F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダリオがタイトル奪取 第17戦 Miami Indy 300
2010年10月04日 (月) 10:35 | 編集
ちょっと間があいてしまいましたが・・・


GAORAで観てましたよー


ナイトレース、いいですね。何より時差が(1周ぐるっと回って)堪えないのがイイ


さて、肝心のレースですが・・・


スリリングでしたね! 松浦さんの解説もすばらしくて、indy新参者ながら、深~く楽しめた気がします。F1とはまた違った、水面下でのかけひきがあるんですね。F1よりもっと人間くさくて、ドライバーたちの一存でどうとでもなるところが新鮮でした。「オトナの事情」は、自ら作り出してイイんですね~。これって大違いじゃない?

もちろん、目の前で繰り広げられるのは熱い攻防戦。中盤からのスタートなのになぜか必ず前に来るトニー・カナーンが、ある意味レースをコントロールした?感じもおもしろかったです。

とはいいつつ、最後の最後にダニカに鼻先ひとつ抜かれちゃうところもおもしろかった! 山羊座vs牡羊座、やはり最後のダッシュは牡羊座に軍配があがった??(笑)

通常ならタイトル楽勝かと思われたウィル・パワーでしたが、やはりものすごい重圧なんでしょうね。レース前のインタビューで、「もしかしたらダリオが勝つのかも知れないけど」ってひとこと触れちゃってて。そう言った瞬間、もうダメですよね。そこは冷静にレースを俯瞰してる場合じゃないでしょー。結局、まさかのプチミスでリタイヤ。ああいうこと今季は絶対なかっただけに、魔物が棲んでるなーって思わせましたよね。

というわけで、牡牛座のダリオがタイトル奪取。最後は確実にポイント獲りに行ったのも、牡牛座っぽいかなー。まあでも、そういうコントロール能力がないとね。最初に写真を見たときは単なるおっさんかと思ったけど(笑)、1年間通して追ってみると、かっこいい男性に見えてしまう。アスリートって魔力を持ってますね!



と、いうわけで。琢磨選手のインディ初年度がこれで幕を閉じました。今戦は、予選イッパツは出せたものの、レースでのセッティングが決まらなかった様子。イコールだからこそチームの力が問われるインディで、ぶっちゃけいろいろ難しいんでしょうね。ざっぱに決めてざっぱに走らせて・・・みたいな風に、どうしても見えてしまいますね。でも、それがUSA。彼らはごくごく普通のことをしているにすぎないので、それをとやかくいう立場に私たちはいませんものね。

来季は琢磨選手の運気もイイので、必ず結果を残してくれるはず。それに今から期待しています







おっと!

そろそろ鈴鹿の準備にかからないと
スポンサーサイト
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。