F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これがタイトルだ! キミ初栄冠達成 ブラジルGP決勝
2007年10月22日 (月) 03:40 | 編集
これがタイトルだ。レース中盤を過ぎた頃、じわじわと私の中にこみあげてきたのがこの思いでした。

見事だったフェラーリマジック

運命の2度目のピットストップ。マッサが先に入り、キミが渾身アタックで間隔を詰め、そのままピットを経てコースに戻ろうとしたとき・・・・ほんの鼻先差で、マッサの前に滑り込んだ鮮やかさ。

これぞフェラーリマジック!
これぞフェラーリドライバー!

ミハエルが当たり前のようにやってきた“フェラーリの基本”。それをこなせるだけの技量・精神力を合わせ持った希有なドライバーが、キミであり、マッサであったという事実。

いつだったか、「ほんの少し」足りなくてこのストラテジが失敗したこともありました。一見、できて当然のように見えるけど、決してそうじゃない。少なくとも、今のハミルトンにはできない。それを、彼自身が自己申告してしまったレースでもありました。

ハミルトンを自滅に導いたもの

ハミルトンはおろか、アロンソからもタイトルをもぎ取っていったのは、ロン・デニスだったのではないでしょうか。明らかなチーム内のえこひいき。そう言ってしまうと子供の不満のように聞こえるけれど、決してそうじゃない。

チーム力が大切なF1という競技で、チームの関心・愛情が片方のドライバーに傾いているという状況がどんなに異常か。もうひとりのドライバー(しかもチャンピオン!)にとってどんなに受け容れがたいことか。

きっと契約のときはもっと甘い顔してたはず。でなければ、あんな形でフラビオを蹴って移籍したりしないでしょう。富士GPの失敗と同じくらい、許せないことです(CSとはいえ、公共の電波に乗せて「富士の不祥事」と言い切った今宮さんはすごい!)。

中国GPに続いて、ブラジルでもまさかのオーバーランを犯したハミルトン。ミスというほどではなかったでしょうが、いわゆる「プレッシャーに潰された」心理状態を誘発させたのは、ロンの甘やかし政策にあった気がしてなりません。TCの異常(によるスローダウン)は、神様がロンに与えた警告だったのでは。

“負けなかった”アロンソの意地

タイトルこそ逃したものの、レースではハミルトンの上位に立ち、辛くもポディウムをもぎ取ったアロンソ。とても誇らしげに見えました。

チーム力が大切なF1で、文字通りの孤立無援状態にありながら、おそらくは我が身ひとつで(担当エンジニアの協力くらいはあったと思いたい)ここまで踏ん張ったアロンソ。キミが環境に恵まれてタイトルを手にしたことを考えると、アロンソの実力、精神力はいかばかりかと感心しきりです。

カナダGPマクラーレンのピット前で観戦した私は、アロンソとハミルトンのピットの温度差を肌で体感してきました。6月の時点で、アロンソ周辺は完全に冷え切ってました。

そしてインテルラゴスでも、ハミルトンのピットでロンの家族がルイスと談笑している画がOAされましたよね。これが何を意味するのか、ファンならよーーくわかるはず。

来季に期待の新世代たち

ニコ、クビサの攻防は見ていて楽しめました。一貴の走りも、来季を期待させるものでした。

新世代ではないけれど、琢磨の粘りも素晴らしかった。スタートでいきなり13番手にジャンプアップ。その後いったんペースを落としますが、いち早くスーパーソフトを穿いてラップタイムを更新していったのはさすがです。

マシンにこそ恵まれていませんが、いいクルマに乗せたら確実に結果を出すだろうと思わせました。

                        

しかし、見応えのあった最終戦でした。キミの見事な走りには正直しびれた! いろいろ書いてきましたが、今日は純粋に「キミ、かっこいい!」でいい気がします(笑)。キミの正確なライン取り、シャープでキレのある走りが存分に堪能できたのでは。

それに、普段はお酒大好き、ゴリラのかぶりもの大好き、時にはマジックショーでやらせまでやっちゃうお茶目っぷりはやっぱり憎めない。「ジェームス・ハント」の名前で(笑)スノボ(でしたっけ?)ですか。いいじゃない、それでタイトル獲っちゃうんだから。結果をきちんと出して、マッサにとっても感謝していたところが素敵です。

そして、ポディウムとプレカンでひとり複雑な表情だったマッサには尊敬の念すら覚えました。仕事をカンペキに果たした仕事人の顔。これに甘んじるとケロになっちゃうんで(ケロも好きですよ私は)、来季のシートがもし得られれば(身売りに出されなければ)、改めてタイトルを狙って欲しいですね。
スポンサーサイト
マッサ、狙って獲った! Q3
2007年10月21日 (日) 02:07 | 編集
ハミルトンはソフト、アロンソはハードでスタンバってます。フェラーリ以下、他のマシンもハードが多いですね。

・・・・しかし、このバーンノフというのは・・・・なくなる方向で行くのは正解ですね。まあ、走るマシンを見てられる時間って意味では貴重かもしれませんが。でも、そういう精神状態でもないしね。ファンだって。

さあ、いよいよ各車ピットイン。これからが本当の戦いです。
だけどなぜ2台揃って? マクラーレン。微妙にハミルトンが先なのも気になる・・・。

結果は・・・・

マッサ、KYで・・・ってこともないけど(笑)、非の打ち所のないラップでポール奪取。これは仕方ないな。軽かった速かったもの。

フロントローにハミルトン。セカンドローにキミ、アロンソ。
これでタイトル決まったか・・・・。なんか脱力。

いや、でもレースを見据えてアロンソが積んでたとして・・・・でもその意味はあるのか?うーん。。。。川井さんの解説聞いてると余計にわからなくなったし。。。

今夜はサンパウロはお祭りですね。すごい歓声だ。
いよいよ大詰めへ Q2
2007年10月21日 (日) 01:40 | 編集
そう、アロンソはハード好き。これについて解説陣がいろいろ言ってますが、前々から彼はハードがお気に入りなんです。・・・あ、やっと小倉さんがまとめてくれた。そうそう、そうなんですよね。

ただ、コンマ3秒違うならソフトで行った方がいいですよね、Q3は。とにかくハミルトンより前を取らないといけないわけですから。そこんとこどうするのかが見物。

結果は・・・・

HONDAの2台は脱落。ケロ、ホームだったんですが残念。TOYOTAはラルフがKOでトゥルーリがQ3へ。明暗を分けました。

しかし、4強が4番手まで取っちゃうわけですからね。そう考えるといかに狭き門かわかります。結局ニコはQ3まで行っちゃったなぁ。一貴、無念でしょう。
一貴残念 Q1
2007年10月21日 (日) 01:19 | 編集
またしても一貴から始まった国際映像。かつてパパがセナのチームメイトだったせいでしょうか。眼力があって、すでに戦闘モード入ってます。

ハードはあったまりが悪い、と解説陣。2周目の方がいいみたいですね。
しかし、トラフィックでみんな引っかかってます。

結果は・・・・

琢磨、一貴、左近の3人は残念ながらKO。現実は厳しい。
一貴は、軽タンでイッパツをやったことがないとのこと。これでフランク卿が来季を判断してしまわないことを祈る・・・。
決戦迫る FP3
2007年10月20日 (土) 23:22 | 編集
フェラーリvsマクラーレン一騎打ち。次点のチームとはコンマ5秒離して、2チームのタイムが拮抗しています。

トップタイムはマッサ。コンマ1秒遅れてハミルトン。ハミルトンと100分の1秒差でキミ。アロンソは8番手に終わりましたが、トラフィックだろうという話。・・・でも、何やらピットでいじってませんでしたか? ちょっと気にならないでもない。

ケロの6番手も、現状を考えればいいところ(ケロJr.かわいかったですね♪)。

ニコ10番手、中嶋19番手と差がありますが、終盤までは似たようなタイムだったんですよね。最後のスーパーソフト一発で差が出た模様。確かに、中嶋は昨日もロングランに終始してたし、特に予選の戦い方に関しては未知数なのかも。

でも、現地映像に切り替わった直後に抜かれたのが中嶋ですよ。うれしいですよね。琢磨のオンボードもけっこう長く映してたし。ブラジルの中継(地元局の仕切ですよね)、音声が途切れたり、場面が変わったときに音がガッと大きくなるなど、粗いですが、まあよしとしよう(笑)。

さて、スーパーソフトの持ちがどの程度かって問題がひとつありますね。一発タイムを出すには、「2周は持たない」って川井さんが言ってましたが。

いよいよ予選は2時間後。ショートサーキットだから、やっぱりポールが有利なんだろうなぁ。キミかなぁ。どうかなぁ。・・・・
今度はハミルトン FP2
2007年10月20日 (土) 02:40 | 編集
金曜日はエンジン関係ないんですね~。
・・・って気づいた途端、今度はアロンソ走ってます。
そしてハミルトンも。FP1では走らなかったニックとクビサも。

いよいよガチになってきた!(あくまでも気分♪)

FP1同様、小雨パラつく天候なんでしょうか。この辺の微妙なところは、明日の今宮さん解説を待つ感じですね。

開始1時間を切ったあたりで、すでにガチ(だから気分がね♪)。ハミルトンが、マッサが、キミが、アロンソが、上位でしのぎを削ります。
しかし、BMW速いですね。ニックとクビサが4強に割って入って来てます。

しかし・・・ハミルトン速い。Live Timingから彼の勝ち気さが立ち上ってくるよう。

結果は・・・・

                        

一番時計にハミルトン。コンマ1秒差でアロンソ。そしてマッサ、キミと4強が上位を占めます。

FP1ではフェラーリ1-2、そしてFP2ではマクラーレンが1-2。タイヤに厳しいとはいえ、舗装されてバンピーな感じがなくなったインテルラゴス。下馬評ではフェラーリって噂もあるけど、実際のところ、どちらが有利なんでしょうか。

続いて、キミからコンマ4秒以上遅れてフィジが5番手。クビサ、ニコときて・・・・

中嶋、ニコと100分の1秒差で8番手。立派なもんです。雨の中嶋・・・・素でうれしいなぁ。

琢磨18番手、アンソニー19番手、左近22番手。
まだ金曜日ですからね。


さあ、微妙に時差を作りながら仕事もこなしていかないとね。
そして、セナのことも考えたい。。。
ポディウム・ワイン
2007年10月19日 (金) 23:06 | 編集
準備周到。

podium wine


向かって右は、“シュー様がパレット買いしてる”と冠して売られているエディツィオーネ。プライベートでも飲んでるし、カートセンターのレストランでも出していると書いてあります。

左は、ジャケ買いならぬラベル買い(笑)。だってポディウムですよ奥さん!

あさっての夜、私は誰を祝って飲むんでしょう?
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。