3位だよ。

おっとケロ、ピットでクルマから降ります。遂にブラウンに陰が差し染める。考えてみれば、バトンとケロのドライビングは正反対。正確無比でエコなバトンと、時に感情的なケロ。ミスもあるけど、アグレッシブな追い込みはケロの方がおもしろかったりします。今季はエコ走行の勝ちかなぁ。

バトン、マーク、ベッテル、ヤルノ、ニコ、マッサ、クビサ、グロック、キミ、アロンソ、ニック、中嶋、ルイス、ヘイッキ、ブエミ、小池、スーティル、ブルデ。

中嶋、返す返すも残念。あのピットワークがうまくいってれば、10秒は縮めていたのに。

TOYOTAが上位に戻ってきたことはいい要素。ウィリアムズも、ピットワークのミスさえなければ悪くなかったはず。ニコはまずまずですもんね。フェラーリ、ルノーはもう一息か。BMWも、いっときのことを思うとずいぶん安定してきましたね。

残り3周。ベッテル、まだ仕掛け足りないか(笑)。全力で走ってるベッテル、ちょっとかわいい

一方のバトンは完全にセーブ走行。流しちゃってます。無駄なことはしないんですね~。バトン自体が燃費のいい男(笑)。

エコなバトン、またしても連勝記録を更新。2位マーク、3位ベッテル。4位ヤルノ、5位ニコ、6位マッサ、7位クビサ、8位グロック。ここまでがポイント圏内。

・・・ただスーッと走ってるだけなのに・・・ 

スポンサーサイト
バトンvsベッテル、攻防の行方は・・・ トルコGP決勝 Vol.2
2009年06月07日 (日) 22:01 | 編集
46/58 今度はスーティルと接触するケロ。エンドプレートの一部を飛ばしちゃいました。金星火星蟹座ですからね。激高するとキレやすい面があるんです。

45/58 ケロ、ピットイン。フロント交換して早めの給油。11,3。

44/58 アロンソ、ピットイン。

43/58 ベッテル、ピット。6,5。変則2ストップか、3ストップか。バトンはファステスト。

42/58 ヤルノ、9,0秒。

41/58 バトン、ピットへ。9,3。マッサも入ります。

40/58 マーク9,4、キミ、ピットイン。ニコも入ります。キミ、12秒以上かかったとの情報。ノーズ替えたんですね。

39/58 ヘイッキ、ピットへ。9,1。

38/58 クビサ、9,3。ハードです。

ベッテル、バトンより速いですね。コースで抜いたりするとデカいけどな~

37/58 ルイス、重いキミをパス。KERS対決でした。

34/58 ベッテル、バトンを抜く気ですね。確かに3ストップだから、このスティントで抜かないと2位をマークに明け渡す格好になっちゃう。いいねえベッテル。クルマに宿ってますね~

32/58 TOYOTA同士の攻防。グロック、軽いですからね。ヤルノを抜きました。

ベッテル、なかなか抜けないですね。このままじゃ2位も危うい?

30/58 ベッテル、抜けないので諦めてピットへ。8,6。中途半端な・・・。ハードですから、結局3ストップですよね。

26/58 ルイス、ピットへ。9,8、ソフト。

バトン、マーク、ベッテル、bニjコ、ヤルノ、マッサ、中嶋、クビサ、アロンソ、グロック、キミ、ニックj、ヘイッキ、スーティル、ケロ、ルイス、ピケ、ブエミ、ブルデ

25/58 ピケvsルイス。攻防続きますが・・結局ピケが前。ピケ、やればできんじゃん!

23/58 アロンソ無線。スリップに入ると「エンジンが死んじゃう」んだ。「クビサを抜けないなら、スリップに入らないでくれ」「ダメだ、できないよ」。

ベッテル、やや遅れ気味。これじゃ3位だ。

ブエミがルイスを抜いたのかぁ。ルイス、よっぽどクルマがおかしいんですかね。KERSも効果なしか。


ケロ、スタートでアンチストール トルコGP決勝 Vol.1
2009年06月07日 (日) 21:21 | 編集
ほとんどがハードを選択。路面49度、気温32度。ルノーがソフトですね。アロンソ? ヘイッキもソフト。

ブラックアウト。

ケロ、スタートで失敗。ヤルノ3番手へ。アロンソもいい。・・・ケロ、後ろすぎ!

バトン、ベッテルを抜く! 9コーナー入り口で。
アロンソvsキミ。
ケロvsヘイッキ。

バトってますね~

おっとリプレイ。ベッテル、ターン10でオーバーラン。若いですね~ そこをバトンにやられた形。

・・・またバトンかーー

キミ、アロンソとバトってフロントの一部を失ったようだと無線。

スタート、リプレイ映像。スタートでアンチストールかかっちゃったんですね、ケロ。で12番手まで後退。

そして今、前にヘイッキ@KERS。抜きにくいです。

53/58 バトン、ベッテル、マーク、ヤルノ、ニコ、マッサ、アロンソ、クビサ、キミ、中嶋、ヘイッキ、ケロ、グロック、ニック、スーティル、ピケ、ルイス、ブエミ、ブルデ、フィジコ。

バトン独走態勢。

フィジコはダメなのかな? ピットで調整中。

51/58 ようやくヘイッキをかわしたケロ。しかしホームストレートで抜き返される。やっぱKERS車は抜きにくい。

50/58 再びヘイッキに仕掛けたケロ、接触してスピン。がしがし抜かれて17番手へ。いや~、ブラウンに乗っててもこうなっちゃうんですね。

49/58 ルイスを辛くも交わして次にピケを狙うケロ。ヘイッキは抜かせなかったのに、ルイスはすんなり・・・。

48/58 ピケを交わしたケロ。気が付けばオーバーテイク祭りです。
バトン、勝ちパターン活かせるか。重量発表
2009年06月07日 (日) 02:24 | 編集
重量が発表になりました。

やっぱり軽かった、ベッテル。
意外に積んでたマーク。

ジェンスとケロは、いつもジェンスの方が若干積んでるのに前を獲るパターンが定着。

同じく、マッサより1周くらい多そうなキミがチームメイトの前。

アロンソ号はこの重量でこのグリッドが精一杯か(軽量ミスって説出てますね)。

トップ10の中でいちばん重かったニコ、ポテンシャルを感じさせます。


明日はベッテルの方が早く入るわけですから、そのあとラップリーダーとなったバトンが軽いマシンで刻んでいけば・・・

って、頭の中がバナナロス・モードになってるよ(笑)。


少なくとも、マッサの勝利は限りなく可能性少なくなりましたね。連勝記録、こちらはストップか。

ポールはベッテル@軽め Q3
2009年06月06日 (土) 21:03 | 編集
セッション開始と共にコースに飛び出していったのはキミ。フェラーリ、そろそろリベンジなるか。やる気ある感じがいいですよね。おごってない感じ。積んでるのでハード穿いてます。

んー。各車すごいですよ。ベッテル、ヤルノ、切れてるなぁ。

フェラーリとブラウンはドライバーでタイヤ分けてます。ソフトのジェンスの方が格段に速いが、フェラーリは大差なし。まあ、燃料はわからないですけどね。

さあ、ラストアタックです。

ヤルノは軽くして前を狙う作戦か。ここはポール・トゥ・ウィンが多いですからね。ベッテル、マークも軽そう。ブラウンは普通に積んでるんだろうな。

結果。

ポールはベッテル。最後に滑り込みました。フロントローにバトン、セカンドローにケロとマーク。3列目にヤルノとキミ。マッサは4列目となりました。

いやあ、見応えある予選だった!
タイム拮抗。ギリギリゾーンの攻防 Q2
2009年06月06日 (土) 20:46 | 編集
ところで、今回サーキットに来ていないんでしょか。ミハエルとジェシカさん。

って、ことは・・・

キミに優勝チャンスあり?(そんな見方でいいんスかぁ~?笑)

このジンクス、2つとも今んとこ鉄板ですからね。ミハエルが来るとダメなキミ。ジェシカさんが来ると優勝するジェンス。


さあ、もうソフトでもタイム出てますね。ベッテルにトラブルがなくてクビサが上位にいるあたり、ようやくおもしろくなってきたという感じ。

残り1分を切った!

いや~、最後のタイム塗り替え合戦すごかったですねー。画面から飛び出してくる勢いだー


結果。

ニック、一貴、グロック、ヘイッキ、スーティルがKO。

ヤルノは2番手だったのにね。グロック、ノックアウトされちゃいました。トラフィックか。

ルイスKO Q1
2009年06月06日 (土) 20:21 | 編集
路面47度、気温28度。結局タイヤの問題は結論出ず、という気配。微妙ですね~

あーん。サーキットをあんまり使ってないから、ラバーが乗ってこないのか? サポートレースとかじゃ間に合わない、と。だからスピンアウトが多い、と。

フィジコがソフトでコースイン。彼らはQ3がないかもしれないので、ってことはソフトがベターという選択? しかし4周くらいでタイム落ちちゃってます。

フェラーリなど、上位陣はハードが多い。一貴、トラフィックに引っかからないと快走してます。まあ、タイム拮抗してましたからね、P3。どうなるか。

残り4分。2回目のアタックに各車出ますね。キミ、2回目はソフト。このタイミングならいけるか。ん、ルイスはハードで2回目に出ています。


セッション終了。

ピケのコースアウト映像。それはいつも通りなんだけど・・・今回はマシントラブル??

結果は、ルイス、ピケ、ブエミ、フィジコ、ブルデーがKO。ヘイッキも14番手なので、マクラーレンは苦戦ということか。

ルイス車、プラクティスから挙動おかしかったですもんね。「イチから作り直したい」くらいのクルマだっていうし。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。