F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FIA もっとも多く勝ったドライバーにタイトル
2009年03月18日 (水) 01:13 | 編集
以前から検討されていた件、正式FIXされました。

Driver with most race wins to become 2009 champion


もしこのルールが昨年から適応されてれば・・・



タイトルはルイスじゃなかったよね♪



つくづく、幸運の後押しを得てチャンプになったハミルトン。まぁ、幸運を味方に付ける術って大切なんですけどね。でも、ロンの猫かわいがりもあってなーんか釈然としなかった。。。


ま、このシステムが適応されることにより、今年は“消化試合”(言い方違うか。優勝しなくてもポイント取れればいいや、と思って2位や3位に甘んじようとすること、って意味ね)がなくなるわけですよね。それはいいことだ!




・・・おっと。

ちょい待てよ。




て、ことは、最終戦のアブダビを待たないとチャンピオンが決まらない可能性がありますよね(もちろん、逆に誰かが独走しちゃってすでにチャンプ決まってる可能性もありか)。

いずれにしても、その日のホロスコープは重要になるんじゃ・・・






あーもう

ほんっと、今年はF1一色だ!






日本語サイトはこちら

WMSC、最多勝利ドライバーにタイトル


スポンサーサイト
マス・ダンパー問題に決着
2006年08月23日 (水) 23:57 | 編集
23日、パリ国際控訴審の判決が言い渡されました。大方の予想に反して、結果はレギュレーション違反と断定。これにて、マス・ダンパーの使用は禁止されることとなりました。

もともと、マス・ダンパーは他チームに先駆けルノーが開発したシステム。その非合法が言い渡されたことで、もっとも打撃を受けたのはルノーです。と、いうことは・・・

≫続きを読む...
ルノー、国際控訴審に出席
2006年08月15日 (火) 11:10 | 編集
最初は技術的な問題として取り上げられたマス・ダンパー事件ですが、日を追うごとに、実は政治問題だったことが明らかになってきました。

FIAがレギュレーション違反を指摘したものの、スチュワードが一転して合法と判断。それに対してFIAが上告するという、わけのわからない展開をたどってきたのは皆さまご存じの通り。

その、国際控訴審が、22日パリで開かれます。ここに、ルノーの代表が出席することを、パット・シモンズが公表したというんですね。

≫続きを読む...
TOYOTA、GPMAを離脱
2006年08月15日 (火) 10:56 | 編集
TOYOTAがGPMAを離脱しました。その理由は、
①コマーシャル権利ホルダーとGPMAとの間で08~12年間の合意が成立したこと
②よってGPMAは初期の目的を達成し、今は詳細を決定することに力を注ぐに至った
からだそう。

一見驚くべきことのようですが、実はもうずいぶん前から決まっていたんだろうなと思わせますね。つまり、


≫続きを読む...
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。