F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013鈴鹿 Vol.5
2013年10月20日 (日) 22:41 | 編集
レースは、スタートで飛び出したグロージャンがレースを先導。

しかし、そこはさすがベッテル。そしてウェバー。

終盤には、タイヤが厳しくなってきたグロージャンを見事抜き去り、レッドブルが表彰台の高いところをゲットしました。

表彰台1

ここのところブーイング続きだったベッテルの圧勝だけど、鈴鹿のファンはさすがです。

誰よりも熱い拍手をベッテルに捧げ、心から若きチャンプを祝福しました。

そして、同じだけの拍手をウェバーに、さらにはグロージャンにも。

やっぱり鈴鹿は最高だぁ
スポンサーサイト
2013鈴鹿 Vol.4
2013年10月20日 (日) 22:32 | 編集
何度行ってもワクワクするこの瞬間。
レース直前、まずはコースにタイヤが運び込まれ、続いてマシンが到着。
プレスの皆さんのインタビュータイムでもあります。

レース前

今回はキミのグリッド近くだったんですが、女子たちが大挙して押し寄せカメラを捧げるの図!
確かに、撮りたくなっちゃういい男。そして速い! そしてクール。

アンチ○○、って必ず誰かしら聞くけれど、ライコネンのアンチって、不思議と聞いたことありません。
老若男女、360度全方位カバーするこの魅力
まあ、ご本人は(ご自身の魅力に)まったく興味ないでしょうけど・・・
2013鈴鹿 Vol.3
2013年10月19日 (土) 17:52 | 編集
予選日、グラスタからの抜けるような空。

予選グラスタ

美しいなあ


2013鈴鹿 Vol.2
2013年10月19日 (土) 17:45 | 編集
P1はS字で観戦。

S字

抜けるような青空!

帰宅後録画を見たら、金曜日はグラスタがガラガラでコーナー席に人がいっぱい。
みんな、マシンの挙動が見たいファンなんですねw
レースが好きすぎて、視点がコアすぎて
うれしくなっちゃいます。

2013鈴鹿 Vol.1
2013年10月19日 (土) 17:42 | 編集
今年も素晴らしい鈴鹿でしたね!

観客数は減ったということでしたが、日本ドライバーも企業もいないのに駆けつけた8万6千人は、本物のレースファンでした。

ガゼッタ・デル・スポルトが「日本」に10点満点をつけたのも、本当によくわかります。日本人の私が言うと手前味噌かもしれませんが、鈴鹿の「おもてなし」は世界一。胸が熱くなるくらい素晴らしかったです。



そんなこんなの、木曜日。

ピットウォーク

今年は久々にピットウォークから参戦。鈴鹿を祝福してくれるような晴天です。



フェラーリピット

ピットストップのときの、例のあれ。


メルセデスプラットフォーム

ロス・ブラウン様御席。



サイン会フェラーリ

サイン会で、「このあとはカムイが何かおもしろいこと言ってくれるから」とおっしゃった将軍様。
マッサ共々、すごく仲良さそうでした!


Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。