F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最速の男、最速の戴冠を決める アブダビGP決勝 Vol.3
2010年11月14日 (日) 23:51 | 編集
41/55 ペトロフどころか、クビサもアロンソの前に出る可能性が高いと判明。このままでは7位フィニッシュが濃厚です。マッサはもはや存在感ないですから、クルマも今ひとつなんでしょうが・・・。

42/55 バトン、ファステスト。じりじりじり・・・

43/55 アロンソ無線。よくわかってる! 彼の性格。「キミの才能がどれだけすばらしいかをボクたちは知っている。それを活かせ!」 しかしぶっちゃけ、今回はチームの作戦ミス・・・ その才能を活かし切れなかったのは誰だー

46/55 グロック、単独STOP。イエロー出てます。クビサはここでピットへ。

あーしかし、惜しい! マークなんかに引っ張られて早々とピットに入れるから・・・。F1の悪しき習慣、その最たるものが最終戦のフェラーリで出ましたね。

クビサ、ピットロードで白線かる~く踏んじゃってます。リプレイ来たってことは、審議でしょうね。アロンソ、辛くも6位という図式。・・・6位じゃ意味ないけど・・。

48/55 スーティル、ピットへ。これで見たままの順位が最終リザルドに直結。

ルイス、41秒台ファステスト。アロンソは2秒も遅い。

50/55 誰もがその結末を予感している・・・ いや、多くの人が・・・ 作戦の多彩さがなかったですよね。ほんとうに無念。

51/55 マーク無線。「抜けるんなら抜いてみろ。come on!」だって。マークがアロンソに仕掛けるか~? ・・・でも、マシン的にはレッドブルに分があるでしょうしね。しかし、最後の最後に地味な作戦ミスって、フェラーリあまりにもお粗末。

52/55 ベッテル、緩やかにクルーズへとシフト。前の2台が絡んで・・・ってなっても、2台じゃ足りないし・・。

あ、クビサ白線は審議にならないんですね。まあ、態勢に影響ないですが。

ベッテル、最年少チャンプ記録を更新か。そりゃそうならないとね。そういう意味では、確かにチャンプにふさわしい・・・っていうかそんなことはわかってます。F1ファンなら全員が。

54/55 ヤルノのリアウィングが飛びましたね。ニコの真ん前。危なかったです。


ファイナルラップ。こりゃもう、セブおめでとうモードですね。プレスの皆さん、世紀の一瞬を今こそ・・・





チェッカー


ベッテル戴冠 おめでとう~~~

ポディウム両サイドはマクラーレンの2台。4位ロズベルグ、5位クビサ、6位ペトロフ。アロンソは7位でした。が、ペトロフに怒っちゃダメだよ~。


セブ泣いてるよ~~ 絶対叫ぶと思ってたのに。モンツァでセブの初優勝を見届けた日が懐かしい。・・・てか、つい最近ですよ! あっという間にここまで来ましたね~。感慨

おお、モンツァって書いてますよー。やはりあれが大きかったんですねー。トロのマシンだったしなー。事実上ミナルディですよ。


一方でくら~~いアロンソサイド。あんなに沈んでる彼&フェラーリを初めて見ました。


さあ、ポディウムのセブを堪能しよう!



そして・・・

これはブリジストン最終レースでもありました。こちらについてはまたじっくりと!
スポンサーサイト
アロンソ、苦しい展開 アブダビGP決勝 Vol.2
2010年11月14日 (日) 23:17 | 編集
20/55 ベッテルのタイヤ使いのうまさは秀逸。このレースには勝つでしょうね(何かが壊れたりしなければ!)。あとはアロンソの順位になるか。

アプリくんがカムイの走りを褒めているー。ただいま暫定4番手を走行中。うれしいですね~

22/55 アロンソ無線。チャンプの心中を気遣いながら、抜けとの指示。アロンソはコンサバに行ってるんですよねー。ペトロフなんて怖いモノないですから、下手に粘られて面倒なことになっても・・・と思ってるんですよね。

23/55 そろそろ時は来たなー。アロンソ、もう勝負に出ないとね。・・・怖い!

24/55 レースを楽しんでたルイス、楽々ピットイン。ニコの前で戻ります。あー、アロンソまずい~~

ベッテル無線。ラップみたいだった~♪ ノリノリでステア切ってるんでしょうね、セブ。さあ、ピットイン。素早く終えます。

25/55 ベッテル、コースへ戻ります。カムイの前だ。カムイ、果敢に仕掛けますが・・・ ああ、クビサに抜かれてしまった。しかし果敢なバトルです。

26/55 バトン、ちゃっかりファステスト。ちゃっかり暫定1位走行中。

マークは単独ふくらみ中。アロンソも抜けない! 一方でカムイを抜いちゃったのはルイス。クルマが違いすぎ。

27/55 ベッテル、43秒台でファステスト。これはもう、彼のレースだ。

28/55 バトンが今ピットインしたとしても2番手だよーってアプリが指摘。ちゃっかり最終戦で2位表彰台か。

アロンソも抜けませんが、マッサもハイメを抜けません。もしやフェラーリ、クルマ自体に若干問題?

31/55 ベッテル、ひとりファステスト更新中。ルイスはクビサに猛追中。ルノーのFダクトはいいですからねー。かなり手こずってます。これ、素人様にはわかりにくい展開ですよね。地上波ではそこを何とか盛り上げるでしょうが・・・。

32/55 ルイス、左フロントがダメだと無線で訴えますが、今入るわけにはいかないと指示。ちゃっかりバトンは楽々走行中。ああ、リプレイ映像。左フロント、フラットスポットですねー。

アロンソ、思い切って勝負に出るべきか、前の誰かに何か起こるのをファイナルラップまで待つべきかー・・・

34/55 カムイ、ピットイン。

35/55 ベッテル、42秒台。アロンソはペトロフにプレッシャーかけてますが、彼はそういうの気にしないタイプだしなー。ロシアン・ミステリー♪

一方のルイス、チェッカーまでタイヤが持つかどうか危ういところ。

アロンソの走り、守る立場の難しさってのを痛感させられますねー。まずはコースに残ってることが最低条件だしなー。インディならこういうとき、他チームのお友だち♪がさりげなくヘルプしてくれたりするんですけどねー。

37/55 ハルク(ヒュルケンベルクです! 浸透してない呼び名・・)、ピットへ。アロンソ、リアルに6位がわかりやすく見えてきた・・。

38/55 カムイ、またまたケロの後ろ。抜きづらいんだろうなぁ。ブエミ、ピットへ。

粘りのレースの結末は・・・新興王者に分のある流れか。バレーもそうでしたね!>サオリン♪

39/55 バトン、ピットへ。闘将ロン・デニスが登板してますからねー。ストラテジー的にはマクラーレンが鉄板だったかな。

さあ、流れはいよいよベッテルへ。アロンソのチャンプ獲得は無理かも・・・という流れで、レースは終盤へ!
いきなりSC 粘りのレースへ アブダビGP決勝 Vol.1
2010年11月14日 (日) 22:40 | 編集
いよいよこのときがやってきました。コースコンディションは良好。ここのところ雨絡みのレースが続きましたが、いろんな意味でガチンコ勝負が期待できますね。

クビサはハードを選択。それ以外、上位勢はほぼオプションです。

さあ・・・


ブラックアウト。

アロンソひとつ順位落とした。コンサバなスタートですね。

ミハエル単独スピン・・・リウッツィが乗り上げました。いきなりSC。ピット入るクルマは・・・ニコ、ペトロフ、ハイメ、セナ、・・・後方のクルマはほとんど入りますね。

リプレイ映像。ミハエル、どうしちゃったんでしょうねー。クルマが悪い、とは言っても・・・。

アセンダントを軸にYODを形成してたからなー。じっくりじりじり、粘り腰なレースになる予感(ごめんなさい、星の話です)。

ミハエルとリウッツィ、談笑してるよー。これが逆の立場で、ミハエル全盛期の出来事だったら・・・皇帝の怒りにリウッツィがボコボコにされてたはず 

SCなかなか入れないですね。リプレイ映像をいろんなドライバーの車載で繰り返しています。



6/55 ようやくリスタート。

カムイはすでに8番手にジャンプアップしています。クビサもスーティルを交わしました。

7/55 あー、カムイ、ケロに仕掛けて! ダイナミックですねー。ケロ、意地でこらえました。great battleとアプリくん評。

8/55 アロンソ、ようやく46秒台に入れました。タイヤあったまってきたかな。

これ、マッサの役割いろいろありますよねー。まだ何もできてないけど・・・

おっと、言ってるそばからマークがウォールにキス。解説陣が「ありえない」的コメントを続けますが、これがウェバーなんですよーって思うのは私だけ?(ごめんなさい)

10/55 一方でニコニコバトルも展開中(笑)。

暮れていく夕陽にもの悲しげなマッサの車載。いろんなものと格闘しているのでしょうね。

11/55 マーク、リヤのグリップがないと無線。ピットに入ります。プライムに替えてコースへ。さあ、タイムはどうかな。そしてどこまでタイヤを持たせることができるか。

フェラーリのクルーも出てるけど・・・ あ、戻りましたね。

しばらくはマークのオーバーテイク祭りかな。・・・あ、フェラーリまた出てます。

14/55 アロンソ、じゃなくてマッサが入りました。ウェバー攻撃部隊かな。マークの後ろでコースに戻ります。

マーク、ハイメをまずは料理。にしても、やっぱり粘り腰のレースですね~。ちなみにYODを形成していたのは土星と火星。ガマンと速さを天秤にかけてじりじり戦、って運勢です>このレース。

16/55 アロンソ、ピットイン。マークの前で戻りました。ハイメに引っかかってるのはマッサ。

18/55 ニック、ファステスト。ってことはハードの方がいいですね。

19/55 動くシケインだったケロがピットへ。押さえ込まれてたカムイがどこまでやれるか。ニコの快走も光ってますね。


予想通りの展開 ベッテル、お約束のポール奪取 アブダビGP公式予選
2010年11月13日 (土) 23:08 | 編集
ロンとルカ様がなにやら話してますが、きっとルイスvsマッサの場外編ですよねー。ちょっと語調が荒かった。


さあ、いよいよQ3。トワイライトなビューの中、壮絶な戦いが始まるーーー


ケロはオプション、でもプライム派も多いですね。いや、暗いからグリーンラインがよく見えないのかな? みんなオプションだ。

あ、ベッテル出しませんね。これ、マーク優先と考えるべきか、ベッテルにこの作戦が合ってると判断してか。

7分切ったところでベッテル出陣。これだと2回できるのかもですね。

マクラーレン、軽々39秒台。アロンソは40秒の壁越えられず。

ベッテル、トップタイム更新。マークは普通に40秒台。うーむ。やっぱりこういう感じなんだな。あとは作戦をどうするか、誰がミスをするかしないか。

もう1回続けます。マーク、かろうじて40秒を切る。一方のベッテル、ちぎってちぎってトップタイム更新。これねー、チームが彼を応援したくなるのわかりますよねー



さあ、ラストアタック。ちょっとトラフィックが・・・


ポールはベッテル。これは当然でしょー。フロントローにルイス。2番手は通常ダスティなサイドですが、このコースではどの程度なんでしょうね。アロンソ、3番グリッド獲得。彼のシナリオ通りでしょうね。セカンドローにバトン。

マークは3列目。犠牲になったマッサが6番グリッドです。


なんとなんと。おおかたの予想通りの並びで来ましたね! じわじわ高まる緊迫感・・・
クビサ、今季初のQ2落ち
2010年11月13日 (土) 22:46 | 編集
かなり暮れてきましたねー。セッション開始と共にコースインするアロンソ。レッドブルとザウバーは出ませんね。

残り10分。レッドブルはいきなりオプションで出てますね。各車タイム更新合戦がいよいよ激化。ルイスはちょいミスかー。ミスをしない、ってことが上位進出への基本ですよね。レースでは特に!

ベッテルが39秒台に入れた直後、クビサがミス。うーん。難しいなぁ。

もう1台、難しそうなのはカムイ車。ザウバーはだめっぽいですね。あとはレースでじわじわ追い上げる作戦。

残り4分切ったところでイエロー表示。・・・1分後イエロー解除。

ルイス、「マッサに押し出された」かっこうとなってあわやの事態。火種がまたできちゃった 

さあ、チェッカーが振られます。




結果は・・・

クビサ、スーティル、ニック、ハルク、リウッツィ、ハイメ、カムイがKO。

最後にニコ、またやりましたねー。プライムですよ~。

クビサは惜しい。ペトロフがQ3進出ですか・・。ほんのちょっとのミスなんだよなぁ。




ちなみに、ハルクって呼び名は浸透してないですねー。ウィリアムズ広報女史が使っておられるんだけどなー。ロズベルグをニコ、ヒュルケンベルクをハルクて私的には統一してたんだけど。なかなか伝わらないようなので、呼び名を変えなきゃですね

早くも息詰まる攻防戦 Q1
2010年11月13日 (土) 22:22 | 編集
いよいよQ1。ルカ様、自分が走るみたいになっちゃってます P3、アロンソ以下は本気で走ってなかったんじゃないか疑惑とかも出てきてるしー。・・・まあいいや。もうすぐ真実がわかります。





・・・・まだQ1なのに息詰まる攻防。

ギリギリゾーンだったカムイ、うまくまとめてジャンプアップしましたね。上位勢はピットに戻っています。

トップタイムはアロンソ、ベッテル、ルイス、マーク・・・と続いています。上位ではバトンだけが走ってるので、上を食うかな? バイブレーションがひどいと言ってましたけどね。バトンはセッティング替えたんですね。S2全体のベスト。で・・・ああ、S3でミスってタイム更新ならず。もう1回行きますね。



結果は・・・

ブエミ、ヤルノ、ヘイッキ、グロック、ディ・グラッシ、セナ、クリエンがKO。

チェッカー振られる中、最後にロズベルグが2番手に滑り込む! ・・・いよいよ読めない
驚速レッドブル FP3
2010年11月13日 (土) 20:07 | 編集
速すぎるレッドブル。侮れないマクラーレン。

アロンソ・・・

これ、誰かと誰かが・・・的ハプニングがない限り、ちょっと難しい展開ですね。ベッテルも、なんだかんだ言って最後の最後にマークに譲りそうな気もするし・・・(?)。

エンジンがいちばん厳しいのもアロンソだしなー。状況的には圧倒的に不利。


さあ、どうなるか!
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。