F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の最後にドラマ! そして主役はアロンソに・・・ スペインGP決勝Vol.3
2010年05月09日 (日) 22:41 | 編集
50/66 マークはクルーズ状態。今いちばん焦ってるのはバーニーでしょうね。「もっとわかりやすくおもしろいレースにしないと!」みたいな(笑)。

51/66 ニコ、ようやくハルクをパス。長かった51周。

55/66 ヴェッテル、7コーナーでコースオフ。ピット準備してるってことはトラブルなんですねー。あらら。これで順位落としちゃいますね。速いことはまちがいないのに結果に結びつかない。F1占星術では、今年の運気「下馬評に伴わず、運気今ひとつ」でしたね! じわじわ当たってくると占った方も怖くなる~

58/66 アロンソ、ひとりゴリゴリ飛ばしてます。最後まで超本気(笑)。セーブしたほうがいいとか、ほんとはあるのにね。フェラーリが楽しいんだと思いますきっと♪

ベッテル無線。ブレーキに関する指示。ブレーキトラブルなんでしょうか。

60/66 ベッテル無線再び。「ブレーキ、ダメになりそうだ」って・・・。

アロンソの猛追を受けてルイスもスパート。マシン的には、バルセロナ入る前はマクラーレンすごいって言われてましたよねぇ。

61/66 マークのパーツが飛んだ画、リプレイ。何か起こるのか、持ちこたえるのか・・・。

62/66 ベッテルリプレイ。ブレーキかかってないです。怖い~
無線「もう限界だからスローダウンしろ」。あー、ダメだ。危なすぎ。もうダメです

65/66 ベッテル無線。「もっとゆっくり行け」。究極の指示ですね。

お! ルイスバリヤにヒットしマシンを止めた! 大歓声の中アロンソが・・・

ルイスリプレイ。左フロント、ホイールが割れたっぽい。ミスではなくマシントラブルですね。うーん、それは可哀想・・

ファイナルラップ。アロンソへの歓声でサーキットは湧いてる様子。僥倖の2位フィニッシュですねぇ。しかしここでラッキーもらっちゃったら、モナコはどうなるんだろ・・・。ツキが他の人に行くような? そんなセオリーはないような・・・。


優勝はマーク。2位にアロンソ、3位にはなんとかしのいだベッテルが滑り込み。4位ミハエル、5位バトン。


しかし、なんかアロンソが優勝したみたいになってます・・・
スポンサーサイト
レッドブルぶっちぎり スペインGP決勝Vol.2
2010年05月09日 (日) 22:14 | 編集
20/66 プライムとオプションとの差はあまりないようですね~。ブリジストンの性能が正確すぎるのか(笑)。

23/66 ミハエルとバトンがバトってる間に、ハイメ、ハルクを抜きます。ナニゲにアルグエルスエリ祭り開催中。ミハエルはタイム上がらないですね~。どんどん渋滞してきました。

25/66 マッサがバックマーカーと軽く接触。あれは危ないですね。フロント折れちゃった!? これはもう運ですよねー。

29/66 チャンドック、ピットへ。フロントウィングがないですね。あー、派手にやられてる。ブエミに。チャンドックくん、ツィッターでドラパ生中継してたりしてお茶目なんですよね。

しかしバックマーカー、可哀想なくらい譲ってますね。ああ、チャンドック止まっちゃった。譲ったんじゃなくてスローダウンしちゃったのかも。

32/66 結局ペトロフとバトることになっちゃったカムイ。しかし相手はルノーですからね。ちなみに乙女座対決ですw

36/66 アロンソ、タイヤ使っちゃってもいいよの無線あった後ペースアップ。さすがだ~。(アタリマエだけど)、緻密にコントロールされていて、余力も十分残していて、それを自在に出せるところがかっこいいですね

37/66 ニコ、オプションに戻します。さあ、どっちがいいのか。

しかし動きありませんね。ただアロンソのペースアップだけが目立つ状況。バトンは依然としてミハエルを抜けず。

45/66 マーク、ファステスト。プライム、ここへ来て調子上がったか。

47/66 なんか飛んでますね。ヴァージンっぽい色。

川井さん分析。タイヤのグレイニングが出てないのはレッドブルだけだそう。・・・ということは、何事もなければモナコもきっと・・・

さあ、何事もないままレースは終盤へ。このままレッドブルぶっちぎっちゃうかなぁ。
スタートでザウバー2台後退 スペインGP決勝Vol.1
2010年05月09日 (日) 21:30 | 編集
大きなアクシデントもなく各車一斉にスタート。白いマシンがスローダウンしてましたが、まさかカムイ・・・?

2/66 ブエミ、ピットイン。接触があったでしょうか。
デラロサもピットへ。パクチュアでしたね。ってことはスローダウンはデラロサか。

正直、スタートでヴェッテルがマークを抜いちゃうと思ってたんですけどね(笑)。違いましたね。マーク、トップ走行中。

3/66 カムイ、15番手。何か拾っちゃったかもしれないですね。

スタートリプレイ。デラロサの近くで何か飛んでますね。で、ずるずるとスローダウ。一方でカムイ、コースオフしてます。ゴミを拾ったんですね。いやいや、ここからですから!

ロケットスタートはハイメくん。牡羊座、文字通り突進しましたね♪

カムイはクビサにやられちゃってますね。乙女座vs射手座のサイドバイサイド。

6/66 レッドブル2台が速いのはわかるけど、マークとセブの差が1.7ってどういうこと? 睡眠時間削った率、マークチームの方が高かったんでしょうか(笑)。

11/66 カムイ、なかなか抜けないですね。前を行くのはリィウッツィ。フォース・インディアですからね~

13/66 トニオ、ピットへ。プライムに履き替えます。プライムで十分速いかも、ってことですね。気温も高そうです。路面35度。

15/66 ミハエル、マッサ共にピット。ニコも入ります。続々とプライムに履き替える。

お! ニコ、右リア締め直してますね。あー、もったいない。けっこうロスしました。今週末はツイてないですね。

17/66 さあ、ピット渋滞です。アロンソ、ベッテル、バトン。ベッテルもピットでトラブっている。ピットから出たバトンとミハエル、サイドバイサイド。

ベッテル、ニコ、ピットでトラブった2人は共に蟹座。

18/66 マーク、ルイス、ピット。

あー、ルイス、ピット出口でベッテルと攻防。空気呼んだディグラッシがちょいルイスの味方みたいになっちゃった?(笑) しかしこのときのベッテルの切り返しすごかったですねー。

ということで。多くのマシンがプライムへの履き替えを終えて、レースは中盤へ。
レッドブル、フロントロー独占 スペインGP公式予選
2010年05月08日 (土) 22:04 | 編集
さあ、この予選は保存版になるでしょうか。残り3分まで待ったカムイ選手、ラバーが乗った状態で一発勝負に出ます。こういう、見せ場を作るところがいいですね! 昨年の最終戦を思い出す~


さあ、ラストの攻防あって・・・


あー、ミハエル、ほんとによくなってますね。彼好みのマシンに調整効いてきたんですね。ここからですね。


予選結果。

ポールはマーク。フロントローにベッテル。セカンドローにルイス、アロンソ。3列目にバトン、ミハエル。


レッドブルぶっちぎり時代の到来でしょうか。ベッテルは大好きなんだけど、もうちょっとハラハラさせられる展開の方が楽しいですよねぇ。
カムイ、見事な“バンザイラップ”魅せた Q2
2010年05月08日 (土) 21:48 | 編集
レッドブルはまだプライム。すごーい・・・と思っていたら。ハイメもプライムで出てますね(笑)。そんなにタイム差ないのかなぁ? ・・・アロンソ、ルイスはオプション。以下、オプションが多いものと思われます。


・・・夢中で観ていたら。なんと最後に、カムイ選手がスーパーラップ! コンマ6刻むってどういうことでしょう?

溜めに溜めたものをすべて出せたんでしょうか。ああ、楽しみになってきた

あ、Fダクトの使い方がうまい? さすが乙女座。そういうのは、魚座のデラロサより乙女座のカムイ選手に分がありますねー(もちろんそれだけじゃないですけどね!)

ケロ、ノックアウト Q1
2010年05月08日 (土) 21:23 | 編集
フェラーリはプライムでコースイン。快晴のカタルーニャ・サーキットです。タイヤの焦げる匂いが伝わってきそうですね。

アロンソの左手談義になってますねー。いずれにしても300キロで左手離し。瞬間的に両手離しになる場合もある(?)とすると・・・「セナ足」に匹敵する超絶技巧ってことで、「ナノ手」ってどうでしょう? ・・・いや、セナ足と何かを並列にはできないですね。ごめんなさい。

開始10分。まだ出ないレッドブル。数年前のフェラーリみたいですね。

その当時の絶対帝王ミハエル、なんだかんだ言われてますがぁ、私はすごく楽しんでるんだと思います。個人的には、神話完結の「その後」を体現してくれたことがすごくうれしい。「終わりの向こう側」って、みんなほんとは興味あるんだと思うんですよ。

Q1結果。

ケロ、無念のKO。続いてヤルノ、ヘイッキ、グロック、ディグラッシ、チャンドック、セナ。
レッドブル1-2 金曜日@バルセロナ
2010年05月07日 (金) 22:32 | 編集
津川さんの解説はわかりやすいですねぇ。ミハエルの今期の状況、これで靄が晴れました。
(あ、もちろん小倉さんも大好きです

さあ、P2観るぞ!


曇り空のカタルーニャ・サーキット。ライブカメラでもおなじみのコースですね。

レッドブルは車高変化に鈍感。どうなっても速い。マクラーレンはその辺敏感。・・・うーん、なるほど。

ヴァージンとフェラーリの2ショットで飛び散る破片。みんながヴァージンだと思ったら・・・アロンソ号からなにやら飛んでました。でも大丈夫みたいですね。

と言ってるうちにハルクがグラベルにはまっちゃいました。赤旗中断。獅子座は今、運気があんまりよくないっす。全国の獅子座の皆さん、がんばりましょう!

さて、画面は改造直後のメルセデスのアップ。ニコが漢の顔してますね。この人、スイッチはいるとケケ顔になるんですよね(笑)。ふだんはママ似のディカプリオ顔なのに

さて、画は客席へ。寒そうですね。ダウン着てる人いますよ、外国人さんなのに(日本人は体感温度低いですが、白人のかたって高いんですよね。だから4月くらいに水着で海に入ったりします♪)。

・・・モナコも寒いんだそうです。最低気温は10度を切っていて、朝夕はダウンでもOKだそうですよ皆さん!(旅行準備しませう~) しかも来週はサンダーストームの予報・・・って、インディか!(笑えない



さあ、セッション再開です。

津川さんのFダクト講座。うーん、わかりやすい! あ、effortってめんどくさいニュアンスなんですね。かつて努力が美徳だった(あくまでも過去形)日本とは概念が違うんだなぁ。

ん! クビカ軽いですね。マシンが軽快な印象。センシティブなところを乗りこなしてるんでしょうね。何といっても、F1占星術的にMVP候補ですからね。要チェキなのです。

お! 津川節ここに極まれり。

「ガレージがきれいで、人がきびきび動いてるのは速いチームなんです」

ちょっと感動したーー。ひとことで言い尽くしましたね。わかりやすくツボをついている、さすが津川さん。


ああ、モナコの話になりましたね。トラフィックを避けるため、予選を分けるかという案。速いチームと、下位チームですね。そうか、やっぱりモナコはモナコだなー。あそこのトラフィックは危険ですもんね。しかしそれも含めてのレース、という説はもっとも。荒れそうですね、モナコ!

残り20分。気が付けばレッドブルが1-2です。グロックは明日から運気アップの予定なんですが、しかしねー。下位チームになると、少々運気が上がったくらいじゃどうしようもないですよね。違うカテゴリーなのに一緒に走ってる、くらいの勢いですもん。

お! すごい!! アロンソのFダクト操作について突っ込みまくる解説陣。言われてみれば確かに不自然な動きだーー。おもしろすぎる。手の甲でさりげなく押さえる仕草。演技派俳優さんの微妙な「らしい」演技みたいでしたね!

ちなみにマクラーレンは「膝」だそうです。笑える!! フェラーリの無防備さがかえってかわいいですね。何かあっても、FIAと仲良しなら(すみません)安心して直せますもんね。今回のエンジンみたいに♪

残り3分。ハイメくんがコース上でストップしてますね。イエロー出てます。


チェッカー終了。結果はレッドブル1-2。続いてミハエルが意地で食い込んだ格好。さあ、レースにどう影響するのかしないのか。このサーキットではジェンスが有利って話もありますが・・・どうなんでしょうね!
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。