F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本GP@富士を終えて
2008年10月13日 (月) 15:45 | 編集
終わりましたねー、日本GP

こんなに快適で、こんなにエキサイティングで、こんなに素晴らしいGPになろうとは。



まず最初に・・・・


関係者の皆さん、お疲れさまでした。

バスの誘導をしてくださったボランティアの皆さん。
運転手さん。
サーキットスタッフの皆さん。
警備の皆さん。
売店のお兄さん、お姉さん。
その他、もうありとあらゆる人たちが、全員、ひとりの例外もなく、真摯で、誠実で、感じがよかった



昨年があんな状態で、それをここまで持ってくるのはさぞかし大変だったでしょう。

おそらく、社内でこの甚大な作業を任された責任担当者の方がいて、その方をヘッドに、すべてが回っていったんでしょうね。

昨年の不満を書き込んだサイトを逐一チェックし、集められた苦情メールに目を通し、様々な不満・改善案を熟知し、
その中からあらゆる対策を探っていかれたのではないでしょうか。


・・・・ちょっと、プロジェクトX風(笑)。



何より感動したのは、昨年いちばん欠如していた「おもてなしの精神」が隅々まで浸透していたこと。


ハードはカイゼンできても、ソフトをカイゼンするってたいへんだったと思うんです。

でもでも!!

全員がすばらしかったって、どういうこと?





あるところで、運営スタッフの方の書き込みを拝見しました。
そこには、
「みんなが一丸となって、心をひとつにして取り組んだ」こと。
「成功したのは観客のみなさんのおかげ」と記されていたことが、胸を打ちました。


みなさん、ハートを持って取り組まれていたのですね・・・



それがないと、うまくいきませんよね。
上っ面のハード補充的カイゼンは、その嘘くささを見抜かれてしまうものです。

でも、今回はそうじゃなかった。




関係者の皆さん、ほんとうにお疲れさまでした。

今年の富士は100点満点でした。何の不満もありません。

海外のGPと比べても、1,2を争うくらいのホスピタリティだったと思います。



でも・・・


ファンの中には、こんな意見もまだ根強くあることを、忘れないでくださいね。

「こんなにできるなら、昨年からそうしてくれればよかったのに」

「今年100点でも、昨年はマイナス300点だったから、まだまだだ」







とはいえ、昨年のレース後にあちこちで言われていた、
「もうTOYOTA車なんて絶対に買わない」という辛口意見は、
これで影を潜めたと思います。

世界のTOYOTAがどれだけ優秀で、力があって、ホスピタリティに満ちているかということが、
わかりやすく証明できたわけですものね。



あーでも、純粋に驚いた。

がんばればここまでできるものなのか!!!







ほんとうにありがとうございました。

関係者の皆さん、観客の皆さん。

見事なレース運びで、GPに完璧な結末をもたらしてくれたアロンソ

そして、ウィニングラン中のアロンソを、右手をぶんぶん振り回しながら祝福してくださったマーシャルの皆さん



おかげで、最高のGPを満喫できました

スポンサーサイト
富士@土曜日
2008年10月11日 (土) 22:35 | 編集
午前中軽くウェットだったことを除けば、何の問題もない観戦日和♪

土曜日もまた、ウソのように快適に過ぎていったのでした。


朝、平日である金曜日に比べ、道路は渋滞なし。
三島から90分という予定時間が、約1時間ほどでサーキットに到着。


私の席は、レッドブルのピット前。なんと前から2列目です(!)。マシンが近くていいというか、金網がちょい邪魔というか。

でもでも、私は物事のプラス局面をめいっぱい大事にしたい人間なので(めでたい)、なんだかワクワクでした



とはいえ、午前中は雨だったので、屋根のあるエリアに避難して観戦。そうしてる人、すごく多かったです。指定席なのに、折り畳み椅子持参してる強者とか(笑)。


さて。
肝心のレースですが・・・


P3、一番時計はクビサでしたね。各車いろんなことを試しつつ、でも午後は晴れるだろうし、あんまりウェットで走っても仕方ないし・・・・って流れだったみたいですね。


でも、それでもいいタイムを出せるのはそれだけクルマが決まってるから。もちろん、本人の腕は言わずもがなだけど。


グロック、2番時計来ましたねー
私のプチ予言、僭越ながら当たったと言っちゃっていいっすか?(うぃっしゅ



そして、午後。
もちろん、ポールはルイスです。
これも、当たったと言っちゃっていいっすかマジで?(くどい)


てゆーか。
ルイス以外の人を予測する方が斬新ですけどね。

でも、予想外のことがバンバン現実のものとなるのがF1。
まだまだわかりません。





あーでも、現地で観てるといろいろ思うところあります。

目で見える速さ、というかオーラというか。
300キロ越えてるのに、止まって見えるような神々しさというか。



 神走り



っていうんですかね。


1年前までダッサダサのカラーリングがアウトって感じに見えていたあのルノーが、今やどこよりもおしゃれで素敵なシャシーに見える。



さすが、1国2開催にした男。

国王よりも人気のある男。



・・・・すごい



あの程度のマシンであの完成度。フェラーリやマクラーレンに比べてまったく見劣りのしないパフォーマンス。


ほんっと、神々しかったです。


ほかには、「本気で走ればすごいんだけど、ちょい流してる感じのキミ」とか、「まぁ最近よくなってはきたけど、結果論で言うと普通に巧いよね」なオチ的マッサ、「キレてて才能あるとは思うけど、正直思い入れる気になれない」ルイス。

こんなところが気になりましたねー。



あとは、一貴。

なんかもう、健気でねぇ。。。
すっごいもの双肩に乗っけて走ってるんだと思うんですよ。背負いすぎですよ。

でも、スクール時代から走り込んでるサーキット。山羊座の場合、「経験がある」と思えることは何よりの自信に繋がるんです。

さらに、彼は「根拠のない自信」を持てないタイプなので(持つ人いっぱいいます。てゆーか、人目に触れる職業の人は、これがあった方がいい)、その思い(=事実)が何より力になるんでしょうね。



で。

ダブルでニコ抜き。


よくやった


オーラとはったりでぐぉぉぉん・・・っていくドライバーではないので、1戦1戦、足場を作りながら経験していくしかないんですよね。

間違いなく今年のメインイベントなんで、集中して、後悔のない走りを見せて欲しいですね。







それにしても。

1コーナーに琢磨横断幕がずらずら~~~~って掲げられてたんですけど、あれ、カメラに抜かれました? まだ全部録画チェキしてないんで、ちょっと確認できてないんですが・・・


抜いてよね、あれ!
ファンが琢磨を待ってるってこと、世界中の人に示してほしいなぁ。

今、日本の星である琢磨を乗せたら、レッドブルがどれだけ売れるかってことをマテシッツさんにアピりたいですよねぇ。。。





そんなこんなで。

渋滞もなく帰宅し、帰りの「こだま」でも無事座れ、するーっと(まるでバトン様のように)帰宅した私です。



明日はいよいよ決勝。どれくらい入るのかなー。
金曜日3万、土曜日5万、日曜日7万くらいかな??
(注:あくまでも私の体感です)

富士@金曜日
2008年10月10日 (金) 22:44 | 編集
さて、そんなこんなで金曜日。

私は三島組でした。

新幹線の中で、F友Mさんに偶然出会ってびっくり。始発に乗ったせいかな



Mさん、その後もグッジョブが続きます。なぜなら・・・・



三島からバスに乗るわけなんですが、いよいよサーキットゲートに近づいたその瞬間、ふいに私の腕をポンと叩いて・・・・・



     「キミだ



え??? と促される方を見ると、信号待ちで止まってるバスの前を横切るマセラティ。その窓から、キミ様のクールなお顔が覗いていたのでした。



イチバン前に座って、よかったぁーーーーーー!!!!(世陸を越えた)





と、いうわけで。

なんだか華やかな気持ちでサーキットに到着。

前エントリで軽くレポしたように、関係者の皆さんが全員、ひとりの例外もなく、一所懸命で感じがよくてステキです




配布された冊子をみると、グラスタ裏でレッドブリテンの配布があるとの情報。それを受け、まずはグラスタへと向かう私たち。


ほんとはS3とか見たかったんですけどね~。

よく今宮さんとかが、


「P1はボク、最終コーナーで見てたんですが・・・・」


なんておっしゃいますが、ほんっとにうらやましい



なんといっても、今私たちがいるのはFSW。
今は完璧に思えても、これから何があるかわかりません(笑)。
一番大切なのは、



体力温存



なのです(そこか!)。


コースをぐるっと回って、気になるエリアでじっくり観戦したいですよー。

でも、それによって体力消耗したら・・・・
万が一、運悪くバスを5時間待つハメになったら(しかも極寒の中)

それで自分がダウンしたら、自己管理能力のなさを笑われるだけ。



と、いうわけで。

レース的には面白味に欠けるけど、グラスタで体力温存しつつ、ピット作業とスタート練習(これはおもしろかった!)を見守ることに。




あ、肝心のレッドブリテンですが・・・・



ブースはすぐわかったんです。

でも、トツゲキしても人影はなし。

思い切って中に入ってみたら・・・・(よくやった)



外国人率100%のスタッフがPCに向かっています。
たぶん、レッドブリテン作ってるんですね。

で、何人かが私を見る。
でも、誰も注意しない。

それどころか、なんだか笑顔


ステキ


まぁ、結果から言うとですねー、
その後金髪碧眼のスタッフに尋ねたところ、

「今日のはパドックに配っただけなんだ。
明日はその辺でみんなに配るからね。
ごめんね。アリガト


ワカリマシター

明日、もいちど行きますね







P2終了後、小雨パラつく中バスに乗った私たち。

新幹線で座れなかったことを除けば、何の問題もなく金曜日が過ぎていきました。






そして。

帰宅してCSチェキしながらこれを打っています。



いろんなコーナー、おもしろい!!!



明日、行ってみようかなぁ。

でも、雨だったらなぁ・・・。

曇ってたら極寒だし、晴れてたら南国状態だし。

山の天気は難しいしなぁ・・・。




しかし。

土屋さんの解説、すっごくおもしろいですね!

ドライバーとしての視点、感想。

アナリストをぶっちぎる勢いのリアリティ。そして表現力。



みんながF1を愛してて、ばかみたいに細かいことにこだわってていちいち感激してる姿勢に、


感激した。。。









と、いうわけで。


明日の予選、どうなるでしょうね。

進行中の月は魚座。


ってことは・・・・


誕生日の月を魚座に持つルイス。
太陽を魚座に持つグロック。

この2人が主役になるんじゃないかな。



ルイス優勝、グロック2位・・・・・とかだったら、TOYOTA祭りですよねぇ。。。。


FSW@金曜日
2008年10月10日 (金) 22:16 | 編集
行って来ました

2年目FSW。





カイゼン具合については、日曜日夜を無事終えた段階じゃないと言えないですよねきっと。


でも・・・・



今日の時点では、とてつもないカイゼンぶりです。




人がみんないい



ボランティアの皆さん。
売店のお兄さん、お姉さん。
バスの運転手さん。
サーキットであれこれ雑務をこなしてくださってる皆さん。


皆さん、笑顔で明るくて礼儀正しくてお声がけしてくださるんです



きっと、ひとりひとりの中で、昨年のことがトラウマになってるんじゃないかな。


もう、それだけで感動だ。



金曜日は完璧でした。

ボランティアの皆さん、関係者の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。





明日もよろしくお願いします。
木曜の夜。
2008年10月10日 (金) 01:07 | 編集
いよいよですね~

いろんなところで、ファンの皆さんがワクワクしておられるのを見るとテンションあがります



でもね。

そういう人多いと思うんですけど、
仕事が立て込んできて、心労6G相当(あちゃー)。



軽やかに富士へと向かいたいんですけどね。

とりあえず仕事が・・・・




大人になるってたいへんね。



でも。

行っちゃおうかな。

明日、やっぱ行っちゃおうかな・・・



注:チケットはもちろん持ってます






昨年の金曜日はほんっっっとに爽快でしたね!

快晴で。

バス待ちもまぁ許容の範囲内で。





S3あたりをあちこちうろついて、FSWを満喫してました。






金曜日、私は好きだなぁ。


人もまだ少ないので、いろんな意味で混乱が少ないですよね(いろんな意味です)。





・・・・・ふぅ。

あれこれ考えながら、もうちょっと仕事することにします。


皆さんも、どうか万全の準備で臨んでくださいね!



(雨、降らないといいですねー



いよいよ。
2008年10月07日 (火) 03:53 | 編集
始まりましたね~。あちこちでイベント

行きたいのはやまやまなんですけどね。
丁度運悪く(ということもないが)仕事が立て込んできたりして。


でも、それでもウキウキします。

もうすぐF1


昨夜でしたか、CXで特番やってましたねー。


ツッコミどことは満載でしたが、一番おもしろかったのは・・・・


セナという名前の少年にアドバイスを与えるジェンスの言葉。

少年「どうしたらカートで速く走れますか?」

ジェンス「なるべくスムースに走行することだよ。タイヤにやさしく、シャシーにやさしく・・・・」







ジェンス。


こんときからかーーーー




伝家の宝刀、スムース走行。
抜かせてあげても抜きません(え?)。


もう、ひとりでツッコんじゃいました(笑)。



よいなぁ、日本GP直前
FSWカイゼン案提示
2008年02月21日 (木) 11:01 | 編集
2008年日本GP概要が発表になりましたね。どの程度“上”の方々に惨状が伝わったのか不明だと思っていたけれど・・・・少しは伝わってるのかなぁ?

HPのURL、ほんとにkaizenって入ってます・・・

2008年F1日本GPに向けて

やる気を見せてくれたのはわかるけど、実際にできるかどうかはまた別問題。

たとえば「現地スタッフの増強と訓練の徹底」と掲げてますが、「徹底」するためのスキルやシステムは? それが確立されていないのでは、看板だけ掲げたって意味ないですよねぇ。

バスを駐車場に待機させるって・・・・うーん、雨の日に濡れない、って発想はいいと思うんだけど、あそこにどれくらい入りきるんだろ? いろんな改善策、裏付けがあって発表してるのか疑問。。。

行くべきか、見送るべきか、それが問題だ。(昨年は見送るべきだった・・・・駐車場で5時間はキツかった・・・)
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。