F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホッケンハイムの明と暗 記憶に残るレース ドイツGP決勝
2008年07月20日 (日) 23:51 | 編集
フタを開けて見れば、今季いちばんの意外な展開。結果的に、記憶と記録に刻まれる一戦となりました。

■ルイス、磐石の走りで堂々の優勝

環境が整い、精神的な試行錯誤も一通り経験して、マシンバランスに加えてメンタルバランスも掴めてきたのでしょう。

「ドライビングに自信? 前から持ってるよ」と明るく笑ったルイス。そりゃそーだ。自信持ってない人がF1まで上がってこないもんね。でも、F1村の洗礼を受けていったんズタボロになることも多いもの。

そんなこんなを一巡して、タイトルを戦う強さをも体得し、勝つってどういうことか、わかってきたんでしょうね。

精神的な脆さが伺えた昨シーズン後半戦。勝てるレースをぽろぽろ落としていったのはほんとに印象的でした。

でも、シルバーストーンに続いて、ミスらしいミスはないし、とにかく安定してきちんと速い。バトルもするしね。

今日に関しては、戦略のプチミスからいっときあわやって展開になりましたが、フェラーリのペースが上がらなかったことが幸いしました。これも時の運か。

しかし、チームメイトのヘイッキだけがガーニー付けてるってどういうこと? それぞれのエンジニアの解釈なんでしょうか。まあ、ヘイッキも次戦までになんとかしてくるでしょう。

■ピケに初表彰台をもたらした、パット・シモンズの快挙

今までずーーっとダメダメだったピケ。モーターホームに仲間呼んで楽しくやってるらしいとか(笑)、とにかくロクな噂は聞かなかったけれど・・・

でも。やるときはやるってところがさすがF1ドライバー。DNAだけじゃここまで来られないっていうか、DNAはやっぱりすごかったっていうか。

天性の華をすごく感じましたね。そしてあのプレカン。俺様節全開(笑)。

普通なら、「自分に初めてのポディウムをもたらしてくれたチームのみんなに感謝したい」とか、絶対言うものです。それが・・・

「ボクのマシンのセッティングはすごくよくて、フェルナンドがボクのマネをしたくらいなんだ」だって! もう、開いた口が塞がらない(笑)。さすが大物は違うわ。

ともかく、こんなにキャラ立ってるドライバーが、発言できるポジションに来てくれたってことは、また楽しみが増えるってもん。

とはいえ、これをもたらしたのは間違いなくパット・シモンズ。双子座の彼、今日のツキを見事にモノにしましたね。もちろんグロックの事故があったからなんだけど、それは全車同じ条件ですからね。

■フェラーリはもはや別チーム?!

ミハエルが去り、ジャン・トッドが去り、ロス・ブラウンが去り・・・。もう、いっそ別チームと思った方がいいのかな。最近のフェラーリはほんっとに光りません。優勝しなくても、何か「おっ!」と思わせてくれるものがあればいいんだけど。

キミに関しては、セッティングいじりすぎて結果的にバランスを崩した・・・って、まるで中段チームの弁。マッサだって、あのペース何よ?って感じです。

フェラーリだから、腹が立つんです。赤い車があんな調子でどうするの!って。ミハエル様、さぞかしがっかりでしょうね。ホームなのにさー。ま、次戦で持ち直してくれれば、それはそれでいいですけどね。

ドメニカリ、あなたも双子座だったんじゃないんスかー。パット・シモンズを見習ってくれー。・・・って、この辺は経験の差かな。

■虎視眈々、BMW

スタートが光ったクビサ、辛抱強く粘り勝ちのニック。共になかなかしぶいレースを魅せてくれました。

特にニック。ここんとこずーーーっとクビサの後塵を拝してたもんね。ここへ来て、久しぶりの4位フィニッシュは特筆に値するでしょう。粘り勝ちは牡牛座の専売特許。拍手したいです。

■確実にレースをしたベッテルとニコ

バトるところではバトり、守るところでは守ったニコとベッテル。確実に一戦一戦モノにしていってる感じがします。

■痛恨のアロンソ

がんばったんですけどねー。最初っからバリバリバトってたし。魅せてくれてたし。が、いかんせん、マシンが持ちませんでしたね。バトると負荷かかるからなー。もともとセッティングがキマらなかったって経緯もあるし。

■希望を僅かにつないだTOYOTA、今だ霧の中のHONDA

グロックは惜しくもクラッシュしましたが、その前まではいいペースをキープしてました。ヤルノも9位フィニッシュ。レースによっては上も狙える位置だといえます。

一方のHONDAはいいとこなし。アップデートかなりしてるって話ですが、不発弾でしたね。
    
                             
       
さあ、天王山ホッケンハイムも遂に決着。ルイスが頭ひとつリードして、後半戦折り返しです。果たしてフェラーリの復権はあるのか、このままルイスがペースを維持するか。次戦のハンガロリンクが楽しみです。
スポンサーサイト
スター誕生 開花したDNA、遂にポディウムへ ドイツGP決勝 Vol,3
2008年07月20日 (日) 22:35 | 編集
Lap48 マッサのペースも今ひとつですねー。結局、フェラーリが自滅でルイスに勝ちをプレゼントしちゃうのか。

Lap49 ケロとDCがヒットし、DCリタイヤ。ケロはフロントウィングを失いました。DCがぶつかっていったように見えますね。が、「ほんとに見えないんだ」とフォローする川井さん。

Lap50 ルイス、ピットへ。あー、ヘイッキの後ろでコースに戻ったか。なんだかなー。

さあ、ヘイッキとルイスを抜く国際映像。ルイスを先行させるのかな? させるよねー、ロンは。なんかボタン押してましたね。無線で指示を出したのまるわかり。

さ。そしてルイスがヘイッキの前へ。

一方、ケロもダメだった模様。マシンを降りてる映像が。

Lap52 アロンソ、ニコをようやく抜きました。よし。
ニック、ピットへ。

気が付けばマッサとルイス、2,5秒差。ラップタイムはコンマ7秒ルイスが速い。てことは、コース上で決着ですね。望むところだー。

Lap54 ラップリーダーはピケですが、あともう1回ピットに入るはず。(入らなかったら笑える!)
ピケとマッサ、ペースは変わりません。フェラーリ、相当ダメじゃん。
マッサールイス、1,4秒差。残り13周。

Lap55 0,6秒差に縮めてきたルイス。さあ、マッサを抜けるか?
2年前、アロンソはミハエルを延々抑えたまんまチェッカーまで持っていきましたが・・・そんなことができるのかマッサに?(笑・いや、わかりませんけどねー)

Lap56 ヘヤピンであっさり抜かれちゃったマッサ。が、その直後再び仕掛けるマッサ! 「うりゃー!!」って声が聞こえた(笑)。マッサ全開。いいなぁ、キャラ立ってて。

んで、ニックが直後にぴたり。

・・・・え? ピケ1ストップ説を語る川井さん。て、ことは・・・・

優勝???

Lap58 一方のアロンソ、明らかにマシンがおかしい。コース上でスピン。これでピケが優勝、いや、ルイスに先行されるとして、ポディウムに乗っちゃったりすると・・・うぬぬー。
ピケなんて誰も注目してなかったから、ピットストップの画が来なかったんですよねー。

Lap59 ルイス、ピケをオーバーテイク。てことは・・・やっぱりピケ、このままチェッカーまで!
キミ、クビサをオーバーテイク。こっちも(もちろん)やってます。

て、ことは。マッサ、ピケを抜かないと恥では? てか、後ろのニックにも抜かれそうじゃん。

おー、無線。ピケに「このままクリーンに走ると2位だからね」! ・・・すごい。スターのDNA、ここで開花か!

いよいよファイナルラップだ・・・
中段勢の攻防光る ドイツGP決勝 Vol,2
2008年07月20日 (日) 22:09 | 編集
Lap32 アロンソの挙動が少しおかしい? ちょっと気になりますね。
今回はセットアップをものすごくいじってる、とは今宮さんの解説。フリーから予選へってときもかなりいじったそう。それが裏目に出なければいいけど・・。

Lap33 HONDAの2台が順位入れ替え。ケロがアウトラップだったんで、バトンに抜かれた状態。

Lap35 グロック、クラッシュ。右リアがいきなり壊れたみたい。段差に引っかかってマシンが浮いた? それとも・・・??
SC入ります。
バトンはピットへ。

ルイスのアドバンテージはいったんリセットされますね。マッサ、チャンス。クビサにも大きなチャンスとなります。

グロックの映像。ダメージを負ってるように見えますね。腰?

ピットレーンオープン。
2台まとめて入れるチームが出てくるので、2台目になるクルマは損をする、と川井さん。実際のところ・・・
あー、けっこう入ってます。ルイス、ニック、ピケ、ヘイッキ、キミ以外。

ウェバー、白煙出てるけど大丈夫なのか?

ホワイトラインを踏んだのはアロンソらしい。が、寄せられたから仕方ない。あー、ベッテルに寄られちゃって。アロンソも右手挙げてるし。無線でも言ってます。「ベッテルがプッシュしてきたんだ!」

さあ、ここで入らなかったルイス、吉と出るか凶と出るか。結局、これに乗じてマッサがもらっちゃたりして・・・。

Lap40 ウェバー、結局マシンを止めました。白煙ずーっと出てましたからね。エンジンか。

Lap42 ヘイッキ、クビサを抜きました。「おぉ、行った!」って感じ。抜かれたのがクビサだけに、今宮さん「うーん」・・・。マシンの性能差ですね。

続いてアロンソ、キミが攻防してるうちにニコがスーッ。この辺の見せ場はほんっっとにおもしろい。

Lap44 キミとベッテルの攻防。まあ、キミがこんなところにいるのが尋常じゃないんですけどね。

Lap45 アロンソ、再びニコを襲います。が・・・ニコも守る。ニコ、魅せてますねー。

ルイスとマッサ、その差は10秒。てことは、このままだと優勝は難しい? んー、微妙かなぁ。

スタート魅せたクビサ ドイツGP決勝 Vol,1
2008年07月20日 (日) 21:44 | 編集
キミ、セットアップを間違ったのが遅さの原因とは。・・・そんな理由なのかー。フェラーリなのにねー。

でも、昨日より気温高くなりそう? 今はエア22度、路面32度。少しは有利に働くかな。

タイヤは、ヤルノ、クビサ、ウェバー、DCがソフト。あとはほとんどハード。ヤルノはスタートに賭けてるんでしょうね。TOYOTAのスタートは悪くないからね。アロンソは慎重にいくかな。

ロスタイムは16,3~5秒+静止時間。

さあ、スタートです。

アロンソ、仕掛けたがクビサにしてやられたー。外側に膨らんじゃうしかなくなって、結局ヤルノも仕留められず。

スタートリプレイ。ははーん。アロンソはキミを押さえてたんですね。そりゃそーだ。だからあのライン。

Lap2 一貴、あっさりケロに先行を許してしまいます。

Lap3 アロンソがヤルノに仕掛ける! いきなり激しい攻防。が、ここは守りました。んー、キミにやられちゃったか。悔しいところ。

・・・DC、じわじわ抜かれてってますね。Lap7ですでに14番手。
バトンもペースが今ひとつ上がらない。動くシケイン状態。

ヘイッキだけガーニー着けてるんだ。それがルイスとの違いだとか。じゃ、エアロが全然違ってきますね。それで(も)このタイム差か。コンマ5~6秒も違うって大きすぎ。

Lap13 そのヘイッキ、18番手、19番手まで落ちたと思ったらまた3番手表示。タイミングモニターのシステムエラーだったようです。・・・ビックリしたよー

Lap17 一貴、あわやのスピン。3コーナー飛び込み。建て直したんですが、ピケ、スーティルの2台に抜かれていきました。

Lap18 ルイス、ピットイン。ハード、9.0秒。
クビサもピットへ。なるほど。軽かったんだ。でも、やるべき仕事は完璧に果たしましたね。タイヤはまたしてもソフトを装着。

Lap19 アロンソ、ヤルノ、ピットイン。ヤルノは再びソフト。アロンソはハードからソフトへチェンジ。燃料ほぼ同じ状態で、あの予選。なるほどー。

Lap20 マッサ、ソフトへチェンジ。ラバーが乗ってきて(ソフト装着車が)速くなってきたのを察知したんですね。ラバーインしたらハードよりソフトのほうがタレない、と解説陣。

Lap21 ヘイッキ、ピットへ。こちらはルイス共々ハードですね。9,2秒。
ベッテル、DCも。

Lap22 キミ、ソフト。8,8秒。

ルノーはタイヤにやさしくない車。だからソフトは穿けなかった、と川井さん。

Lap23 ウェバー、ブルデー、次々ピットへ。
Lap24 ヤルノがまたピットインしてる? いや、タイミングモニターのエラー?? ・・・エラーですね。

Lap27 DC、さっきからオーバーランの繰り返し。
ニック、ピットへ。ソフト装着。けっこう積んでましたね。
バトン、フィジコもピットイン。

Lap28 ニコ、ピットイン。グロックはまだ引っ張ってます。ホワイトラインもきれい。マシンもタイヤにやさしいんでしょうし、グロックのドライビングもいいんでしょう。

Lap29 グロック、ようやくピットへ。再びソフト。7,8秒。
アウトラップをベッテルに突かれてあわや。アロンソも後ろから虎視眈々。が・・・抑えたか。

Lap30 一貴、ピットイン。

ポールはルイス 魅せたヤルノ、アロンソ Q3
2008年07月19日 (土) 22:04 | 編集
タイヤにやさしいフェラーリは、ソフトを使いこなしやすいってことか。キミ、ソフトでのコースイン。

残り3分。

アロンソ、この段階で2番手タイム。S3、低速コーナーがやっぱり速い!

さあ、いよいよ各車最終アタックです。アロンソは軽いだろうけど、でも! 実際問題、どこまで4強に割って入れるのか魅せてほしいなぁ。

キミがピリッとしませんねぇ。「どのみち1度タイトル獲ってるから(焦りはない)」って言ったそうですが、こういうのが影響してる気がするなぁ。

一方のマッサは、もうあとがない状態。モチベーションが違いますよね。絶対結果に現れるはず。だって、100分の1秒を競うスポーツなんですもん。

さあ、結果は・・・

ポールはルイス。フロントローにマッサ。セカンドローはヘイッキ、ヤルノ!

ヤルノさんやりましたねー

5番手はアロンソ。6番手にキミ。あ~あ・・・

しかし、順風満帆じゃない方がキミにとってはいい機運。まだあきらめるのは早いと思うな。



アロンソ、4強に食い込む Q2
2008年07月19日 (土) 21:46 | 編集
怒りのピケを抜く国際映像。どうするのかな。抗議するんでしょうか。

ニックをやたら抜くなーと思ってたら、ホームなんですね。彼を含め5人がドイツ出身。

ちなみに、視聴率ってどれくらいなんでしょうね。海外だと50%越えたりしてるもんね。5人も自国ドライバーがいると、どの程度上がるものなんだろ。

アロンソ、やっぱりハードだったんですね、Q1。他のクルマはほとんどソフトでのアタックだったのに。いかにもアロンソらしい。



さて、開始4分を切って、各車コースインし始めました。キミが一番乗りってのが珍しい。

ベッテルについての今宮さん解説。「よく踏んでる。オフの時間が短い」と。

DC、ピットにカメラ持ち込んで撮ってた、って。そういうモードで勝てるとは到底思えない。人間として気持ちはわかるけど、アスリートとしてはどうなの?

さあ、残り2分を切りました。4強以外、5番手以下は全車ラストアタックに向かいます。

結果は・・・

アロンソ、14秒台を出して4番手に入ってます。すごー。あのクルマでこのタイム! こういうミラクルが見たいんですよ、F1ファンは。

低速コーナーで魅せたらしい。すごい! 巧いなぁ。集中力のレベルの高さも。



KOは、グロック、ニック、ニコ、バトン、ブルデー。

ニック、つらいところ。マシンがねー。

ベッテル、見事Q3進出。ハジケた声が明るくていいね。

一貴、残念。 Q1
2008年07月19日 (土) 21:24 | 編集
風が強いですねー。
P3のあと、雨も少しあったとのこと。今後も何かありそうな空模様です。

気温23度、路面27度。かなり寒いということで、ハード、ミディアムのタイヤがどう機能するのかな。

ソフト側を巧く使いこなせたのはヘイッキだけだという解説陣。だからあの結果だったんですね。

ソフト、2周目だとムービングが出るとはマッサの弁。そのマッサ、まずはハードでトップタイムを塗り替えました。
ヘイッキはコンマ2秒差で2番手タイム。

ルイス、風をくらってオーバーラン。それくらい強いってことですね。なのに、一番時計を更新。やっぱホッケンハイムはマクラーレンなのかな。もともとメルセデスのテストサーキットだったしね。古い話ですが。

そのマクラーレン、低速区間で悪かったのを改善してきたんだそう。

最初のソフトはスーティル。オーバーランしたものの、11番手。フォースインディアはリアが逃げるんだそう。

ベッテルは15秒台に入れてきて5番手。やっぱいいなぁ。

さあ、残り5分を切りました。

日本勢はなかなか難しそうですねえ。ホームグランプリでもあるグロックが、まぁ頑張っているというところか。

・・・と思ったら、ヤルノさんもいい走り!

結果は・・・

一貴、ピケ、ケロ、スーティル、フィジコがKO。

トップは4強。続く5番手にベッテル。


・・・ピケがベッテルに対して抗議? 
不穏な無線がOAに乗りました。

Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。