F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瞬きも許さなかった名レース 中国GP決勝
2007年10月07日 (日) 17:42 | 編集
なんというドラマティックなレース。ある意味、モントリオール以上におもしろいレースだったのではないでしょうか。

予想を遙かに覆した、ハミルトンのリタイヤ。そして、こちらは予想通りの、昨年末時点でのチャンプ候補だったキミ&アロンソの凄まじい走り。

雨による動きが出始めた中盤以降、テレビとLive Timingの前にピタリとはりついて動けなくなったのは私だけではないはず。この状態に君が代がついてきた昨年のハンガリーは究極の結末でしたが、まあ、それは置くとしても、瞬きも許さないくらい凄まじい展開だったことは事実。

キミの完璧な美しさ

マシンが決まったときのキミは恐ろしい。美しく無駄なく、鋭利なラインで周回を重ねます。マッサの根性走りも迫力あるけれど、やっぱり、キミの他を圧倒するような切れ味は凄いと痛感させられました。

アロンソの渾身ラップ

路面が渇き始めて、ソフトを装着したマッサとキミに対し、アロンソはお気に入りのハードで勝負。普通ならタイム差を開けられるところなのに、この時点でもっとも速いラップを刻んだのはアロンソ。文字通り、人生の全てを賭けてアクセルを踏んだんでしょう。そのギリギリ感、突き抜けたドライバーの魂を見た気がしました。

ベッテルの健闘

昨年から、凄い凄いと言われてきたにも拘わらず、ハミルトンの天才っぷりにすっかりやられてた感のあるベッテル。ようやく面目躍如となりました。チェッカーを受けたあとの若さ迸る絶叫、ひたすら可愛かったですね。

バトンの健闘

昨年のハンガリーとよく似た展開。もう一波乱あれば、十分にポディウムのチャンスはありました。今年は攻めに攻めたがゆえにハズしたHONDAですが、来季への望みを繋ぎました。

ラルフ、有終の美

自らのホームページでTOYOTAを去ることを(半ばフライング気味に)告白したラルフ。やる気のあるときとない(?)ときとで走りにバラつきがあるのが難点でしたが、今日のレースは切れ味爽快。これで年俸が今の半額くらいだったら(!)、まだまだシートはあるんじゃないかなぁと思わせました。

中盤勢の攻防

来季のシートを賭けて闘ったリウッツィにフィジコ、ここのところの好調を維持すべく粘ったヘイッキ、一時はラップリーダーとしてレースを引っ張ったクビサ、あと一歩のところまで頑張ったニコなど、中盤勢の闘いも実におもしろかったです。

粘りの琢磨

マシンの状態がよくなかったことは周知の事実。しかし、スタートではお得意のジャンプアップを見せてくれたし、何より最後まで粘って完走を果たしました。次に繋がるレースだったと思います。

                        

ポイントは、天候の変化に伴うタイヤチョイスとそのタイミング。しかし、それだけではありませんでした。その瞬間を確実に速く走れるだけのドライビング・テクニックはもちろん、的確な瞬発力、判断力、精神力。それらすべてが整って、美しくバランスを描いたとき、勝利の女神はキミに、そしてアロンソに微笑んだのでしょう。

ここへ来て、ハミルトンのリタイヤという信じられない展開。F1の神様はいる。そう確信したレースでした。そして紛れもなく、今季有数の名レースとなったのでは。

F1ファンとしてつらい1週間でしたが、レースのおもしろさをリアルに体感することができて、もう一度気持ちを奮い立たせることができそうです。
スポンサーサイト
急転直下のドラマ 中国GP決勝
2007年10月07日 (日) 16:46 | 編集
小雨ぱらつく上海サーキット。台風襲来直前。文字通り、嵐の前の静けさです。。。

しかし、最初っから豪雨の中SCスタートとなるよりは、これからどうなるかわからない状態のこんなスタートの方が断然おもしろいですよね。雨はいつ、どれくらい降るのか。SCはいつ入るのか。そして、天候が味方するのはどのドライバーなのか・・・。

スタート直後、アロンソ行く! と思ったら、マッサ取り返す!
すごい。これでこそF1ドライバー。こういう攻防が見たかった。

さあ、Lap2でいきなり豪雨。琢磨も着実に順位を上げています。
各車、ほとんどがインターミディエイトで出てるようですが、「雨はあと5分で小振りに」との最新天気予報はケロのチームラジオ。もう少し様子見ですね。

マッサ、意図的に(たぶん)ペースを落としてアロンソを押さえにかかってますね。うーむ、マッサ的にはいい仕事してるんだけど、アロンソとしてはつらいなぁ。

同じくつらい派がヘイッキ。セッティングがどうしても決まらないと解説陣。何でも、フラビオもパット・シモンズも来てないっていうじゃないですか。何か問題があったんでしょうけど、今季はもう捨ててるのか?って思われても仕方ないかも。

どんどん順位を落とすヘイッキ。内圧がおかしいのではとのチームラジオ。琢磨も、一時は14番手までジャンプアップしたんですけどね。やはり車がついていかないんでしょう。少しずつポジションを落としています。

結局ポール・トゥ・ウィンかぁ・・・と、いささかテンション下がり気味だったところへ、キアヌ・リーブスの映像。ちょっと復活した(笑)。

Lap13、アンソニーがストップ。マシントラブルですね。予選はいいけどレースがイマイチという流れ、これはアンソニーにとって来季の課題なんでしょう。

Lap15 ハミルトン、タイヤは替えずに給油のみのピットストップ。雨はひどくならないとう読みですね。
続いてLap17 マッサがピットへ。今のうちに、行け! アロンソ!(あ、なにげにアロンソの応援・・・^-^;)

Lap19 キミがピットへ。続いてDC。
しかし、秀逸なのはラルフとニコ。着実に順位を上げています。バトンも美しくバトル中。ラインがきれいです。

あと10分で再び雨との予報。タイヤをどうするのか、給油のタイミングは・・・と、まさにストラテジーの見せ所。昨年はおもしろかったですよねー。ロス・ブラウンvsパット・シモンズ。今年はそれがない分、なんか物足りない。。。

さて、Lap23、いち早くウェバーがドライを装着。さて、タイミング的にはどうかな?
ファステスト出し始めたブルツはソフト。ウェバーはハード。さあ、おもしろくなってきた! 今入れろアロンソ!・・・・って、しかし10分後に雨との予報も。これをどう判断するか。

さあ、各チーム続々ピットインしてソフトを装着。
Lap26、せっかくアロンソがマッサを抜いたと思ったら、マッサはそのままピットへ。ソフト装着しちゃったよ~。またアロンソ抜かれちゃう・・・。

Lap27 ペースが落ちたハミルトンにキミが襲いかかります。雨が来たせいか。雨なら、ソフトに変えたマシンは不利。
ラルフ、おもしろい攻防を魅せてくれたんですが結局STOP。
国際映像はハミルトンvsキミを抜いてるけど、タイムはアロンソの方が上。

Lap28 キミ、行った! これでおもしろくなってきた♪

ハミルトン、右リヤが壊れてます。さあ、今だアロンソ!
Lap31 ハミルトンSTOP! マーシャルが集まってきましたが押せません。F1の神様っているんですね・・・。すごい、すごすぎる・・・・
ピットレーンの入り口、事実上コーナーなんですよね。鋭角に左に回り込んでます。

Lap32 キミ、ソフト装着。続いてアロンソ、お気に入りのハード装着。さあ、この判断がどう出るか。

Lap34 見た目上トップを走行していたクビサがコースアウト。うーん、惜しい。
一方、なんだかんだでじわじわポジションアップしているバトンがいい位置につけてます。レースの流れが、昨年のハンガリーに似てますよね。

Lap36 残り30分は雨なしとの予報。ってことはレース終盤、パラつく可能性あり?
あーおもしろそう! 富士行かないで上海行けばよかった!(おそらくほとんどのF1ファンの本音でしょ~)

しかし、中盤勢の攻防も見事だし、ほんっとにおもしろいレース。
ジェントルマンなバトンにも火が点いてるし。バトンとフィジコでファステスト塗り替えてる現状って?!

Lap42 バトン、ピットへ。
ベッテルはこのままいくのかな? としたら4位フィニッシュは確定。日本GPでは泣いてましたが、ようやくこれで日の目を見られるかな。

Lap52 キミの美しいラップがオンボードで。ほんとに美しい。が、左リアの白線がもうありません。キミ、ファイナルラップにドラマがある男ですが・・・・今回も最後の最後まで余談を許さない?!

今になってファステストを出してきたマッサ。何で今頃? 出し惜しみしてた??

さあ、残り3周。雨は来ないようですね?
・・・・手に汗握る攻防の末、キミがトップチェッカー。続いてアロンソも。これでタイトルの行方はブラジルへ。ほんとにいるんだなあ、F1の神様。

ベッテルもバトンも歓喜の表情。見応えのあるレース、マーシャルも喜んでる♪
ベッテルのチームラジオ、19歳絶叫(笑)。ここんとこのいや~な雰囲気(私のね)を吹き飛ばしてくれました。

琢磨、14位完走。左近、17位完走。チームメイトがリタイヤしてますからね。マシンがイマイチだったんでしょうに、よく頑張りました。

ポディウムのキミとアロンソ、誇り高い表情が印象的です。
 
KROSAは勝利の女神?
2007年10月07日 (日) 09:43 | 編集
台風15号、別名KROSA接近中。最悪の場合、レース中止もあり得るとか。そうすると、自動的にハミルトンのタイトルが決定します。

・・・・そんなオチか! 今季・・・

オチといえば、ベッテルもかなり翻弄されましたねぇ。日本GPでウェバーに追突したペナルティで、上海での10グリッド降格が決定。その後、元はと言えばハミルトンの危険走法が問題だったんじゃ・・・ってことでFIAの審議が入って、ペナ取り消し。と思ったら、今度は昨日の予選でのヘイッキへの進路妨害をとられて5番グリッド降格。・・・・なんだか忙しい。

琢磨はタイヤ温度がアンソニーより“二桁も低い”とか。Tカーでいくかもしれないそうですね。厳密なところは、設備不足で突き詰められないんだろうなあ。
ハミルトン、タイトルに王手 Q3
2007年10月06日 (土) 16:04 | 編集
土屋さんの日本GPフリー解説以来、ある意味流行語?になりつつある「カウンター」。今までそんなに頻出してた言葉じゃないと思うんですが、ここんとこ、おもしろいほど使う人が増えてきましたよね?

で、言わせてもらうけど・・・・

カウンターあてて走るの(がうまいの)はハミルトンだけじゃないぞっ!

・・・・ってね(笑)。



さて、そのハミルトンですが、解説陣から「トップを狙わず、ガソリン積んで手堅く行くべき」とさんざん言われてます。まあ、6位でいいわけですからね。確か、タイトル決めるには最低6位でよかったはず。

が・・・・本人的にはどうなんでしょうねえ。最後の5分で、その答えは自ずと出るわけですが。でもなあ、彼は「イチバン」が好きな気がしますよ。

・・・・結果。

やっぱりイチバンじゃなきゃいやだったハミルトンがポール!
アロンソはS2でミスがありましたね。自滅なら仕方ない。残念ですが。

フロントローにキミ。セカンドローにマッサとアロンソ。DC、ラルフ、ウェバー、ニック、クビサ、バトンと続きます。

しかし、やっちゃいましたハミルトン。これでポール・トゥ・ウィンだったとしたら・・・文句なしにタイトル奪取。あ~あ。なんか物足りない・・・(笑)。

コバライネン、痛恨のミス Q2
2007年10月06日 (土) 15:41 | 編集
台風接近中の上海サーキット。今日は晴天ですが、中には雨仕様のマシンも絶対にあるはず。とすると、Q2で脱落するマシンあたりがそれくさい?

アンソニーがここでフィニッシュなのは想定内として、ここんとこ好調だったヘイッキもQ3進出ならず。あ、でも、ヘイッキは派手にコースアウトしましたね。攻めたい気持ちの表れとすると、好感は持てますね(しかも無線で謝ってる! ちょっと新鮮♪)。

ニコ、ヤルノ、ヴェッテル、リウッツィもKO。ラルフ9番手、バトン10番手で辛くもQ3進出です。
SAF1、明暗分かれる Q1
2007年10月06日 (土) 15:18 | 編集
快晴の上海サーキット。流線型のマシンがほんとに美しく映ります。

ガスコインによるスパイカーBスペックは当たりだったわけですが、ハードの使いこなし方にやや難ありとは! てことは、アグリチャンスか?(希望的観測)

雨セッティングでいくのかドライでいくのかの戦略の違いもあるしね(だから希望的観測)。

FP3でハイドロ系にトラブルを抱えたキミ、インストレーションラップのあとずっとピットにいましたが、最後の最後にコースインしたかと思うと、鮮やかにトップタイムをマーク。こういうところが、実にかっこいいですよねー。

結果は・・・

アンソニーは番手でQ2進出。しかし琢磨は涙をのみました。左近、スーティル、ブルツ、フィジコ、ケロがQ1敗退。フィジコ、マジで次がないかも・・・。
4強最後の闘い FP3
2007年10月06日 (土) 14:37 | 編集
さて、FP3の方はやっぱり4強拮抗。ただし、最後にキミが何やら減速してましたね。そしてターン9からショートカットしてピットに入りました。

とりあえずはこれがいちばんのポイントか。

それにしても・・・・
日本GPでのフェラーリのタイヤ・ギャンブル、酷評されてましたねー(笑)。やっぱりミハエル&ロスの抜けた穴はハンパなく大きいんだろうな。

常識的にみて、(いくらギャンブルしないと勝てない位置に追いつめられていたとはいえ)あの状況であのタイヤ選択はあり得ない、と、いつも穏やかな森脇さん、めずらしく息巻く。やっぱりなー。ロス・ブラウンがおとなしく引退?しちゃうなんてとんでもないですよねー。何があったのか、そしてこれから何があるのか。

来季は・・・・
ロス復活。そして、トッド更迭??(そしたらトッド息子がマネージメントするマッサがTOYOTAに・・・???)

なーんて。まあ、いずれにしても市場はアロンソ待ち。まだまだ、何がどう動くかなんて誰にもわからないですよね。

しかし。

これでハミルトンが普通にポール獲って普通に優勝しちゃったら、おもしろくないことこの上なし。あ、ファンの方、もしいらしたらすみません。でもまあ、もうちょっとハラハラさせてもらった方が、F1ファンとしては楽しめる気がするんですけどね。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。