F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バナナ祭り開催 バーレーンGP決勝 Vol.4
2009年04月26日 (日) 22:36 | 編集
マシンだけよくてもダメ。ドライバーだけよくてもダメ。マシンとドライバーと名将が揃わないと、結局は勝てない。

それを立証しようとしている、ブラウンGP。いろんなファクターが重層的に合わさって、影響し合って、ポディウムへと繋がっていく。・・・考えさせられます。

あ、それから、チームの協調性ね。カリスマ中心に集まってくスタイルでもOK。やっぱあの時代のフェラーリは鉄板だったなぁ。そして今、その法則にもっとも当てはまるのがブラウン。

13/57 キミ、ピットへ。ハード、9,1って何してんのよー(怒)。あと何周走るつもりだよっ。

グロックが押さえましたね。が、キミ、KERS使って抜き返す。うーん・・・。

バトン、ベッテル、ヤルノ、ケロ、ルイス、ニコはここでピットへ、キミ、グロック、アロンソ、ピケ、マッサ、マーク。

バトン、ハード穿いても速い。

BMW、いいとこなし。そして翻弄される一貴。・・・押しが弱い。

11/57 マッサ、ピットへ。7,3。ルカ様、ご立腹です。

10/57 ケロ、ピットへ。ハード、6,6。3ストップでなくてもよかったかも? しかしキミの前で戻ってます。まあ、保険をかけることも大切なのかな。何といってもテストあんまりしてませんから、データは不足気味なんでしょう。

ルイス、ハードが合わない様子。タイムが上がりません。

しかし、キミ、いいですね。イマイチなマシンとイマイチなチーム状況で、できる範囲でプロの仕事をしています。

残り8周。気づいてみたら、魔法のようにトップを走っているバトン。ロスはすごいよー。

一貴、リタイヤ。さっきBMWと接触してましたよね。・・・押しが弱い(涙)。しかしニコとはリアが違いますからね。そこは考えてあげないと。

7/57 マッサがフィジコを抜きました。が、けっこうバトってましたね。フィジコを抜けないようだと、マッサの首が危ないかも。・・・と、ルカ様に思われちゃうかも。

ジェンス、周回遅れをようやく抜きました。考えてみたら、この人が片手挙げて怒ってるのを見たことないですよね? ・・・紳士。

しかし、TOYOTAここまで作り込んできたのにこの結果。ディータ・ガスの運気はそんなによくないんですよ。スタッフまで見ていくと、ロスの強運がダントツ↑↑なんです。。。詳細は今後オートスポーツで。

しかし、雨だの何だの、赤旗中止だのいろいろあって、今回はSCも入らない耐久戦。またしてもバトンが制したということは・・・

ロス・ブラウン第2(第3?)黄金期の到来か。



ああ、今、チェッカーが・・・

結果

スポンサーサイト
ロスの前にバナナ! バーレーンGP決勝 Vol.3
2009年04月26日 (日) 22:11 | 編集
32/57 ケロ、爆走中。バトンの前でジェシカさんにチョッカイ出した(笑)というリチャード・ブランソン。いい笑顔です。

31/57 ケロ、ピットへ。ソフト、9,1。微妙に積んでますが、3ストップです。8番手でコースに戻ります。そういえばSCも入らないですね。

・・・結局バトンか・・・。

28/57 ロスの前に黄色いものが。バナナ遂に登場!?

やっぱストラテジなんだよなぁ。マシン、ブラウンがぬきんでていて、数戦こなして他チームがアップデートしてきて、差が詰まってきた今レース。その差を築くのは名将ロスの采配。逆に言えば、ストラテジで失敗しちゃった感のあるTOYOTA。計算外のことが起きたといえばそうなんだけど・・・。TOYOTA参戦8年目。ロス・ブラウン、20数年目。

25/57 グロック、トラブルか。タイムがあまりに遅いです。キミがグロックを狙います。後ろにはアロンソ。

24/57 グロック、ピットへ。その方がいいですね。ソフトに戻して、6,9。3ストップにしましたね。しかし、もったいない! 第2スティント、ソフトでいってれば・・・(タラレバごめん)。グダグダに落ちていった感があるのは残念。

ジョン・パパ、にっこにこです。

22/57 クビサ、ピットへ。BMWもねー。

マッサ、周回遅れにされそう。あり得ないですよねー。ドメニカリ、ここで結果出せなかったら更迭との噂。ブルーフラッグ出てるのに譲らないマッサ。このままだとペナ出ちゃいます。

21/57 バトン、ピットへ。盤石の展開。ハード装着、9,2。ヤルノも入ります。ソフト、7,7。ピットクルーの動きはカンペキ。ルイスは8.0。

さあ、ヤルノ、どこまで行けるか!

オートスポーツ誌で、ストラテジ勝負の耐久戦と予測しましたが、その流れは当たりましたねー。

18/57 ベッテル、ピットへ。確実なレース展開。ハード、7,3。ヤルノの前で戻っちゃった。バトン、ベッテル、ヤルノが表彰台か。うーん、TOYOTA、戦略も含めるとこの辺がリアルな位置なのかも。
第2スティント、TOYOTAハードで苦戦 バーレーンGP決勝 Vol.2
2009年04月26日 (日) 21:44 | 編集
47/57 ベッテルがケロを抜きました。

46/57 グロック、ピットへ。ハードで9.8。変則2ストップですね。

45/57 ヤルノ、ピットへ。さあ、戦略は・・・ハードで8,9。表彰台の真ん中に立つのはヤルノかな?

一方、バトンは今が攻めどき。差を縮めるチャンスです。

44/57 アロンソ、ヤルノを抜きました。ギリギリのサイドバイサイド。容赦ないなぁ(笑)。

43/57 ケロ、ピットイン。ソフト、7,1。フィジコの前で戻りました。10番手。

バトン、けっこうがんばってます。

42/57 バトン、ピットへ。9,4。ルイスも入りました。7,6。2車ともソフトか。

さあ、ここでハードを穿いたTOYOTAが裏目に出ないといいけど。たっぷり積んでるしねー。

41/57 アロンソ、ソフトで8,5。手堅く行ってくれ!

ピケとバトってるのはケロ。まあ、ピケはまだピットインしてないですからね。・・・ケロ、怒ってるけど。

40/57 KERSのせいか、ケロ、ピケを抜けません。同一周回だから仕方ないですよね。

39/57 ベッテル、ピットはまだ。前の車に押さえられてたせいか、2周伸びてるんですね。
一方でケロ、ピケを抜いてます。

38/57 ベッテル、ようやくピットへ。ソフト、8,6。ヤルノのうしろ、ルイスの前でコースに戻りました。

わかりませんよこれは! TOYOTA、楽々優勝はさせてもらえない。重いしハードだし。

36/57 キミ、ピットへ。ソフト、10,2。積みましたねー。表示が止まらなかった感もあるけど。

TOYOTA、作戦ミスか。途端にタイムが落ちてます。バトンより1秒遅れって、マズイよ~。なんだかんだでバトンがトップを走ってるし。2番手以下はヤルノ、ベッテル、ルイス、ケロ、グロック、ピケ(0ストップ)、キミ、アロンソ、ニコ(0ストップ)。

34/57 マッサ無線「KERSが機能しない」。しかし表示、黄色くはなってます。マッサ、考えないで言っちゃった?

ヤルノ、ソフトに戻した方がいいのでは、と解説陣。せっかくのフロントローを使いこなせないか、TOYOTA。

TOYOTA 1-2キープ バーレーンGP決勝 Vol.1
2009年04月26日 (日) 21:20 | 編集
緊張感伝わってきますねー、TOYOTA。ブレーキに厳しいサーキットなんだけど、そこんとこ不安を抱えてるみたいですね。気温36度、路面50度。

TOYOTA、ブラウン、ベッテルもソフトです。ほとんどソフトですね。ヘイッキ、ニックはミディアムか。

ブラウンはクーリングにキツイとの情報。弱点が見えてきましたね。だから予選時、エンジン回転を絞っていたそう。しかしもともとアンダー気味なので、リアがタレてきてもちょうどいい。

ニック積み過ぎ? 1ストップは難しいのでは。ソフトがね。てことは、変則の2ストップにしてくるかも。

さあ、スタートが問題だ。

ブラックアウト。

TOYOTA守ったが、KERSルイスが猛追。やっぱここはKERSですよねー。

グロックが逃げてヤルノがルイスを押さえる。王道いってます。グロックの方が軽いからね。

56/57 バトン、ルイスを抜いて3番手。案外スッとかわしましたね。

ピケ、動くシケインとなって後続のクルマを止めています。

クビサ、一貴ピットイン。2人が接触したようです。両者ノーズ交換。一貴、せっかくまずまずの位置だったんですがねー。

54/57 マッサ、ニック、ピットへ。牡牛座コンビ、覇気ありすぎてやっちゃったか。

安定して1-2を走ってるTOYOTAの2台。しかし軽いですから、3番手のバトンに対して最低でも6秒は差を付けないと厳しいと森脇さん。

なんだかすごく大人のレース。粛々と走る全車。

52/57 どこかしら壊してピットインしたクルマが多いせいもあるけど、マーク、11番手まで順位を上げています。

さあ、そろそろTOYOTAがピットへ!

マシン重量発表。サプライズあった!
2009年04月26日 (日) 01:01 | 編集
マシン重量が発表されました。

Pre-race weights & provisional grid

ちょっとー、何これ。すごくない??

①ヤルノとグロックでは、ヤルノの方が5,5キロも重かったのにヤルノがPP! これ、絶対ヤルノの方が軽いと思ってましたよー。1周くらい早く入るのかな、って。

②ベッテル、けっこう重かったのに速かった! ベッテル素敵。カッコよすぎ。アロンソより重かったんですよ。ケイトすごい!(笑)

③ジェンスとルイスの重量は同じだった! ってことは、マクラーレン恐るべし。てゆーか、ブラウンの独走じゃなくなってきてる? 超おもしれぇー

④同様に、ケロとアロンソは1,5キロ差。それでグリッドが1つ違うわけですから、速さはほぼ互角! ブラウン独走終結。そしてアロンソ吠える!



ちょっとぉー。こりゃーおもしろくなってきましたよ! 

オートスポーツ誌で今季からレース予測させていただいてるんですが、本命にジェンスの名前書くの、ほんっっとうにイヤだったんですよ。ブラウンって書けばいいと思ってる、って思われるのが。

だけど予測を当てたいなら、本命=バトンなわけじゃないですか。全戦そうですよね? あとは、対抗馬やダークホースにベッテル、ヤルノ、ニコなどが来たり来なかったり。・・・まあ、私はかたくなにアロンソ入れてたりしましたけど(笑)。

だけど! もうそんなこと考えなくていいんですね。超うれしい!!!

他チームようやく勢い取り戻す! こりゃー俄然おもしろくなってきた。


・・・とはいえ、ライン取りはバトンがいちばんキレイだし、安定感があることは否めないし、何よりも名将ロス・ブラウンを擁してますからね。ストラテジの確かさは鉄板。マシンがよくても悪くても、ストラテジ的に一枚上手なことには違いないです。


いやー、いよいよおもしろくなってきた!

明日の進行中の月は牡牛座。だから、牡牛座のニックが有利かな~と思ったりしてたんですが・・・。マッサもね、牡牛座なんで、フェラーリ最悪ですが、このサーキットに限って巻き返しあり得るかななんて思ってたんですが・・・(あり得ないことですが、あり得ないことが実現するのがF1ですもんね)

もう一人、牡牛座の要人を思い出しました。それは・・・・





山科さん@TOYOTA



どうかな~。どうだろうな~~。ヤルノのバースチャートの月は牡牛座ですしね。何ならヤルノでキメてほしいですよね。ポール獲ったってことは、ヤルノが納得できる=ヤルノ好みのマシンに仕上がってるんでしょうし。

TOYOTAフロントロー独占! Q3
2009年04月25日 (土) 21:02 | 編集
各車どれくらい積んでるか。どこを狙ってるのか・・・などと推測しながら、Q3です。

TOYOTAはフロントロー狙いでしょうね。軽めで攻めてます。ブラウンは積んでも速いからこわいけど。

ベッテルは軽いなら前も狙えるけど、普通に積むなら3列目くらい?

ニコ、ニュータイヤで出ましたが、軽めにするのかな。

TOYOTA、ニューでコースイン。さあ、ポール狙いで行きますよ。

ルイスも前を狙ってきたか。


来た! TOYOTA1-2!!

ベッテルは前を狙って3番グリッド。バトンは(たぶん)積んで4番グリッド。


TOYOTA、こりゃ行っちゃうかな? 明日。

戦力差リアルに Q2
2009年04月25日 (土) 20:44 | 編集
5分経過。混み合ってきましたねー。

ヤバイところはどんどんニュータイヤ使ってきますね。何といっても接戦ですから、コンマ1秒の差でKOされる可能性は十分。

ニコ、Q1はギリギリでしたが、あれはトラフィック。今度は早めにタイム出してくるでしょうね。

BMW厳しそう。がんばってKERS乗せ続けてるのがツライのかも。会社的な問題ですけどね。

残り3分。さあ、そろそろです。

TOYOTA、ブラウンはユーズドのソフト。ヘイッキはボーダーゾーンですね。

KOはヘイッキ、一貴、クビサ、ニック、ピケ。だめか、BMW。。。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。