F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロンソ完勝 シンガポールGP決勝
2010年09月27日 (月) 11:23 | 編集
息詰まる攻防。ミハエルvsアロンソの名レースを思い出しながら、後半は食い入るように画面とLive timingに見入っていました。選り抜かれたトップレーサーだけができうる頂上決戦の再現。それをまた、この美しいサーキットで魅せてもらっているのだという感動に、ただただ震えながら。

完璧に照準合ったアロンソ。こうなると、彼は誰より強い。“ある程度”決まったマシンと、ふてぶてしいまでの底力。ここにスイッチ入ると、何があっても惑わされず、メンタルは神のように強固になるのが獅子座の彼。

一方、そういうのが誰より苦手だったはずのベッテルが、まるで数年前のアロンソのように完璧にキメてきたといううれしい誤算。才能と愛すべきキャラで爆走していた男の子が、遂にチャンプ奪取のコツを掴んだ一戦でした。

ベッテル「アロンソのミスを誘うことができなかった」

このコメントにすべてが集約されている気がします。ファンとしては、ただただ贅沢なレースを魅せてくれてありがとうという気持ち。メンタルが弱いとさんざん言われてきたベッテルですが、こんなレース運びができるようになったなら、未来のチャンプは秒読みと断言できるでしょうね。

                        

もうひとつの見所は、クビサのオーバーテイク祭りでしょう。ストリート大好きなクビサの面目躍如。抜きづらいサーキットじゃなかったっけ? って思わず確認したくなるような、鮮やかな抜きっぷり。その直前の、難しいレースを楽しむかのような揺さぶりのかけ方。醍醐味満点のショーに、純粋に酔いしれました。

クビカ「新品タイヤで1台1台抜くのは楽しかった」

速いし巧い。それはわかりきっているので、おそらくあとひとつのピースがかみ合えば、本格的にチャンピオンシップに名乗りを上げられるドライバー。すごくオイシイ、贅沢なところを魅せてもらってるんだと思います。

                        

可夢偉選手は惜しかったですが、それらをきちんと対象化してるところがすごいですよね。アドレナリン上がりきってるにもかかわらず、現状が冷静に分析できている。この流れはここできれいに裁ち切り、心身共にフレッシュな状態で鈴鹿に臨んでくれるでしょう。

可夢偉「僕のミス。でもプッシュする必要があった」

                        

健闘したグロック、レース後のプレカンで「今日の2人の攻防は、観客にとっても楽しかったんじゃないかな」と解説陣みたいなコメントが効いていたウェバー、熱くならず、着実にできることを重ねていったバトンも印象的でした。

ルイスは残念でしたが、ああいう人間的なミスはかわいいですよね。もちろん「かわいい」じゃすまないし、あれをどこかでねじ伏せない限りは、再びチャンプに返り咲くことは難しいのですが。

ニックは久々のレースでしたが、うーん・・・、まあ、以前からああいう展開にはよくなってましたよね。予想の範囲内だったということでしょうか。

そして、ミハエル。最後、周回遅れとなるわけですが、あっさりアロンソたちに譲りましたよね。一瞬、息が止まりそうでした。数年前、あの2人が今日のアロンソーベッテルのようにコンマ数秒のレースをしているのを観てきているだけに・・・。

時は流れる。それは仕方のないことです。スターは消えては現れ、新たな才能が私たちを湧かせてくれる。だけど・・・時の流れというのは、私たちが頭で考えている以上に早くて絶対的なものなんだってことを、唐突に見せつけてくれた気がします。



・・・さあ、次は鈴鹿ですね!
そろそろ準備せねばです

スポンサーサイト
アロンソ、完勝へ向けてまずはポール奪取 シンガポールGP公式予選
2010年09月26日 (日) 00:12 | 編集
可夢偉選手、ニックと1秒差つけてますね。これはすごい。

しかし、盛況です。観客の皆さん、このあと全員ビール飲みますよねーきっと 空にかかってる靄は何なんでしょうか。・・・熱気?(笑)



さあ、セッション開始です。

レッドブル、速いのにトラフィックに引っかかっちゃうタイミング。てゆーか、速すぎてトラフィックを自ら作り出してしまうという・・・。そうこうしている間に着々とタイムアップするアロンソ、ルイス。

しかしこの辺、iPhoneのアプリは使えますねー。おもしろい

残り5分を切って可夢偉登場。クビサはまだ出ない。可夢偉、クリアラップ取れてるのが一目瞭然。

ラストアタック。

ベッテル、ちょい力んだが・・・それでも大丈夫ってのがすごい。が・・・


アロンソ来た! すごい。ベッテルがちょいミスしたんですね。リプレイ見ると、リアをウォールに当てちゃってます。しかしアロンソ、落ち着いている。ベッテルがアツイからよけいにクールになるんでしょうね。それが獅子座。


ポールはアロンソ、フロントローにベッテル、セカンドローにルイス、バトン、3列目にマーク、ケロ。


いやぁ。息飲みましたねー
可夢偉、Q3進出 Q2
2010年09月25日 (土) 23:51 | 編集
アロンソ、ちょっとアドレナリン出過ぎなんじゃないかなぁ。速くて強いのはわかりきっているので、あとは確実にいってほしい。

ペトロフ、かるーく当たってイエロー。

アロンソ、ほんとにプチ異常だったんですね。失礼しました。1ラップだけ走ってみて、微調整するとラジオ。

ルイス、キレてますねー すばらしい。美しい。この人の、セナ映画のコメントもすばらしいですよね。

ああ、ハイメくん結果出してますね! 進行中の月は牡羊座。牡羊座のハイメにとっては主役運です。

アロンソ、微調整終えて再びコースへ。大丈夫との無線。ちなみに、マッサのトラブルは電気系とのこと。慎重になったのかもしれないですね。さすが。

すごい! アロンソ、さすがですねー 45秒代入れました。

触発されたベッテル、たちまち塗り替えるトップタイム。すさまじいレベルの高さ。

さあ、ラストアタックです。

可夢偉、暫定10番手。ニックとリウッツィ、スーティルの猛追に息をのむ・・・・



残った

KOはハイメ、ハルク、ペトロフ、ブエミ、ニック、スーティル、リウッツィ。
マッサ、トラブルでストップ Q1
2010年09月25日 (土) 23:28 | 編集
シンガポール“ナイス・ビュー”GPです。


いやぁ。美しいですねー 


さて。

ニック&クリエンの参戦、左近選手の“食中毒”という名の大人の事情、あれやこれやありますが・・・まあ、すべて想定の範囲内って気がしないでも。


ミハエル、P2でしたっけ、闘争心満開でがしがし行ってくれてたんですけどねー。最終的にはレッドブルぶっちぎり、アロンソもマクラーレンも歯が立たず・・・的なところでなだれ込んだQ1。

コースは一部改修されたりして、「前より悪くなった」なんて感想漏らすドライバーもいましたが、ちょい濡れ路面も相まってスリッピーな感じです。

Fダクトはチームによって、またドライバーによって使ったり、使わなかったり。作戦を分けるって意味ももちろん大きいですが、個人的なフィールで変わったりするでしょうしね。

P3で、川井さんがセナについて思い入れのあるコメントし始めたと思ったら、画面に止まっちゃったブルーノ。「と話してたら、甥っ子が・・・」で沈黙した川井さんがキュートでしたね


さて、Live timingに目を移してみると・・・本気のアロンソ、そしてベッテル。鈴鹿でベッテルが勝ちそうですから(ミスがなければ)、アロンソとしてはここで何とか表彰台の真ん中を確保しておきたいところ。しかしねぇ・・。タイム的にはそんなの望むべくもない大差。

ああでも、そうですね。Q1はトラフィックの問題も大きいですよね。ベッテルは精神面での地雷もあるしなぁ。




あ、マッサ


エンジンかー。マッサも気の毒だけど、アロンソにとっても気が気じゃない状態。赤旗出ちゃいました。


セッション再開。

ミハエル、クルマ降りちゃいましたが。何でしょうね。7番手タイムだからもうOKって読み? ・・・よほど蒸し暑いんでしょうか。プチリセット入れないとキツイくらいに。

ルノー、オプションだめだという情報。確かにプライムで走ってるクビサ。下位チームはオプションで走ってますね。当然ですが。

しかし、アロンソ何で走ってるんだろ。2番手なのに。アロンソ、力みすぎに注意してほしい

おっと、ハイメ@牡羊座は6番手タイム更新。今日の進行中の月は牡羊座です。

アロンソ、トップタイム。セナはマシンを泊めてますが・・・なんとかコースに戻ったもよう。

セッション終了。アロンソ、出す必要がないとも思えるトップタイムでQ2へ(笑)。このあたり、P2での本山さんの解説がおもしろかったですね!

KOはグロック、ディ・グラッシ、ヤルノ、ヘイッキ、クリエン、セナ、マッサ。
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。