F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マッサが手にした栄冠
2008年11月04日 (火) 02:16 | 編集
結果的にポイントは重ねたけど、チャンプとしての器はどうなの?


--そんな声がどうしても消えないまま迎えた最終戦。ルイスが獲ってもマッサが獲っても、いずれにしてもすっきりしないというのが大方の論評でした。



そして。

雨という不測因子を孕んだまま、レースはブラックアウト。結果、世界中のF1ファンをあっといわせた最終戦となりました。



終わってみれば・・・・

虚空を見つめ、ぐっと奥歯を噛みしめた精悍な貌のマッサ。右にライコネン、左にアロンソの歴代チャンプ“太刀持ち”を従えて表彰台に立つ彼の姿は、すべてを乗り越え、凌駕した男の、虚脱した平明さに満ちていました。


タイトルを獲ったのはルイス。

しかし・・・・


あの瞬間、世界中のF1ファンは確信したと思います。


    マッサは、真のチャンプの器になった



「できないマッサ」
「凡ミスのマッサ」
「ナンバー2のマッサ」
「無駄踏みのマッサ」

そんな、ありとあらゆる負のレッテルを覆し、マッサは誰より雄々しく立っていました。



そして、運命のプレカン。


「この1年を通して、僕は勝ち方も、負け方も十分に学んだ。もちろん、ここにいる2人はそれをすでに知っている。僕は誇りを持ってこのインテルラゴスを後にすることができるよ」


悔し涙でうっすら染まった瞳が見据えていたのは、一瞬の間掌中にあったタイトルの幻でしょうか。なんと残酷な、なんとすばらしい、究極の世界・F1!



完璧な優勝を経てなお、タイトルを逃したマッサ。しかし彼が手にしたのは、タイトル以上の栄冠であり、世界中のF1ファンからのリスペクトでした。




それは、昨年アロンソに起こったある変革を、私に思い起こさせました。

実力はピカイチ、だけどなぜかヒール扱いであった彼は、ただ淡々と信じる道を往くことで、彼がどうしても手に入れられなかったものを得ることに成功したのです。

それは--人気という名の、不確実だけど熱狂的な支持でした。




人は何かを失って、別の何かを得る。至極シンプルなセオリーがそこにありました。




タイトルは失ったものの、タイトル以上の栄冠を得たマッサ。
タイトルは得たものの、その真価は来季に持ち越しとなったルイス(確かに年間を通して速かったけど、あともう数ミリ、何かが足りない気がします)。

早く次の戦いが観たい。次の戦いで、「やっぱりマッサだ!」「ルイスは本物だった!」そんな感想を話し合いたい。



ともあれ--

2008年は、永遠に語り継がれるシーズンとなるでしょう。

ルイス・ハミルトンという至上最年少チャンプと、ギリギリのところでチャンプを逃した名レーサー、フェリペ・マッサを生んだ年だった、と。



   感動的なプレカンはこちら


スポンサーサイト
切ないサンバ、雨に散る ブラジルGP決勝 Vol.5
2008年11月03日 (月) 04:01 | 編集
残り11周。ルイスは4位キープしてますね。せめてフェラーリ1-2で溜飲を下げるか。2番手アロンソとの差は2,3秒。

一族郎党(笑)従えてのパスばらまき状態に苦言を呈したい?モードまんまんの今宮さん。いいなぁ。あれやりすぎると、マッサとルイスが逆に弱く見えちゃうもん。

ニコ無線。「バイザーに雨が当たったらすぐピットに入れるからね」。確かに、しとしと雨じゃないですもんね。ザーッと来て一面濡らしていくスコール。

さあ、雨来たか?! あと7周。微妙な状況。落ち始めてはいますが、スコールというほどではない?

残り6周。ニック、ウェットにチェンジします。賭けますねー。ケロ、ニコ、ブルデー、クビサ、続々ピットへ。

雨、本格的に来た! ベッテル、ルイスに仕掛けてる! ルイス、抜かせない。

ピットは赤、銀共に準備。アロンソ、キミ、ウェバー、ベッテル、ルイス、バトン・・・みんな入ってるのに、マッサはステイアウト!

いや、マッサ入ります。最速作業でコースへ。

さあ、順位はどうなるか・・・いや、キープのままです。よかったねマッサ。優勝しないことには始まらないですもんね。

一方、グロックがステイアウトで4番手。ルイス5番手。いや、いったんベッテルに抜かれたのを抜き返した模様。いいぞベッテル!

思わぬ伏兵はグロックでしたね。ベッテルが2ストップだったらなー。ルイスを阻めたのに。


残り2周、ベッテルがルイスを抜いた!!!





ベッテル!!!



さあ、たいへんなことになってきた。

ルイスとベッテル、本気の攻防。これやらないとタイトル獲れません。

周回遅れのクビサがベッテルを抜き、ルイスを抜いた瞬間にインが開いたんですねー。いやぁ、クビサ!


さあ、ファイナルラップだ!

ルイス車載。必死だーー。だいたい、必死にならないでタイトル獲ろうってのが間違ってたんですよ。


まずはマッサ、トップチェッカー。降ったのはマッサファミリーだったはずだけど・・・



あ! ルイス、グロックをかわした! 5位だ!!!




ルイス!!!  






優勝マッサ。

ワールドチャンピオン、ルイス。




・・・・ああ・・・・。泣いてるよ、ルイス。山羊座、ラッキースター木星を受けて奇跡を起こしました。


マッサも泣いてるよー(涙)。ああ、戦ったよね。マッサは完璧だった。よくやったマッサ。あー、泣いてますね。

お辞儀した。うー、「誰も期待してない自分がやれば、すごいだろ?」と言った言葉が頭をよぎります。

一方のルイスはマーシャルに祝福されている(笑)。しかし観客はブーイング(笑)。これは王者へのエールですね。

画面変わってマッサ。冷静なマッサ。沈んだマッサ。そしてポディウムへ。あたりは真っ暗。雨はこれから激しくなるんでしょう。


流れるブラジル国家。そして、雨・・・・


マッサ、悲痛な涙顔。・・・・かっこいいぞ、マッサ! 


雨があと少し遅かったら。早かったら。ファイナルラップのルイスはなかったでしょう。そうしたら、「5位でいいんだし」的姿勢のルイスは失墜してました。


切ないサンバが流れます。そして気がつけば、2位にアロンソ、3位にキミ。強い3人、速い3人がポディムに並びました。

さあ、プレカンです。
再び雨の予報。ルイスは手堅くポジションキープ ブラジルGP決勝 Vol,4
2008年11月03日 (月) 03:32 | 編集
Lap37 マッサ、9,4。ルイスより早くピットに入りました。インラップは速かった。

フィジコ、ブルデーもピットへ。アロンソがラップリーダーです。ああ、きれいだわ、ライン。マシンもスムース。

Lap40 アロンソ、ピットへ。9,5秒。最後まで積みます。ルイスもピット。リグがなかなか抜けない。8,9秒表示です。

ベッテルはもう1回入るのかぁ。ポディウム楽しみだったのになー。下手したらルイスが3位になっちゃいますねー。

Lap42 ヘイッキ、ピットへ。8,8秒。ニックも入りましたね。そろそろキミも入りそう。

Lap43 キミ、ピットへ。5,1秒。4番手でコースへ戻ります。

さあ、ちょっと小康状態かな。CS、地上波、ザッピングしながらみてるとおもしろいですね。

Lap51 ベッテル、ピットへ。6,4。ルイスのうしろ、周回遅れのクビサを挟んでヘイッキの前。おもしろい位置でコースに戻ります。クビサ、相変わらずじわじわルイスにプレッシャー与え中(笑)。

Lap52 一貴もピットへ。

CS、固唾をのんで解説陣&アナが見守ってるときも、地上波は右京さんと西岡アナが細かく解説し続けてくれてます。丁寧ですね。

ベッテル、ルイスに仕掛けてくれるかな♪ ちょっと期待。いいなぁ、やる気ですね。ルイスはもう1つ順位を落としてもいい計算。行かせちゃうのかな? タイムはベッテルの方が速い。さあ、どうする“レーサー”?

アロンソ無線。また雨が近づいている! きゃー! どうなるのレース!!(盛り上がる地上波)。

CS。「西風に変わりましたねー」淡々と今宮さん。テンションの違いがおもしろい(笑)。

クビサ無線。10分後に雨が降る可能性あり。しかし、残りわずかに13周。このままいけちゃうのかな。





ルイス、安全圏を走行するもタイヤに課題 ブラジルGP決勝 Vol,3
2008年11月03日 (月) 03:02 | 編集
ルイス、前のフィジコとの差はコンマ1。狙ってますが、ここで無理をすると一巻の終わり。リタイヤだけは避けなければいけません。

ところで。

ベッテル2番手、アロンソ3番手ですよ。なんか象徴的ー。

Lap17 ルイス、ようやくフィジコを抜きました。続いてはvsキミになるわけですが・・・でもまあ、5位でいいわけですもんね。ここから流すのかなぁ。いやだなー。

一方で、ベッテルがマッサを食っちゃったりしたらすごい。思わぬ伏兵、マッサのタイトルを阻む! なんて・・。

キミはちょいゆっくり気味に走ってルイスを押さえる作戦。おかげで、ベッテルとアロンソはポディウムに限りなく近い状態です。

雨のフィジコ、頑張ってますね。マシン性能を考えると健闘しています。

Lap20 ヤルノがブルデーに仕掛けてブルデー、コースオフ。因縁の対決ですが、やられたらやり返すのが蟹座(ヤルノ)の基本(笑)。

グロックにも先行を許しましたね。そのグロック、ルイスに仕掛けるかな?

Lap22 アロンソの方がベッテルより速いけど、どうするかな。ここは無理せず、確実にポディウムを狙うか。

ルイスの車載。レースをしてるとは思えないほど慎重かつスムース。タイトルに向かって走ってます。

Lap24 トップのマッサに対しベッテル、コンマ9と接近。14秒4で走ってる2人。3番手のアロンソは14、6というタイム。ちょっと積んだかもしれないですね。

後続に目をやれば、フィジコが走るシケイン状態で後ろを押さえている状態。

一方、グロックはルイスを猛追中(がんばれグロック!)。

Lap27 ベッテル、7,1のピットイン。

一方、ヘイッキはヤルノ、フィジコをかわして7番手。あとグロックさえ仕留められれば、ルイスのタイトルが決定します。ヘイッキも仕事しないとねー。

アロンソのラジオ「レースはマッサとしてるんだよ」。ベッテルは除外か。

Lap30 ルイス、左フロントにフラットスポット。不安因子を自ら作ります。

さあ、レースはいよいよ折り返し地点。
ウェットからドライへ ルイス、難しい状況 ブラジルGP決勝Vol,2
2008年11月03日 (月) 02:35 | 編集
クビサ、ドライで賭に出る!

そして・・・

1コーナー、トップは何事もなく通過。しかし、さすがキミ! かんっぺきに仕事しましたね。ルイスを確実に押さえ、マッサを助けました。

後方での接触はDCと一貴。牡羊座vs山羊座、因縁の対決でした。DCのラストレースは一瞬で終わりました。

おっと、リプレイみるとニコも絡んでたんですね。蟹座。T字スクエアという、最凶の組み合わせでした。

そしてもう1台、あっけなくレースを終えたのがピケ。ホームだったんですけどね。

SC入ります。路面は刻々とドライの方向。ちなみにクビサ、この時点では最後尾を走ってます。


さて、スタートリプレイ。改めて、ヘイッキが抜かれまくっていてなんだかなー。一方のキミが完璧な仕事をしたのに対し、ヘイッキ・・。アロンソとベッテルに先を許したというのが、何かを象徴しているよう。

さあ、SCがin。レース再開です。

リスタート。ここはどうなるか!

キミが一瞬ヤルノを仕留めそうになりましたが、ここは無理せず。一方、いったんヘイッキに抜かれていたアロンソがまたまたポジションを戻します。

アロンソ、リプレイ。うまい!

ルイス、粛々と4位走行中。S2はかなり濡れてますね。賭に出たクビサ、SCと共にドライに履き替えたフィジコはまだ後方。

さあ、レッドブルとウィリアムズ、HONDAあたりがピットの準備。

Lap7 キミ、ヤルノに仕掛けます。ストレートスピードは速いですからね。しかし抜くのは簡単じゃない。

ニコ、ハードに履き替え再びコースへ。ここも賭に出る。

さあ、後ろではニックがウェバーをオーバーテイク。

Lap8 バトン、ブルデー、グロック、スーティル、一貴、続々ハードに履き替えます。一貴、ウィングさわってますね。

Lap9 ベッテル、アロンソもピットへ。ドライのフィジコがタイムを出し始めたので今まさに変えどき。ウェバー、ケロも。

さあ、どうするルイス!

Lap10 マッサ、ハードにチェンジ。6,5と短く刻みます。続いてヘイッキも。ニックに続き、クビサもピットinしてるけど、これは? 何か不具合でもあったのか。

Lap11 キミ、ヤルノ、ルイスたちもピットへ。ルイス、7,5。ヤルノ10,4。ピットロードで息をのむ。一方、・マッサ、一瞬滑ったが?!

ルイス、このままでは7番手。これじゃタイトル獲れないぞー。

みんな滑ってますねー。まだ雨が残ってる部分、特にS字。ヤルノ、一貴、続々滑ってます。乾きが遅いんですね。ちなみに気温は25度。タイヤに熱を入れるのも一苦労。

さあ、おもしろくなってきた!
雨来た! ブラジルGP決勝 Vol.1
2008年11月03日 (月) 02:10 | 編集
いきなり来ました、雨! それも、曇り空から突然のスコール状態。予報では雷もありという、今後のレースを予感させる不穏な展開。

スタート、10分のディレイです。

各車一斉にタイヤを履き替え、スタートに備えます。さあ、観客もエキストリーム仕様にチェンジだ。

・・・・ややあって、雨は止んだ模様。しかし路面はウェットです。アロンソ無線によると、予報では以後40分間は降らないという通知。とはいえ、何があるかわかりませんねー。


さあ、後数分のうちにタイヤを決めなければいけません。あと40分間降らないということは、路面はこれからどんどん乾くはず。この微妙な状況をどう読むか。

セイフティカーを追う国際映像。乾いてるところも多いですね。ルイスはウェット穿いてるけど、どうするかな。

さあ、いよいよスタートだ! 注目は1コーナーですよ。
サンパウロはマッサ祭り Q3
2008年11月02日 (日) 02:03 | 編集
事実上、来季HONDAでは走らないことを認めたケロ。下位チームに移ってでも走っていたいんですね。すごいなあ、そのモチベーション。

「フェラーリを離れて、ぼくは自由を得たんだよ」って、セナ少年に語ってましたもんねー。・・・・人生って深い。


さあ、Q3です。

P3のあと、3番グリッドでスタート練習をしていたというアロンソ。どこまで食い込めるのか。やっぱり厳しいかなぁ。


マッサのアタック。・・・・固唾をのんで見守ってたら・・・S2で滑った。。。こういうところがマッサなんですよねー。

一方のルイスも修正しまくってます。ドッチもドッチ。



さあ、結果は・・・

ポールはマッサ! そしてなんと! フロントローはヤルノです。

セカンドローにキミ、ルイス。ちなみにルイス、偶数グリッドからの苦しいスタート。

3列目にヘイッキ、アロンソ。


・・・ヘイッキ、何やってんだー。



サンパウロはマッサ祭り。それはいいですよ。いいんだけど・・・・



もし、もしも。

マッサ優勝、ルイス5位フィニッシュとかでルイスがタイトル獲っちゃったら・・・


   なんか腑に落ちませんねー。








Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。