F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青から赤へ ドイツGP決勝
2006年07月30日 (日) 23:48 | 編集
フェラーリ、真っ赤に染まった地元で魅せてくれた見事な3連勝。これで青から赤へとバトンが渡されたことを予感させる、そんなダメ押しの1勝となりました。

①フェラーリ×BSという最強パッケージの再来

2002年の再来を予感させるような、磐石フェラーリの現前。ミハエルの完璧ぶりは言わずもがなですが、マッサも遂に、当時のケロと同じ仕事をやり遂げるようになりました。

プレカンでミハエルに褒められていたマッサだけど、あのプレッシャーもすごいだろうな~。以後、永遠にこれをやり続けなければいけないんですからね。もちろんそれだけの覚悟があってこのチームを選んだのでしょうが。

≫続きを読む...
スポンサーサイト
銀の復活 ドイツGP公式予選
2006年07月29日 (土) 22:47 | 編集
昨年のイスタンブール以来、久しぶりのポール獲得となったキミ。赤と青で埋め尽くされた感のある昨今、何か足りないものがあると思っていたファンにうれしいプレゼントをしてくれました。

おそらく軽タンなんだろうけど、でも、軽くしたからって必ずしもポールを獲れるわけじゃないですからね。とりあえずは銀の復活。そういうことでいいでしょう。

しかし、悔しいのはミハエル。フロントローなのに、まるで負けたって感じの表情でプレカンに臨んでました。キミがトップに滑り込んでくる前は、作戦通りの鮮やかさでもってマッサ共々1-2を塗り替えてたのに。

もっと悔しいのはアロンソ。何だかんだ言って、マス・ダンパーが今まで威力を発揮してたってことでしょうか? しかも彼、今日がお誕生日なんですよ(関係ない?)。

≫続きを読む...
左近危うし FP3
2006年07月29日 (土) 19:25 | 編集
マス・ダンパー騒動をめぐる政治的な背景について、川井さんの解説に耳を傾けていたら・・・・最後の最後で、左近が痛恨のクラッシュ。琢磨より100分の2秒速いタイムをマークしていたのに、最終コーナーでウォールに激突してしまいました。

どうなるSA06

映像では大破したように見えるけど、実際に修理が可能かは詳しく見てみないとわからないとのこと。06は2台しかありませんから、もし修理が間に合わなければTカー、すなわちSA05での出走となります。左近、あれだけ「ミスをしないで走りたい」って何度も言い続けていたのに・・・・。

≫続きを読む...
午後はウェット FP2
2006年07月28日 (金) 22:09 | 編集
フリー走行2回目。どうも誰も走り出さないなと思ってたら、ウェットコンディションだったんですね。路面温度も、レースでは50度くらいの上昇を予測しているのに、開始時は30度。これではあまり意味がないため、皆見合わせていたもよう。

さて、注目の結果は・・・・

≫続きを読む...
SA06にスチュワードの洗礼
2006年07月28日 (金) 21:37 | 編集
ホッケンハイム金曜日、スチュワードがちょっと意外な通達を下しています。

1つは、例のマス・ダンパーシステムに対する「合法」との判断。これにより、ルノーのTカーはマス・ダンパーをつけたまま車検を通ったそう。ちなみに、FIAはこれについてただ今講義中とか。

もう1つは、なんとSAF1に対してです。

≫続きを読む...
SA06のお手並みは FP1
2006年07月28日 (金) 19:08 | 編集
待望のSA06投入。どれくらい走れるのか、初期トラブルはどうなるか、不安と期待でいっぱいのドイツGPが開幕しました。

SA06、HONDAの(シームレスシフト)ギアボックス投入に伴い、リア回りを変えただけ(ってこともないけど)の仕様であることは皆さまよくご存じの通り。正確に言えば、SA06Aスペックだということです。

「3秒速くなるとポール獲っちゃうよ(笑)」というアグリさんのコメントが各サイトで紹介されてましたが、と、いうことは、2秒くらい?速くなる計算なんでしょうか。

ちなみにBスペックは、これも皆さまご存じの通り、トルコGPから投入予定です。

さて、肝心のFP1結果は・・・

≫続きを読む...
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。