F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
亜久里さん、思いは受け取った! こちアグ最終回
2008年05月23日 (金) 06:07 | 編集
何なんだ、この感動的な1時間は!

こちアグ最終回、もう涙なしでは観られませんーーー





リアルタイムでは外出していたので、録画でチェキ、そして再放送でチェキ。



うううーーーー、亜久里さん。。。。


「SAF1のクルマはなくなっても、気持ちはF1を走ってますから」

って、心臓をギュッと掴まれるような感動。



そして、あと数秒でOA終わりってときに、「琢磨はこれからもどんどん速くなってくドライバー」って、琢磨のことに言及してくれる思いやり。



応援してよかったよ、SAF1・・・・



そして。


こんなことになっちゃって、かえってあんまり書いちゃいけないと思ってんたんですが・・・・





2007年のカナダを現地観戦したこと、一生の想い出であり、正真正銘の誇りです





あのね。

あの瞬間、ほんっっっとうにサーキットが揺れたんです。ぐわわわわんーーーーーーって。観客総立ち。みんな超エキサイティング。現地解説は「タクはすごい、タクはほんっっとによくやった」って、琢磨のことしかしゃべらなくなったし。

鈴鹿でもないのに、サーキットが揺れたんです。。。。




もう一度、お楽しみ下さい。


琢磨がアロンソを抜いたシケインはこちら
スポンサーサイト
固定リンク | SAF1 | - | - |
今だから語れる、SAF1の真実
2008年05月17日 (土) 20:41 | 編集
待ちに待っていた、今宮さんのコメント。

スーパーアグリが消えた日



ここにすべてが書かれています。

やっぱりそうだった。
憶測ではなかった。




思うところがあるからこそ、選び抜かれた言葉で、淡々と、だけど行間から愛と怒りを迸らせて、今宮さんが書いてくださっています。


ううーー。関係者が、記名原稿でここまで書くのって、ほんとうにリスキーなことだと思う。
だけど敢えて、それをしてくださった今宮さんに、感謝してもし足りません。



もうほんっっとに、涙が出る。

だけど、この悔しさに意味があると信じよう。

いつか倍になって、2倍3倍になって、琢磨や亜久里さんや、エマやダニエル・オーデットやマーク・プレストンや・・・・ひとりひとりの、SAF1に関わったすべての人々が不死身のリベンジに出ると信じよう。


SAF1は潰せても、SAF1を愛した尊い思いは潰せない。

固定リンク | SAF1 | - | - |
イスタンブールより。3通目
2008年05月13日 (火) 01:09 | 編集
西山さん、大島さんに直球で琢磨のことを・・・・

よくぞ聞いて下さいました



思いっきり直球です。

大島さん、答えられる範囲で答えてくださってます。

言葉数は少ないけど・・・・

でも、お立場もあるしね。私たちみたいに、感じたことを素直に言葉にできないよね。





しかし・・・

2004年、琢磨とマッサはドライバーズポイントでほぼ互角だったんですけどね。
ポテンシャルがそんなに違うとも思えないけど・・・

マネージャーがトッド息子だったってのが理由の100%だけど、方やフェラーリ・ドライバー。


なんだかなーって感じっす。




マッサ、スピンしなかったってだけで「トラコンなくてもできたじゃん」とか言われちゃってますが、アグリ号はトラコン以前のものがない。挙動が安定しない。てゆーかグダグダ。・・・だったのにねー

まぁ、マッサには乗れないな。「乗る気もねぇよ!」とか言われそう(笑)。

固定リンク | SAF1 | - | - |
イスタンブールより。2通目
2008年05月10日 (土) 22:27 | 編集
こっちも必読だぁ!

西山さんのフォトコラム




やっぱり、そーゆーことだったんじゃん。

推測でも憶測でも、妬みでも逆恨みでも何でもなかったってこと。




わかって清々したヮ。




そしたら、次の段階に進めるものね。


作業も、
心も。



1通目はこちら

固定リンク | SAF1 | - | - |
イスタンブールより。
2008年05月10日 (土) 22:06 | 編集
今宮雅子さんのコラムです


撤退発表・・・そして最後の日






なんてこった。

なんてこった・・・





固定リンク | SAF1 | - | - |
大島さんインタビュー
2008年05月09日 (金) 09:47 | 編集
大島さんの会見情報を伝えていたF1キンダーガーデンですが、結局こういう形で記事にしてくれました。

大島本田技研担当役員に聞く

4つに分けて掲載されています。

「あ~あ」と思う内容が続きますが、目が覚めるのは(朝だけに・・)最後の1行。

子供みたいに、「絶対だな! 絶対だよな!」ってダメ押ししたくなります(笑)。

固定リンク | SAF1 | - | - |
3日目の夜。
2008年05月09日 (金) 03:45 | 編集
刻々とトルコGPが近づいてますねー。
明日の夕方には、Live Timingチェキしちゃうんだろうなぁ。

しかし・・・・






すっげー喪失感 orz





くどいと思われようが何だろうが、私は語り続けますよ。
SAF1の誇り高い闘いが「なかったこと」にされるのだけはイヤですから!



内紛、かぁ!

そうだよね、そういうことだよね。



だからもぉ、日本で統一してほしい・・・

ディヴィッド・リチャーズ率いるプロドライブに撤退してもらったときって、そういう感じじゃなかったんですか?


やっぱりほら、指揮系統は一元化しないとね。
トラブルの元だし。
せっかくの志が、派閥抗争に食い荒らされてもおもしろくないしね。


要らないものは捨て、必要なものだけを残したら、
素晴らしい結果に繋がると思うのは・・・

私だけでしょうか?


takuloversさん、そうですよね! そうですとも!!

思いはひとつです。
心ある人たちには、それ、伝わってると思うんですけどね・・・



これからのHONDAに期待・・・・して、いいよね?
固定リンク | SAF1 | - | - |
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。