F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マレーシアGP決勝のホロスコープは
2010年04月04日 (日) 19:53 | 編集
20100404-2

左側「12」とあるのが、12室の表示。秘密の敵の部屋です。ここに火星が入ってるんですね~。火星はトラブルの星。しかも獅子座にありますから、獅子座のアロンソにはじわじわプレッシャーがかかってくる配置でした。

ひとり、またひとりとドライバー=マシンが脱落していったのもこの星のせい。はっきり見た目にわかるクラッシュとかじゃない分、よーく見てないと「なんで?」って流れになりがちでした。

もうひとつの要因が、右側「7」のところにある海王星。海王星はアイマイなもの、わかりづらい流れの象徴。「だからどうって一概に言えない、複合的な要因が複雑に絡み合ったモノ」がレースを支配したということです。

そしてもうひとつ。左下「2」のところにある土星。2室は財産運の部屋。レースにおいては、マネージメントの部屋だと解釈できます。ここに忍耐と地味な蓄積を表す土星が来てますから、「じわじわ粘り腰で、ムリせず地味に完走すること」が大事だったと読みとれます。つまり、それが難しいしキモである、と。

進行中の月は射手座にあったわけですが、その月が座するのは4室。家庭の部屋です。つまり、家庭=チームから見て、射手座的ドライバー=若々しくて少年っぽい方が、チームに愛されて活躍する、という流れにありました。レッドブルでいえばベッテル、フェラーリでいえばマッサがそれにあたります。

ところで、ハイメくんのタイヤの件ですが、2種類ちゃんと使ってたそうです。現場だと目視情報も入るから混乱するんでしょうね。
スポンサーサイト
ベッテル優勝 マレーシアGP決勝 Vol,4
2010年04月04日 (日) 18:40 | 編集
51/56 ハイメ、まだタイヤを1種類しか使ってないとの情報。うーん、このままチェッカーならポイント圏内だったんですが。てことはハルク、10位フィニッシュ? てことはF1占星術当たる?(こればっかですみません

52/56 アロンソ、あきらかにマシンがおかしいですね。国際映像の振り方がヘン。んー、現地局の采配なんですよね。あ、3速2速がうまく入らないっぽい。やはり12室(秘密の的の部屋)にある獅子座の火星(トラブルの星。しかもアロンソは獅子座)がじわじわプレッシャーかけてたんですね!

55/56 アロンソ、最後のバトルで白煙吹いちゃったーーー。あー、マシンを止めました。惜しい!!! ちょっと自信過剰になっちゃったかな。マシンは手追いだけど自分なら扱いきれる、みたいな。まあ完走扱いにはなりますが、ポイントはゼロ。

一方のベッテル、ファイナルラップかっ飛ばしてます。ようやく手にしたNo,1。リズのご機嫌直りましたね

結果
マレーシアGP決勝 Vol,3
2010年04月04日 (日) 18:26 | 編集
34/56 ペトロフ、ストップしてます。がんばってたんですけどねー。あー、マシントラブルですね。攻撃モード全開の乙女座、おもしろかったんですが。

37/56 ようやくピットへ、アロンソ。オプション装着し、マッサの後ろでコースに戻ります。まあ、仕方ないですね。そのマッサはバトンを抜けずに苦戦中。

42/56 アロンソ、ダウンシフトに問題があるとの情報。にしてはあまりに見事なドライビング。

44/56 マッサ、ようやく抜きましたねー。“good boy"か。ロブ・スメドレーさんマッサをキッズ扱い(笑)。



・・・今、あまりに地味(=キモが目に見えにくいところにある)なレース展開に、ホロスコープチャートを作ってみてました。やっぱりねーの我慢星がヒミツの的の部屋に鎮座。なるほどねって感じです。レース終了後にアップしますね。



46/56 さあ、アロンソvsバトン。大胆に振ったんですけどね~。ダウンシフトに問題あるとしたら、ちょっと難しいのかも。まあ、いちばん大事なことはチェッカーが振られたときにポイント圏内に残ってることですもんね。無理は禁物です。

さあ、その言葉が誰より突き刺さるであろうベッテル、今のところは快調です。このまま勝たせてあげたいですよねぇ。

・・・しかし、なんかこのレース、観てると蒸し暑くなってきますね!(笑) これ、レース終わった直後にシャワーとか来ちゃいそう。

49/56 上位陣は車間距離(わざと)取って確実に走行してるとのことですが・・・なんかねー。ユニオン的な感じで、それもどうなの? って気がしないでも。もちろん、大事なことなのは重々わかってますが。

さあ、このまま何事もなくチェッカーとなるか?
曇り時々バトル マレーシアGP決勝 Vol,2
2010年04月04日 (日) 17:58 | 編集
20/56 静かにピットでエンジンを切るヘイッキ。んー、そして誰もいなくなった的に、1台ずつひっそりフェイドアウトしていく流れ。粛々としていてなんだか不気味です。派手な接触でもあればまた違うんですが。下位チーム、そもそもマシン作れてたの? なーんて辛口意見も聞こえてきそう。

さあ、いちばん華やかな切り口はというと、ルイスがどこまで追い上げられるか。

22/56 クビサ、ピットイン。マッサの前で戻りました。

一方、ペトロフはブエミとバトってます。いいですね、今日のぺト。

23/56 ニコ、ピットへ。プライムつけて、クビサの前で戻れましたね。今んとこ実質表彰台圏内。

24/56 ベッテル、ピットへ。最速作業でギリッギリ、ルイスの前に滑り込みました。これで壊れさえしなければ(爆)優勝確実。

25/56 マーク、ピットへ。右フロントが抜けない・・・こりゃーキレますよマーク。んー、2,4秒のロスですか。

26/56 雨待ちだったフェラーリ、ピットの準備。これ、アロンソをマッサの前に出した方がいいんじゃないの? マッサ、ずーと前に押さえられて抜きあぐんでますが。

27/56 まずはマッサからピットへ。アロンソ、これで前に出ます。ハルクの前で戻ります。さあ、アロンソのタイムチェキしよう。・・・おっと、やっぱり自己ベスト更新。

28/56 あらま。マッサ、ニュータイヤで全体のベスト連発。さあ、どっちがいいのか・・・。これ、難しいですね!

31/56 ルイス、ピットへ。最速作業でコースイン。バトンの前に滑り込む! バトンもがんばりましたが鼻先をかすめる。

ハルクvsハイメ、こっちもバトってますねえ! 牡羊座対獅子座。火の宮のエナジー対決だ♪ ハイメの攻撃すごーい! 昨年のカムイを彷彿。プラットホームのスタッフ陣が大喜びです。

32/56 雨が来ないまま過ぎていくレース。おもしろいバトルはあるものの・・・・。
ベッテル、スタートで軽々トップへ マレーシアGP決勝 Vol,1
2010年04月04日 (日) 17:27 | 編集
晴れてますね。雨は1時間後との予想。さあ、スタートです。

あっという間にベッテルが前。あまりにも妥当な形で収まりました。マーク、ニコ、クビサと続いてカムイは10番手。

ちなみにデラロサはエンジントラブルでスタートできなかった模様。デラロサには申し訳ないですが、1台が犠牲になるともう1台が活躍・・・って、割とよくある運命の法則(次戦は逆かも知れません。てゆーか、よくあることですよね~)。

スタートリプレイ。ベッテルが鮮やかにライン取ってマークをパス。ルイスのスタートもいいですね。一方ピリッとしなかったのはマッサ。クルマのせいなのか? それとも・・・

グロックとヤルノが軽く接触。クレーンが来ちゃいましたね。しかしそれ以外は何事もないまま早くも5週目。雨も来ないしね。波乱必至かと思いきや、我慢のレースになってます。

ルイスのオーバーテイク祭り。ペトロフを抜いたルイスが抜き返される。乙女座の戦闘モード炸裂させてますね、ペトロフ。マシン性能の差を考えれば・・・・と、思ったけど、クビサのあの健闘ぶりを見ると、ルノー、案外悪くないのかも。

一方、ブエミに押さえられているのはフェラーリ勢。うーむ。アロンソの鬼の形相が見えるよう。

8/56 ペトロフvsルイスを堪能してるうち(これすごいおもしろいですね! 昨年のバトンvsカムイくらいおもしろい♪)、ケロがピットへ。

9/56 一方、フェラーリ勢はどうしたんでしょうね? まさか、もうやる気なくした?

カムイ、ストップ。マシントラブルのよう。ギア入ったまま止まってますね。デラロサもトラブルで出られませんでしたから、今回はザウバー、ちょっと残念な結末。ペーターさん明らかに意気消沈。

10/56 バトン、ピットへ。オプションからプライムに履き替えます。ちなみにルイスはプライム。

おっと、今度はミハエルがストップ。リプレイ映像。んー、無線通り、「何かが壊れた」って感じですね。

と、思ったら。ディ・グラッシとヘイッキがヒット。パーツ飛んでますね。リウッツィもマシンを止めた模様。

13/56 ヘイッキ、ピットでタイヤ交換。

14/56 ペトロフ、ハルクがピット。バトンの後ろでコースに戻りました。遅いよねえ。

地味ながらじわじわとキテる感じのレース展開。サスペンスミステリーみたい(笑)。

今日のドライバーの運勢は・・・
2010年04月04日 (日) 12:28 | 編集
Twitter占いで、今日のドライバーの運勢を占ってます。

今日の進行中の月は射手座。果たしてどう転ぶでしょうか?


よかったらチェックしてくださいね
ウェバー、インターチョイスでPP奪取 マレーシアGP公式予選
2010年04月03日 (土) 18:22 | 編集
再びエクストリーム仕様のQ3。これ、スコール級じゃないです? 昨年の決勝を思い出しますねぇ。

ん?? クビサが妙な位置に着けてますが。どーするの、自由な射手座? ・・・あ! 横入りした!!(笑) あとでまたモメますよ~ 5グリッド降格とか、いやですよねぇそんなの。

さあ、オンボードカメラがずぶぬれになってます。前が見えない状態。車間距離開けないとどうしようもないですね。

残り7分、赤旗中断。やっぱり来ちゃいましたねー。明日も同じ時間ですから、レース大丈夫なの??



・・・・再開です。

最後のタイムアタックは圧巻。まさかスーティルが・・!? なんて一瞬もあったりしましたが、結果はやはり。

ポールにマーク。唯一インターをチョイスした、作戦が当たりました。フロントローにニコ。セカンドローにベッテル、スーティル。3列目はハルクとクビサ。

ニコ、スーティル、来ましたね! そして何よりハルク! ヒュルケンベルクくんが5番グリッドですよ~ F1占星術、プチ当たりです
Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。