F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明暗分かれたポディウム カナダGP決勝 Vol.5
2008年06月09日 (月) 03:54 | 編集
晴れやかな顔のクビサに対し、ブルーなニック。ファクターが1つズレたら、自分が優勝してたわけですもんね。まるでリタイヤしたかのようなヘコみっぷりに、さすがに胸が痛くなってしまう・・・。

DCはさすがに大人。見てる景色が違うんでしょう。

さあ、進行中の月を獅子座に擁した今日、運命の女神が微笑んだのはBMWでした。代表のマリオ・タイセンは獅子座。彼こそが今日、もっとも運のいい人物だったというわけです。

TOYOTAはよくやりました。このリザルトは立派。
HONDAは、今後再起を期待したいところ。

ルイスは、未熟な部分が出ましたね。キミはもらい事故。しかし、ギリギリ運の持ち主なだけに事故をもらいやすい傾向にあるのです。

キミの場合、今の時点で窮地にあるくらいの方が、最終的なチャンピオンシップには有利とみます。ギリギリ運って、リベンジ運でもあるので。順風満帆で中盤を折り返してるようでは、最終的に脱落してしまう可能性大。だから、まだもう少し静観しましょう。

あ、ファステストはキミが取ってますしね。

ルノーは確実にアロンソが底上げしてくれてる感じ。ピケがダメダメなだけに、アロンソの巧さが際だちます。

・・・ああ、コースになだれ込んでますね。昨年、私も入りましたよー。コースを埋め尽くす人の渦。感慨だ・・・

スポンサーサイト
念願の初優勝! カナダGP決勝 Vol.4
2008年06月09日 (月) 03:40 | 編集
Lap47 一貴、バトンと接触。ブレーキングポイントが難しくて・・・・ってことは、一貴のドライビングミスですか? 頑張ってたんですけどねー。リタイヤとなりました。

Lap48 クビサ、ピットイン。盤石なピット作業で評判のBMW、さあ、今回はどうか。7,5秒は普通かな。でも、トップをキープしたままコース復帰です。

さあ、優勝が見えてきた!

あっ・・・・
今日の進行中の月、獅子座なんですが、これって・・・
マリオ・タイセンだったのか!
だからチーム2台で1-2態勢。獅子座とアスペクトのいいクビサが優勝(ニックより今日の運勢がいいため)。
いやいや、まだわかりません。ファイナルラップまで、何が起こるかわかりませんからね。

Lap51 ターン10で三つどもえ! ケロとヘイッキがバトってるところへマッサ飛び込み、2台をごぼう抜き。これは魅せてくれました。

Lap52 フィジコがマシンを止めてます。単独スピンですね。トラブルかもしれません。
さあ、各車続々ピットイン。マッサも入ります。ヘイッキ、バトン、ウェバーも。SCが入る前のピットインならノー・ペナルティです。この辺はレース慣れしてるチームが強いか。
結果的に、SCは入らない模様。

Lap55 ウェバーがバトンを抜きました。が、怒ってるよーバトン。ピットアウト直後だったせいか。

クビサ、ニック、DCのトップ3台はもう余裕。4位ケロ、5位グロック、6位ヤルノもほぼ確定か。
DC、モチベーション自体がもうよくわからない状態でした(に見えました)が、長く続けてばチャンスも巡ってくるものなんですね。

Lap56 DC、一瞬挙動を乱してドキッとさせましたが・・・・集中力が切れてきたのかな。

ドラパのとき、車を降りて舗装路面を確認したのがBMWの2人だったという情報。「ミハエルならやってたはず」と今宮さんが補足。こういうのって大きいですよねー。見えない努力ってしておくもんだな。

Lap59 最後の最後、グロックにやられちゃったケロ。ヤルノにも抜かれてますね。いろんな意味でつらいのかも。自身も熱があるっていいますし。
HONDAvsTOYOTA、今回はTOYOTAに軍配。

Lap60 ヘイッキ、ニコを抜きましたね。ペースも悪そう。ベッテルに仕掛けた矢先、ヘイッキに先行を許しました。マシンの調子が悪いのかも。

Lap61 マッサがケロを抜いて6番手。ううむ、最後はグダグダか・・・。まあ、この段階で7番手にいたマッサもどうよって話ですが。

Lap64 ケロを猛追するベッテル。ベッテルに仕掛けるヘイッキ。

Lap66 ヘイッキ、ベッテルに仕掛けるがベッテル譲りません。ベッテルってほんと、結果出てないのに市場評価下がりませんよね? これが彼の運の良さだと思うなあ。(ピケなんて散々に言われちゃってます)

Lap67 マッサ、TOYOTAを食いに掛かる! ヤルノがまずやられて、次はグロックですが・・・
マッサのドライビングが光ってますね。

あ、フェラーリにレギュ違反の疑惑があるって、さらーっと言ってますね。絶対この話、出ると思ってました。ジャン・トッドなき今季、絶対言われるはず、って。叩きどきですもん。フェラーリなんて、何かやってるに違いないんですから(笑)。

Lap69 レッドブルに異変? しかしウェバーでした。

さあ、ファイナルラップ。
念願の初優勝は・・・・

今度はアロンソが・・・ カナダGP決勝 Vol.3
2008年06月09日 (月) 03:09 | 編集
Lap35 ケロ、ようやくピットへ。1ストップですね。暫定1番手はDCにバトンタッチ。

路面、そろそろヤバイですねー。

Lap37 DC、ベッテル、ピットへ。DCは1ストップですよ。なんで一貴もそうしなかったかなぁ。

暫定トップはヤルノ、2番手にグロック。しかしまだピットインしていないので、この2人は優勝戦線に絡みません。

と、いうことは・・・・
暫定4番手で、1ストップのニックが事実上の優勝候補。アロンソはもう1回入るのかな。

Lap39 ヤルノはピットインしたんですけどね。グロック、暫定1番手でまだノンストップ。グロックが消えれば、2番手のクビサがペースアップできるんですけど。

Lap41 ピケ、マシンをガレージへ。結局ダメだったんですね。彼の首はどこまで繋がるのか。

Lap42 ようやくグロックがピットへ。暫定1番手はクビサ。でももう1回入りますからね。2番手ニックとの差は11.6秒。てことは、1回入っても1-2フィニッシュが可能。

アロンソはもう1回かあ。その後ろにDC、こちらは1ストップ。ケロもですよね。ってことは・・・・
ニック-クビサ-DC-ケロ、ってリザルトも?! まあ、もうトラブルがなければって条件つきですが。

Lap43 アロンソ、ニックに仕掛ける! だがラインが乱れて失敗。なにせ重いですからね、ニック。「無理しないでアロンソに行かせてもいいぞ」って無線まで飛んでます。

Lap44 ああー、アロンソ、やっちゃった・・・。ニックに猛追してた矢先。エスケープゾーンまでマシンを持っていこうとするアロンソ。こういうとこ好きだなあ。
ギアボックストラブルの模様。これは仕方ないですね。

さあ、BMWの1-2フィニッシュが見えてきた! 
一貴、暫定2位走行。なのに・・・・ カナダGP決勝Vol.2
2008年06月09日 (月) 02:53 | 編集
結局、ルイスの信号見落としが原因だったんですね。昨年、マッサは信号無視で失格になってますし。

ああー、ルイス、キレてるよ(笑)。マシンを降りた自分を追うカメラを、左手で払いのけました。優勝間違いなしって感じですもんね。

Lap21 レース再開。トップのマシンの多くがピットインしたので、一貴は暫定3番手。
マッサ、またピットへ。給油してますね。

さあ、やっとモントリオールらしくなってきた。

Lap23 まだピットに入ってないとはいえ、暫定1番手のニックに有利な展開。2番手のケロが動く壁となって、3番手以下を押さえてくれてる状態。どんどん間隔が開いていきます。

一方、例の路面がそろそろヤバイか・・・・

Lap25 ベッテルがフィジコに仕掛けます。ニックは初優勝が見え始めた?! クビサのマシン、なんとなく不調出始めた感ありましたしね。
と、思ったら・・・

ピケ、単独スピンで止まっちゃいました。やっぱりねー。マシン損傷はありません。順位を大きく落としました。フラビオ、忌々しそうな顔。

Lap28 ニック、ピットへ。残念・・・・。せっかくマージン築き放題だったのに。
しかしたっぷり積みました。SC仕様ですね。
もしここでニックが優勝レースから脱落すれば、ア、アロンソ・・・もしかして?!

Lap29 ニック、フルタンでクビサの前に出ちゃいました。どこかで譲るかな?
その後ろにアロンソ。

Lap30 ニック、譲りましたね。しかしその後ろのアロンソには譲らない。ニック、42周分入れたってどんだけだよ! これで最後まで行くんですね。

1ストップ、2ストップ、各チームそれぞれ戦略分けてきてますから、今の暫定順位がそのまま最終的な順位へと繋がる可能性も十分。と、いうことは・・・・
一貴、2番手走行中! 1番手のケロが優勝するとは思いにくいけど(ごめん)、一貴、リザルトが楽しみです。

Lap33 一貴ピットへ。コース上ではマッサvsウェバー。
あれ? 一貴、ハードからハードに換えちゃった。ってことは、2ストップかー。リザルト的にも、奇跡は起きないって感じですね。12番手でコース復帰。これ、戦略ミスなんじゃないの?

最初のドラマは18周目 カナダGP決勝Vol.1
2008年06月09日 (月) 02:32 | 編集
まずは問題の路面について。結局応急処置にとどまった模様。「上塗り」って・・・・。あまりにお粗末な感ありますよねー。

ウェバーが「モトクロスで走らないとね」なんて言ってましたが、これは相当荒れるかも? それでなくてもSC稼働率高いのにね。

お、ケロが体調不良との情報。熱があってドラパに参加しなかったって・・・。バトンもギアボックスのみならず、なんだか総とっかえしてるみたいだし(ギヤレシオも変えたって、どんだけ迷走してるんだ)。

ルイス始め、ソフトもちらほら見られます。ヘイッキはハード。ルイスが軽タンでソフト、ヘイッキが積んでてハードなんですねきっと。

・・・・ああ、雨は降らないって予報が。ただ、この予報けっこうアテにならなかったりしますからね(笑)。

さあ、ブラックアウト。

アロンソ、マッサを押さえきりましたね。ヘイッキがケロを抜いた模様。トラブルなく走りきる1周目。珍しいですね。うーん、ある意味ドラパ2周目的な穏やかさ。

Lap3 最初に国際映像がフォーカスしたのはニックVSケロ。コンマ5秒の間隔でオーバーテイクのチャンスを狙います。10コーナー、ほんとなら抜きどころなんだろうけど・・・路面がねぇ。

Lap4 ニック、10コーナーでインを差しました。きれいなオーバーテイク。次は一貴なんだけど・・・ケロを抜けるかな? ニコは4番手走ってますからね。軽いんだろうけど。一貴、頑張らないとね。

Lap6 ルイス、早くも独走態勢確立の予感? いや、まだわかりませんよー。軽いんだから、きっと。

Lap9 アロンソvsマッサに加え、後方ではピケvsグロックのバトルも。ピケがグロックを抜いたんですね。やればできるじゃん(笑)。
というか、TOYOTAとルノーですからね。マシン的にはルノーの方が上なわけだし。前のヤルノも続けて攻略できないと、フラビオは満足しないはず。ヤルノ、今週末は不調ですからね。

Lap12 ケロ、動く壁状態で老獪に後続車を押さえてます。
ピケ、軽く接触しながらもヤルノを攻略。お、次は元祖動く壁のDCが(笑)。

Lap14 スーティルのマシンがコース脇に止まってます。最初の脱落者。トラブルみたいですね。最初は白煙、続いて黒煙が出たように見えますが・・・。

Lap15 クビサのマシン、不調? キミが猛追してきました。速さはさすがに赤が上。

Lap16 SC入りました。スーティルのトラブルですかね。ルイス、マージンがなくなっちゃいますね。
2ストップが不利との川井さん解説。1ストップだと影響受けないんですね。

Lap17 ペナルティ覚悟でのピットインはバトン。まあ、最後尾だから関係ないか。給油してないならペナはないのかな。

Lap18 ピットレーンオープン。各車、一気に入ります。ルイス、クビサ、キミ、・・・・
ああーっ、ピットの入り口でルイス、キミ接触! こんなことでリタイヤとは・・・。 
ポールはルイス! フロントローにクビサ Q3
2008年06月08日 (日) 03:06 | 編集
またまたお掃除してますね。

アスファルトの業者変えるしかないですねー、と川井さん。
今宮さんも、設備が古いことを指摘。

これについてはDCが厳しいこと言ってましたもんね。確か、(ドライバーにも)簡易トイレしかない、みたいな内容。どこまでが事実でどこからが大げさに言ってるだけなのか、不明だけど。

おっ! 今宮さんがバトンに対して辛口コメント。
マシンがダメダメってのが大前提ですが、ジェンスのドライビングも酷評してます。ほんと、「マシンがダメだから乗る気になれない」って感ありありですもんね。SAF1はダメダメマシンでアロンソを・・・(まだ言うか・笑)

セッション開始。

お掃除直後のクリーンな路面を確保しようと、マクの2台が真っ先にコースイン。

・・・・今宮さんの鋭い解説がおもしろい。

マク、ヘイッキが今ひとつなんですよね。てことは(逆に)ルイスがすごくいいのか?ってことになる。

あっという間にチェッカー。結果は・・・・

やっぱり来た、クビサ!

と、思ったら・・・・

最後はやっぱりルイス。ポールを持っていきました。けっこうタイム差ありますねえ。軽タンかな。

フロントローにクビサ。セカンドローはキミとアロンソ。ニコ、マッサ、ヘイッキと続きます。

マッサ、どうしちゃったの? 単に戦略的な問題?


やっぱり勝つ気だなー、ルイス。
でも、クビサが来る気がしてました。最後は、天候・温度と、それによる路面の剥がれ具合(笑)かな。

あと、アロンソとキミが不気味ですけどね。猛追してクラッシュ、ってこともあり得るしなあ。

雨、降るかな?
一貴、もうひと息! Q2
2008年06月08日 (日) 02:45 | 編集
ターン10をお掃除して、Q2スタート。舗装し直した部分の路面がはがれてるんですね。

プラットホームの電源落ちてるのは、ルノー? これは困った。

さあ、セッション開始です。

開始4分、ヤルノさんやっちゃいました。コース上にマシン止めて、・・・・あ、動き出した。よかった。

タイヤスモーク上げながらコースオフさせたのはアロンソ。攻めすぎたかな?(ごめん、マッサ。扱い違って・・・)

ニック、伸びませんね。今年のマシンはクビサ仕様なのかな。

一貴もねー。けっこう来てたんですけどね。Q2はさすがに苦しいか。さあ、ラストアタックの結果は・・・・ 12番手かぁ。

と、いうことで。

グロック、一貴、DC、最後にまたまた挙動を乱したヤルノ、そしてピケがKO。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。