F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悔しい結末 INDY第4戦 サンパウロ
2011年05月02日 (月) 23:04 | 編集
雨のためレース順延。波乱必至の展開は、琢磨選手3番手(リ)スタートというフラグ付き。まさかという思い。もしやという期待。胸膨らむ、5月1日@サンパウロ。セナの魔法か、単なる偶然かーー・・・・

と、塩原アナみたいなポエムを一瞬口走ったのは私だけじゃないはず

だって。だってだって・・・


たった今、夢がついえたばかりなんですから・・・




3番手リスタートで、そのまま1番手に浮上。
ラップリーダーとして、レースのほとんどを走っていたのに・・・・



なんで、ギャンブルなんかするかなー>KVレーシング。



・・・・と、思ってたら。
たった今、琢磨選手のコメントが。

ずっと燃料セーブして走っていたので、あと3週あれば持つはずだった。だけど「計算ミスなのか、ストラテジがうまくいかなかった」!!!




そんなことかよ


もう1回イエローが出ると踏んで、延々ステイしてるのかと思ってた。そうこうしてるうち、どこからともなく(でもないけど)やってきたウィル・パワーが琢磨選手の後ろにぴたり。

このとき、すでに悪い予感しましたよねー。ってゆーか、ずっとしてたっちゃしてたんですが・・



こんなときだから。
あんなことこんなことがあって、いろんなものを琢磨選手が背負ってくれていて、みんなが固唾をのんで見守っていて・・・

もしかして君が代が流れるんじゃないか、流れたらどんなにうれしいか、と、一瞬頭を過ぎった人がたくさんいて。



・・・まあ、いいや(よくない!)。

お楽しみは次に取っておきましょう。



ともあれ、勝てる可能性が十分あることを示してくれたレースでした。(そして勝ちを逃す可能性も・・・とか、言わないの!


最後は8位チェッカーとなりましたが、1番手ぶっちぎってた勇姿は目に焼き付けました 後ろにヴィソがいるときなんて、F3時代の琢磨-アンソニーを思い出させましたよねー。

に、しても。
惜しかったー
次はがんばって!>チーム!!!
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。