F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロンソ、またひとつ刻んだ伝説 イタリアGP決勝 Vol,3
2010年09月12日 (日) 22:27 | 編集
全員がアロンソに釘付けになってる間、マッサもピットイン。ちょっと不憫

アロンソ、ピットストップは3,7秒でした。さすがフェラーリ

40/53 アロンソすごーーい 早くも1秒近い差。まあ、まだわかりませんが・・・。

42/53 アロンソ、驚速。おそらく同条件であろうはずのバトンとマッサは、普通に速い。この辺が腕、というか、執念の差なのかもしれませんねー。全盛期のミハエルとアロンソにしかないもの。スイッチ入ったキミが時折見せてくれていた、例のあれ。

43/53 ベッテル、安定して走ってますね。「エンジンだめだ~」は、蟹座的な微細なフィールだったのかも。ヤルノ@蟹座さんがよく言うやつですね。

44/55 マーク無線。ハルクが3回シケインカットした、と訴えたマークですが、スチュワードに却下されてるし(笑)。・・・と、ツィッターでチームスタッフが実況してるし

46/53 ベッテル、マークの前に出るチャンスを逃した、と川井さん。まだオプションのままなんですよね。なんでビシッといかないんだろ? 誰が誰に遠慮してるのか、それとも単純な計算ミスか。

48/53 アロンソ、すでにバトンに3,1秒差。マッサはプライムがあまり得意じゃないっていうし、「バトンもプライムが好きじゃない」と小倉さん。即座に川井さんに却下されてましたが(笑)、しかしアロンソがプライム好きであることは間違いない! 誰も指摘しないけど。よってアロンソに比べたら、バトンのプライムへの思いは「普通」だと思いますよー

49/53 と思ってたら、イエロー出ちゃった ヤルノ、コース脇にマシン止めてます。

50/53 マーク、ハルクを抜きました。ペトロフ、ピットイン。マーク、速いのは速いんですよ。

51/53 あと2周なんですが、ベッテルくん、ピットインは・・・・?

アロンソ、シケインカット。何かつらくなってきてるんでしょうか。これ、順位でトクをしたわけじゃないからペナの対象外?

53/53 ベッテル、ピットイン。ファイナルラップでのピットイン、私は初めて見ました。

さあ、息を止めてチェッカーを待つ!






チェッカー

アロンソ、おめでとーーー!!!! 完璧な仕事。完璧な記録。移籍後初のモンツァで、優勝、ポール、ファステストラップの三冠王

ファイナルラップで最後のバイザー捨てたアロンソ、スターですね~ ああー、今あのティフォシの中に入りたい・・・。コースになだれこみたーい ああ、もうなだれ込んでますね。フェラーリのでっかい旗 

伝説をまたひとつ刻んだアロンソ。圧倒的勝利。見事でした
スポンサーサイト
息詰まるドライビング戦 アロンソ、遂にバトンの前へ イタリアGP決勝 Vol,2
2010年09月12日 (日) 21:58 | 編集
15/53 セナにもSTOP表示。

17/53 アロンソ、ファステスト更新してますがジェンスとの差は1秒ちょっと。このスティントではムリしないことにしたのかな。

スーティル、ハイメはピットインしてますね。

18/53 デラロサ、ピットイン。

あ、ハイメ、例のシケインでやっちゃったみたいですね? 審議出てます。浜島さんがつぶやいてた、あの箇所だ。

20/53 例のパーツ、バトンのものじゃないかもしれない、との話。とすると今キツイのは誰? 確かにバトン車から不調は読みとれないし。

21/53 ベッテル無線。エンジントラブルを訴えてます 新品なのに・・・(モンツァですもんね)。マークにも順位を譲っちゃいました。だましだまし、なんとか走ってる状態。

25/53 ジェンス、バックマーカーにつかまっちゃってる状態。アロンソ、夢の2台抜きチャンス!?

ああ、ハルクもやっちゃってますね。シケインカット。ペナ出ちゃうかも。

後方のマシンはほとんどピットイン済み。しかし前の12台はまだオプションのまま。先にプライム穿いちゃった方がソン、という読み。

29/53 悔しいくらいバトン順調。ほっとんどタレてない、という。

30/53 ピットに救急車。クルーさんでしょうか?

32/53 マッサ、ファステスト。漢を見せますねー。アロンソもジェンスとの間を詰めてます。
リウッツィ、ピット。ちなみにFダクトは搭載してません。

33/53 バトン、プチミス。アロンソ詰めてきた。しかし抜けないですよね~。それはまた別の話になっちゃう。

34/53 クビサ、ピットイン。さあ、プライムのあったまりはどうでしょうか。

35/53 バトン無線。とにかくプッシュだ! もうすぐピットインです。次くらいに入るかな。結局、クリアを取ることを優先させるみたいですね。

36/53 ニコ、ウェバー、ピットイン。 マーク、クビサの後ろで戻りました。ここで前へ行く必要ありましたよねー。

さあ。マクラーレン来た! 37/53 最速ピットイン!

続いてハルクもピット。ハルク、クビサの前。マーク、クビサを抜いた! ハルク、やっちゃったー。

38/53 アロンソ、ピット。鬼走りをカメラが抜いてくれなかったー アロンソ、バトンの前!
バトン、スタートで先行 イタリアGP決勝 Vol,1
2010年09月12日 (日) 21:21 | 編集
可夢偉選手はピットスタート。うーん、厳しいですねー でもまあ、何があるかわかりませんから。これでポイント圏内までいけたらそれこそスゴイ。来季のザウバー残留が(一応)決まってますが、この辺、もうちょいいいマシンを用意できるチームに行けたらな~って思っちゃいますよね。

エアー24度、路面35度。快晴のモンツァです。

さあ、アロンソにとってどんなレースになるのか・・・。伝説が今日生まれるかどうか、見届けたいと思います。


ブラックアウト。

ああー。ジェンスのスタートがすばらしすぎ。アロンソ、先行されちゃいました。マッサと一瞬ホイール・トゥ・ホイール。ぶつけるんじゃないか(お互い)と冷や冷やしましたが、ここはギリギリスルー。しかしルイスがやっちゃったー。マッサに右フロントひっかけられたのか、トラブルがあったから引っかかっちゃったのかは不明。

3/53 カムイ選手にSTOP表示。だからマシンがーーー

うーん、結局Fダクトつけたバトンが成功だったのか。マクラーレン、スタートいいですしね。あとはアロンソ、スタート直後に寄せちゃったのがなー。気持ちはわかるけど。オーバーヒートしちゃったかもですね。対マッサは岩ずもがな。

リプレイ映像。アロンソvsマッサ、かるくあたってますね。ここでマッサがアロンソに譲っていれば・・・って話もあるんでしょうが、それはさすがに可哀想な気も・・・ 一方のジェンス、パーツ飛んじゃってます。これがこれから影響出るのか、かろうじて持つのか。アンダートレイの一部では、と解説陣。

ロブ・スメドリー無線。やはり注目集めてますね。何か言っちゃわないか、みたいなw 

7/53 アロンソ、ポイントたくさん獲る作戦に変えたでしょうねー、きっと。ルイスのリタイヤを教訓として、きっともうジェンスにもマッサにも寄せないと思う(笑)。

・・・と思ったら。アロンソ、テール・トゥ・ノーズでバトンに肉薄w まだ勝つ気だった アドレナリンうまく調節してくださいね! フェルナンドは、やる気全開させちゃうと自滅するパターンけっこうありますからねー。

バトンは、パーツ飛ばしながらもドライビングをコントロールしてるはず。フラップ上げてるでしょうね、と小倉さん。うーん、アロンソが二重に不利に見えてきた。

一方、後方でナニゲに速いのがハイメ。昨日からけっこう調子いいんですよね。牡羊座、戦ってます。

バトンとアロンソ、ファステスト出し合ってます。さあ、もうすぐ1回目のピットインです。
F1占星術 モンツァ&鈴鹿
2010年09月12日 (日) 13:31 | 編集
今日のドライバーの運勢、サクッと占っています

ツィッター占いはこちら




今頃アロンソ祭り、フェラーリ祭り大開催中のイタリア。一昨年私が止まったホテルのフロントマンくんも、大のフェラーリファンでした。今いちばん幸せなのでは






ところで、オートスポーツ今週号は皆さまチェキされましたでしょうか?

日本GP特集号です

AS201009

1冊まるまるF1ですよ~

鈴鹿決勝時の可夢偉選手の運勢を占っていますので、よかったらチェキしてくださいね
アロンソ、鮮烈なポール イタリアGP公式予選
2010年09月11日 (土) 22:05 | 編集
やっぱウィングは寝かせて欲しい。モンツァでは>伝統派(笑)。

そしてそのアロンソ、美しく速い
マクラーレン圧勝かとも言われてましたが、堂々速いです。ポール獲る気だ



さあ、そして・・・

アロンソ、ラストアタックでプチミス? てゆーかそれ以前の惜しいラップだった?? やめちゃいましたが・・・


それでも、獲りましたポール

モンツァで、フェラーリで、アロンソ!!!




すごい



完璧なショーを見せられてただただ溜息。


うれしそう・・・




フロントローにバトン、セカンドローにマッサ、ウェバー。3列目にルイス、ベッテル。


これが一夜限りの夢で終わりませんように!
フォルツァ、フェラーリ
可夢偉、善戦するも敗退 P2
2010年09月11日 (土) 21:49 | 編集
ミハエル、惜しくも届かず。可夢偉選手も、後一息でした

まあしかし、ザウバーはモンツァ厳しいと言われてましたからね。デラロサとの差は歴然だし。可夢偉選手はがんばったのではないでしょうか

KOは、ミハエル、ザウバー2台にハイメ、ブエミ、スーティル、どうしたペトロフの7台。

・・・今のハイメくん、イタリー語ですか?? ラテン語圏の人って、ひとつしゃべれればすぐ会得しちゃうのがうらやましいですよね~。大阪弁と九州弁、みたいな感じだったりして?(笑)
快晴のモンツァ、まずは順当な滑り出し P1
2010年09月11日 (土) 21:22 | 編集
晴れてますねー、モンツァ
眩しい聖地。観客、ほんっっとに楽しんでるんですよね。

ちらっと映ったのはヒュー・グラントですね。F1好きなんだぁ

んで、インディのダリオさんですかね? 来客多し

さーて。Fダクト狂詩曲・・・かと思いきや、キモはダウンフォースにありとの川井さん解説。原因より結果が大事なのはF1の常。なるほどねー

フェラーリ順調そうですが・・・マシンがキマったのか、ルカ様の魔法か

マクラーレンは戦略分けてるといいつつ、タイム的には僅差。ほんのちょっとトラフィックがあればたちまち消えちゃうくらいですが・・。

ラストアタック。

KOは、マシントラブルでマシンを降りてるらしいリウッツィと、そしてセナ、左近、ディグラッシ、ヘイッキ、ヤルノ。極めて順当なマシン差でした。

トップは赤の2台。モンツァで赤来た

Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。