F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マッサ、ツケを払った1勝目 バーレーンGP決勝
2008年04月06日 (日) 22:19 | 編集
ようやく勝てたマッサ。今までノーポイントでしたからね。これまでが異常だったということでしょう。
「砂が多いから、心から心配してました」とハミーに最後まで言わしめたマッサ(笑)。でも、ちゃんとできたもんね。ポカミスなかったもんね。コースオフもなかったもんね。ママもパパも大喜びでしょう。

2位はもちろん、キミ。マシンがイマイチ決まらなかったそうなので、今回は仕方なかったんでしょう。しかし次戦は! ・・・って、思ってるに違いありません。

3位はクビサ。4位にニック。イイ感じで来てますね。今期中に、1勝2勝、あるんじゃいかな。

6位にヤルノ。TOYOTAもメキメキ頭角を現し始めました。HONDAも悪くないんですけどね。今回はバトンが残念だったから、まだわかりません。

マクラーレンは、どうなんだろ? ヘイッキの5位がやっと。ハミルトンに至っては、どうなの?って感じだし。モズレーの一見にロンが絡んでるって噂もあるし、とにかくお家騒動が多すぎますよね。ヘイッキがファステストを刻んでますから速さはあるんですけどねー。

アロンソはトラブル抱えたマシンを砂嵐の中走らせて10位フィニッシュ。仕方ないとはいえ、つらいでしょうね。

ウィリアムズはニコが8位、一貴14位。一貴がんばれ!ってところでしょうか。

レッドブルは、ウェバーの7位がポテンシャルのあるところを見せてます。が、DCはどうなんでしょ? 含みがありすぎてもうよくわかりません。。。

トロは昨年の暫定マシンだからまだ論評できず。SAF1に至っては、ほんと、よくぞ完走させたってところです。

それにしても・・・・

マッサ、満面の笑み
スポンサーサイト
そしてやっぱりこうなった バーレーンGPVol.4
2008年04月06日 (日) 22:11 | 編集
Lap47 ヘイッキ、最後のピットイン。一貴は1ストップだったんですねー。

Lap48 ニック、ファステスト更新。いいなぁ!
アロンソはケロを押さえ込み中。ラスト9周、キツそうです。ああでも、ポイント圏外かぁ。厳しいですねー。

Lap49 ヘイッキが今度はファステスト。

オーバーテイクの可能性がある唯一のマシン、ケロVSアロンソを抜き続ける国際映像。クビサも頑張ってるんですけどね。キミに追いつくまではいかないですね。

Lap53 ようやくルイスが一貴をオーバーテイク。この辺で順位は安定かな。
・・・と思ったら、ハミーを中心としてみんながマッサのポカミス(笑)を心配してる・・・。愛すべきキャラ、マッサ。

ファイナルラップを迎え、クビサ、じわじわキミを追います。が・・・・
結局やっぱり・・・・

ベールを脱いだBMW バーレーンGPVol.3
2008年04月06日 (日) 21:48 | 編集
Lap34 マッサ、ファステストを更新。

Lap35 ヤルノさんの調子がいい! ヘイッキより各セクター、コンスタントに速いです。解説陣が一瞬固まったのがおもしろかった。
キミ、ファステスト更新。いいですねー、マッサとの攻防。コンマ5も速いよ。

Lap37 アロンソとグロッグの攻防を国際映像が捉えました。アロンソ、手負いのマシンですからね。仕方ないですねー。アロンソ、そのままピットへ。

Lap38 キミ、ピットへ。えええーーーーっ、キミ、軽かったの??・・・って、こればっかり(笑)。キミが速いと実力、マッサが速いと軽いって思っちゃう私。ほんと、マッサに申し訳ない・・・(笑)。

Lap39 マッサ、ピットイン。ハード装着してますが、ハミーが心配してます。ここで滑るなよ!(だから先入観・・・)

Lap40 クビサピットイン。ハードでコースへ戻ります。
「マッサ、ハードでもタイムが安定してますね」とつぶやいたハミー。・・・おもしろい(笑)。

Lap42 ピケ、マシンを降りています。マシンがイマイチだったですからねー。
ウェバー、ケロ、フィジもピットへ。

Lap43 ヤルノ、ピットへ。
ニックもクビサも、けっこうフェラーリと戦ってます。このGPに関しては、完璧に中団から抜きんでましたね。
・・・と思ったら、川井さんがさらにツッコんだコメントを。マクとBMW、果たしてどっちが速いのか的な・・・。同意するハミー。キタなマリオ・タイセン!

Lap45 琢磨、最後のピットへ。DCが後ろにいるってすごい。

攻防じわじわ バーレーンGPVol.2
2008年04月06日 (日) 21:27 | 編集
Lap18 クビサがオーバーラン。そしてさっきから危なかったバトンとDCが接触。マッサ、パーツ踏んじゃったか?
DC、バトンに抜かれそうになってフタを閉ざした感じですね。こないだも似たようなことがあって、「ミラーの位置が悪い」って指摘して直したばかりだったのに・・・
接触でDCが“残った”かたちになったのは、今日の星・牡羊座のアドバンテージ。対する山羊座は苦戦してますね。バトン、ルイス、一貴。

Lap20 ええーーーーーーーーっっ!!! キミからピットインしてるよぉ! 9,6秒。マッサに謝りたい・・・どうせ軽いんだ扱いしてホント、ごめんなさい。。。

同じくヤルノ、アロンソもピットへ。アロンソもこんなもんだったのかー。いやー、先入観って恐ろしい・・・。

バトン、またピットイン・・・かと思ったらガレージへ。仕方ない。ツイてないときってそういうモンです。

Lap21 マッサ、ピットイン。ニック(8,8)とヘイッキも。DCも、これは予定通りのピットインでしょうね。

Lap22 ウェバー、ピットイン(8,3)。フィジ、ケロが同時にピットイン。

あ・・・・ルイスが地味にアンソニーを抜いてます。こんなに沈んじゃってるルイス。次は琢磨か・・・
琢磨、「絶叫マシンに乗ってるみたいです」って言ったんだそう! 素敵。一回他のドライバーに運転させたい♪ ルイスにもすぐに譲らなかったし。それについて怒るなんて、ルイス、勘違いもはなはだしいぞ~!

「華やかさに欠けるけどステディな運転」とは、ハミーのグロッグ評。なるほどー。わかりやすい!

Lap28 一貴がどんどんペース上げてますね。まだピットインしてませんから、軽くなった今ががんばりどき。

しかし、ルイスはなかなかフィジが抜けませんねー。マシンパフォーマンスがあんなに違うのに。まあねー。ラインはずすと命乗りですからね。

Lap30 ようやくフィジをかわしたと思ったら、まだフィジはルイスを追ってます。いいなぁ、がんばれフィジ!

Lap31 キミがマッサにじわじわと近づいてます。セクターごとのタイムが揃わないことについて、ハミーの興味深い解説。「だんだん軽くなってきて踏めるようになる」って感じじゃないそう。行けるかと思って次のラップに入ると、思いの外ダスティでまた慎重になる・・・とのこと。こういう微調整、マッサは苦手そうですもんね。

Lap32 ルイス(9,4)、ハード装着。一貴、9,7。1ストップか。
スタートで明暗わかれる バーレーンGPVol.1
2008年04月06日 (日) 21:02 | 編集
風強いですねー。砂埃もすごそう。
ハードはニコ、ピケ、トロの2台。ほとんどがソフト装着での第1スティント。
そのピケ、2速に入らないとのチームラジオ。

さあ、第1コーナーでクビサ粘れるか! 最初の見物はそこですね。


・・・ダメだ。やっぱり、すぐやられちゃったよ・・・。ルイスも、どうしたんでしょうね。ストール寸前でした。ま、結局フェラーリが飛ばしちゃいそうなイキオイで最初の見所が終了。

琢磨は得意のロケット・スタート。16番手まで順位を上げています。・・・・あっ・・・・

パーツまき散らしてるハミルトン。続いてピケがスピン。・・・・いや、接触はアロンソとだそう。てことはこのスピンはどっち? 地上波を待ちましょう。

Lap2 キミがクビサを交わします。きれいなオーバーテイク。てか、クビサに何か?
  ハミルトンもピットへ。さあ、荒れてきた!

ところで琢磨、一貴の前にいるんですけどね。地上波では右京さんあたりが指摘してくださればいいんだけど・・・

Lap5 マッサ、得意の勝ちパターンを確立しつつあります。クビサのペースは戻ってきたけれど、コース上でフェラーリを抜くまでにはいかないか。

Lap7 マッサ、キミよりコンマ8秒速い。解説陣は「マシンがキマってる」説ですが、どうなのかなー。軽いんじゃないの?(いやいや、速いのは事実ですけどねー)

ああ、琢磨、一貴に抜かれてしまいましたね。マシンが違うから仕方ない。

Lap14 膠着状態が続きます。
リアが壊れてるのにオーバーステア気味、とツッコまれてるアロンソ。
舞い飛ぶ砂嵐が、まるで飛沫みたいだなと思ってたら、「フィジコは雨などの悪状況に強い」とのお話。すべるんでしょうねー、路面。

Lap17 クビサピットイン。さあ、そろそろ動き始めましたね。8,9秒。
 続いてニコ、ソフトで9,1秒。
やっと獲った! クビサ、初ポール Q3
2008年04月05日 (土) 21:09 | 編集
一貴、手だれた戦闘力が足りないのかもしれませんねー。トラフィックを計算に入れて、それでも突っ切っていく力、といういか。初々しくていいんだけど、トップに上り詰めるには(そしてとりあえずニコを凌ぐには)。

残り3分を切って、各車最後のアタックへ。

クビサ、やっぱり軽いんだな~。キミは積んでる模様。こないだ、ちょっとミスして2番手でしたもんね。「ミスがなかったらもっといけていた」ってプレカンで言ってたもんね。ポール獲りにいったのに逃した、その経験が生きたんですね。

クビサ、初ポールおめでとう! フロントローにマッサ、ルイス、キミがセカンドロー。

マッサはミスが響きましたね。得意の勝ちパターン、ポール・トゥ・ウィンを狙ったんでしょうが失敗しました。

アロンソはたっぷり積んでの10番グリッド。ニックもそこそこ積んでるんじゃないかな~

アロンソ、さすがの底力 Q2
2008年04月05日 (土) 20:51 | 編集
おおーっ、俯瞰してるブルデーのチームラジオ。メガネの奥で冷静にカウントしてるんでしょうねぇ。どうやってもベストは12番手、か。だったらタイヤをセーブして1回でキメる? ・・・か。なるほど。

さあ、マッサが本気でちぎりまくってます(笑)。やっぱりこうでなくちゃね。

BMW、クビサとニックとで明暗分けてますねー。ニコと一貴も、ちょっと差があるのが気になります。このニコとのタイム差が大切なのに。乗ってるクルマが違うドライバーと比べてる場合じゃないのにね。

さあ、手に汗握る最終アタック。

アロンソ、トラクションのかからないクルマで走ってるそうですよ! ほんと、SAF1じゃないけど、ここまで暴れん坊のクルマ、他のドライバーに果たして乗りこなせるか・・・って言いたいですよねぇ(笑)。フェラーリやマクラーレンに乗れたら、誰だってある程度のタイム出しますよ、F1にまで上がってこれるドライバーなら(あれ? なんかボヤいてる? 私・^-^;)。

結果は・・・

たぶんトラフィックに引っかかったのかな?って感じの一貴は16番手、「うまくいって12番手」と予測していたブルデーは15番手でKO。ピケ、グロック、ケロ、ウェバーもここまででした。

アロンソはさすが。こんなトンデモ車でもQ2通過とは、元チャンプの底力。
そのアロンソ、フルタンだったって!(カッコいい~ ウェバーより20kgは重いはず・笑。もちろんピケよりもずーーーっと)
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。