F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロンソ、貫禄の4連勝 カナダGP決勝
2006年06月26日 (月) 05:50 | 編集
蓋を開けてみれば、またしてもアロンソの凱旋。昨年の“取りこぼし”を、見事に連勝記録にすり替えました。

レースのポイントは、難しいコース・コンディションにいかに合わせ込めるか。路面温度が上昇し、レース序盤からタイヤカスの海と化したコースでは、ほんのわずかなライン取りのミスが致命傷につながります。ここを攻めながらノーミスで、というのはさすがに困難。アロンソやミハエルでさえも、時にミスに甘んじました。

序盤に1回、終了直前に1回、計2回のSCは、このサーキットに限っては“お約束”。プレカンでのアロンソの、「SCはプラスに働くこともあれば、マイナスになることもある」とのコメントが耳に残ります。

≫続きを読む...
スポンサーサイト
またしても青旋風 公式予選
2006年06月25日 (日) 03:45 | 編集
ルノーがフロントロー独占。あまりにも順当なP3結果に溜息。

アロンソとしては、昨年の雪辱は絶対に晴らしたいでしょう。表向きには“退屈な”アロンソのポールに見えるかもしれませんが、本人としては、是が非でも抑えておきたいGPなのでは。

プレカンでのフィジが若干疲れてるように見えましたが、ライトの関係で顔に陰がかかっていたせいかな。まぁ、それだけハードにプッシュした証かも知れませんが。

セカンドローはキミ。「ブレーキング時のスタビリティがいい」と解説陣に絶賛されてましたが、確かに、画面から見て取れましたね。

≫続きを読む...
BMW健闘 FP3
2006年06月25日 (日) 01:36 | 編集
BMW、来ましたね。まだ各チーム三味線状態かもしれないけれど、それでもルノーに肉薄したのはさすが。ここしばらく、ルノーvsフェラーリという構図で来ていましたが、ここで新風(新村?)吹き荒れる?
金曜日にフェラーリが遅かったことに対し、「意図的なもの」と言ったのはアロンソ。しかし、もしそれがそうじゃなかったら? 規制のために作り替えたリアウィング、微妙なタイヤのコンパウンド、あれこれ比較するのに精一杯であったとしたら・・・・なんて想像してしまうのは、ドラマを期待しすぎ?

≫続きを読む...
クビカ劇場第2幕 FP2
2006年06月24日 (土) 04:14 | 編集
相変わらず速いクビカ。FP1ではタイム計測しなかったアロンソですら、僅差とはいえ見事にかわしました。

実力的には申し分ないであろう、サードドライバー。しかしレギュラーシートを掴むには、他のファクターも大切なんですよね。・・・・なんてことをちらりと思いつつ。

そのアロンソですが、いつものように“軽々と”タイムを刻んでいるかに見えるところはさすが。

金曜フリーにおいて、エンジンの制限なく走れるサードカーは有利な存在。エンジンその他、すべてコントロールしつつのアロンソとは条件が違います。なのにこの結果。どれだけ彼の臨戦態勢が整っているか、推して知るべしです。

≫続きを読む...
金曜日はクビカ劇場 FP1
2006年06月24日 (土) 01:24 | 編集
またしてもクビカ劇場。2番時計のアンソニーから2秒近くちぎっています。当然、これだけクルマがいいならレースにも期待がかかります。JVとニック、今回は見せてくれるでしょうか。

木曜日のプレカンでも、「今までは前のクルマがリタイヤしてポイントが獲れていたが、前戦ではリタイヤ関係なく、自力でポイントが獲れた」と登り調子をアピールしていたJV。

何と言ってもジル・ヴィルヌーブ・サーキットですから、(本人は「別に。いつもと変わらないさ」なんて言ってますが)期待したいですね。

そして、今回いちばんの注目は・・・

≫続きを読む...
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。