F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
波乱を制したのはアロンソ! ヨーロッパGP決勝
2007年07月22日 (日) 23:16 | 編集
終了直前、再び雨の予想が。・・・・と思ったら、本当に降ってきました。最初から最後まで、天候に左右されるニュルブルクリンク。

タイヤの選択、スティントの取り方などで大きく差が出るであろうレースとなりましたが、最後にもう1度、F1の神様はおもしろい展開を用意した模様。

最初に賭けに出たのはヘイッキ。いきなりピットインし、スタンダードウェットを装着しました。チームラジオで「ギャンブルに出るからな」なんて言われてます。

・・・・さあ、雨が来た! 残り8周。極めて微妙なラインです。

おお、アンソニーもピットへ。琢磨がリタイヤしてますから、SAF1を背負っての作戦です。
さあ、各車いっせいにピットイン。次々にタイヤを替えていきます。ただし、キミもリタイヤしてますから(無念のマシントラブル。やはり相性が悪いのか)、1位2位はおそらく変わらず。混乱してるようで実は整然とした?タイヤチェンジだったりします。ヘイッキはやっぱり早かったなぁ。

おおっ、残り6周、アロンソがマッサに仕掛ける! 絶対にしないと思ってたのに。ポイント確実派だと思ってたのに。ちょっと惚れた(笑)。

おおーっ、遂にアロンソがマッサを仕留めました! 信じられません。絶対、安全運転でいくと思ったのに。しかしアロンソ、ハミルトンがいないこのレースで決めないとって思ったんでしょうね。わずかにタイヤをヒットさせましたが、両マシンとも大丈夫な様子。

アロンソのチャンプとしての気概を見ましたね。マシン的にはフェラーリの方が上だったでしょうに。しかし雨に見舞われ、使い切れなかったソフトを事実上ほとんど使わずに来れたという僥倖もあり、今だと思ったんでしょうね。

フェラーリ、ウェットのセッティングができてないのではというハミーの解説。そういう意味でも、チャンスだったんでしょう、アロンソ。

波乱のレースもいよいよファイナルラップ。アロンソ、見事な勝利です。「アロンソには恵みの雨」と言われてますが、雨を使いこなしたのがアロンソだと言えるのでは?(甘い?^-^;)

2位はマッサ。3位は、ゴール直前のシケインでミスをしたウェバーが3位、その直後にピタリとつけていたのに彼を仕留められなかったブルツが4位。

ハミルトンは9位フィニッシュとなり、連続ポイントは逃しましたが、ドライバーズポイントでは依然としてトップです。

ああ、体力消耗した(笑)。
スポンサーサイト
大雨で赤旗中断! 波乱のヨーロッパGP
2007年07月22日 (日) 21:27 | 編集
ほんのり小糠雨のニュルブルクリンク。「雨を信じるなら、ソフトでいくのもありかもしれません」byハミー。ハミーの解説でレースを見ていけるなんて素敵です♪ 

・・・降ってきましたね~。それもスタート直前、まさに今、降ってきた感が出てきた模様。なので、各車ハードですね。スタートがあと5分遅かったら・・・・

さあ、刻一刻と雨を感じるようになってきた中、いよいよスタートです。ハミー・・・・じゃなかった、ハミルトン、オーバーテイク祭りとなるか。

ハミルトン、スタート直後に4番手までいったものの、9番手で順位確定。琢磨がその後ろにつけています。

・・・と言ってるうちに雨・・・! 各車ピットへ。がしかし・・・・キミ、ピットに入れず。琢磨、クビサも入らなかったのはなぜでしょう? 作戦??

ああ~~、普通に降ってきました。これじゃウェット装着してないと走れませんね。いわゆる本降り。エクストリームが必要でしょ。

フィジ、バトン、ハミルトン、ニコ、アンソニーが次々とコースオフ。エクストリームじゃないと無理ですね。おっと、リウッツィも。・・・あらら、もうコースが川みたくなってます。すごいレースだ。

ハミルトン、コースに復帰。一方、琢磨にもSTOP表示が出てますが・・・・あ、ピット表示に変わりました。・・・・信じていいのか?

いったい誰がリタイヤしたのか不明。ちょっと様子を見ましょう。
もう1つ不可思議なのは、ラップリーダーがヴィンケルホックになっている点。

遂に赤旗中断。雨のための中断のようです。

ぬぬー、ほんとにヴィンケルホックがトップみたいだ。フォーメーションラップが終わってすぐにピットに入ってましたが、そのときにタイヤを履き替えたんですね。やるな、スパイカー!

さて、リタイヤしたのは、バトン、スーティル、ニコ、スピード、リウッツィの5台で確定しそうです。ハミルトン、ここでも辛くもコースに留まる! 運強し。

雨が止んだ模様。レース再開は35分とのリリースが。結局20分くらい中断されてたってことでしょうか。

・・・って、12分後に雨が来るとの天気予報が画面に。う~ん、いったい何のいたずらでしょうか。

てことは、チームの作戦如何によって勝者が変わるということかも。天気をどう読んで、タイヤやスティントをどう決めていくか。

おもしろくなりそうです。
ハミーが!
2007年07月22日 (日) 20:55 | 編集
ハミーがゲスト!
なんと豪華な!!

タイヤを詳しく解説してくれるんですね!!!




ハミルトン、レースに出場
2007年07月22日 (日) 19:03 | 編集
何という幸運!
ハミルトン、レースに出られるそうです。

Hamilton cleared to race

今朝のメディカルチェックに通ったんですね。
すごい・・・・

ハミルトン、無事との第1報
2007年07月21日 (土) 23:18 | 編集
心配されたハミルトンのクラッシュですが、大きな怪我はないとの第一報が届いてますね。

ただ、詳細は不明。
地上波までには確認できるかな?

ソースはこちら



本命キミ、ポール奪取 Qualify
2007年07月21日 (土) 22:37 | 編集
ハミルトンを搬送した後、長い中断が続いています。さすがに重々しい雰囲気。

マシンを降りたとき、さすがにぐったりしているように見えましたが・・・・足がふらついている?ような。いずれにしても、明日はエントリーできないでしょうね。次のハンガリーはどうなんだろう? いや、無事ならよかったと考えるべきか。

いよいよセッション再開です。20分くらい中断してたのかな? 各車、ハードやユーズド・ソフトでチェック・ランしたあと、ソフトのニューに履き替えてラストアタックへと入ります。

固唾をのんで見守るキメの一発。アロンソ、S1で驚異の29,8を出したんですが、S2で大きなミス。キミにポールをプレゼントしてしまいました。

フロントローはマッサとニック。クビサ、ウェバー、ヘイッキと続きます。

明日もキミ日和なのかな? しかしアロンソの速さも秀逸。スタートがどうなるかでしょうね。第1コーナーに注目です。
ハミルトン、まさかのクラッシュ Qualify
2007年07月21日 (土) 22:08 | 編集
キミがどの程度三味線引いてるか、に解説陣の興味が集中。奇しくも進行中の月は天秤座。天秤座のキミがキーマンになる日なのです。

しかし・・・・贅沢なことですが、何度か海外観戦していると、サーキットがとても身近に感じられますね。現地にどんな風が吹いていて、どんな空気感で、スタッフが、観客がどんな様子なのか、リアルに感じることができるという・・・・。きっと皆さんもそうですよね。

さて、今度はソフト、ハードに分かれてコースイン。ハードを選択したクルマは、レース・シミュレーションをしてるんでしょうか。

ハミルトンがマッサにピタリと着いてますねぇ。・・・・あおってるのか? そんなことないですよね。キャラ的に(笑)。
まもなく距離をとって、3秒くらい開けたハミルトン。直後のタイムではマッサを上回りましたが・・・・

  なんと、ハミルトン クラッシュ! 赤旗!!

ようやくルーキーらしい失敗かと思ったら・・・・フロントタイヤが急に壊れた模様。05年のヨーロッパGPのラストラップ、キミの悪夢を思い出しますね。。。今年は信頼性ばっちりだったのに、マクラーレン。

体へのダメージは大丈夫なんでしょうか? う~ん、心配です。。。
パパも弟くんもいるでしょうに。

カナダでは、クビサの事故を目の当たりにしてしまいましたが、ご存じのように、現場ってかえって情報が入らないんですよね。カンガルーTVも、ラップタイムは出るけどクビサの安否情報なんて出ませんから。現場は混乱してるんだろうなあ。しかも、飛ぶ鳥を落としまくってるハミルトン。衝撃もなおさらでしょう。
・・・でも、さすがに詳細が中継されてますね。まぁ、レースじゃなくて予選だってこともあるけど。

一方のアロンソ、クルーがマシンをチェックしてますね。同じことがあってはいけませんから。

う~ん、こんな形でチャンピオンシップが変わってくるなんて・・・・

ハミルトン、「大丈夫だよ」とばかりに手でサインを送って、ヘリで病院へと搬送されて行きました。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。