F1ダイアリー
F1をこよなく愛するフォーチュン・ナビゲーターによるF1的日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バトン神話いまだ健在 オーストラリアGP決勝 vol.4
2010年03月28日 (日) 16:42 | 編集
39/58 盤石フェラーリとは違って、やや性能の劣るマシンでがんばってるのがクビサ。よくマッサを押さえています。それにぴたりとつける格好になってるのがアロンソ。うーん、冒険はできないし。ここは今シーズン全体を見据えて、ポイント獲ろうと思ってるのかもね。

41/58 あー、プラットホームでヘコんでるベッテルくん。わかりやすくてかわいいですねぇ。ダントツで勝ってたのにね。2戦ともマシンのせいで、獲れるはずの優勝を逃しました。

44/58 国際映像が追うのはクビサvsフェラーリ。クビサ、MVPじゃないですか?

45/58 グロック、アウトですね。ギヤボックスか? コース上に残ったのは14台。サバイバルレースになってきました。

46/58 マッサ無線。クビサを抜けとの指令。いやぁ、マッサにできるかなぁ(ごめんなさい)。特攻隊長でアロンソに道をあけさせる役割?

47/58 アロンソを猛追するルイス。2番手以降の攻防がすごい! ところで、雨来ませんね。

49/58 2番手以降が数珠繋ぎ。しかしここへきてクビサが自己ベスト。んー、目視で見てマッサがいまいち走りにキレのない印象? ・・・・と思ったら滑ってますね。下手したらこれからSC、なんてケースもあるわけですから、ムチャは避けたいし。

50/58 ルイスがアロンソの後ろにぴたりと着けちゃった。こうなる前にアロンソを出しておけば・・・。イコールとかいってないで、1-2決めておけばなぁ。。。残り7周、ルイスとバトってる間にタイヤやられちゃったらどうするんでしょう。

53/58 ルイス無線「タイヤ、タレちゃったよ」「Keep going!」。その後ろでマーク、仕掛ける気になった? 

55/58 ああ、ドキドキする! アロンソvsルイス!!! マクラーレン、ストレート速すぎ。しかしアロンソも巧い。後方でハイメを抜くミハエル。手こずらされましたねー。

57/58 ルイス、やっちゃったー・・・・と思ったらもらい事故。マークが突っ込んじゃったんですね(あとで謝罪したとのこと。地上波の方がこの流れわかりやすかったですね)。マークはピットへ。ルイスもまだ走ってる様子。

さあ、そして・・・・

バトン、願ってもないパターンでチェッカー。昨年度の“僥倖勝ち”を彷彿とさせる優勝を飾りました。チェッカーを振るのはジョン・トラボルタ。

2位クビサ、3位マッサ、以下、アロンソ、ニコ、ルイス、リウッツィ、ケロ、マーク、ミハエルと続きます。

しかし、何と見応えのあるレース! あちこちでおもしろいバトルが頻発。勝ったのはエコ走行(ごめんなさい)のバトン。無駄なく無理せずアクシデントもスーッとすり抜け、するりと勝ちをゲットしました。異次元が2つ交錯していたようなコース。バトる人たちと、かわすバトンと。

優勝バトン、MVPはクビサ。次は1週間後、セパンです

スポンサーサイト
ベッテル、まさかのストップ オーストラリアGP決勝 vol.3
2010年03月28日 (日) 16:06 | 編集
26/58 ベッテル、まさかのストップ。単独でグラベルに乗り上げた! が、何かあったんでしょうね。ニューウェイのマシン、かっこよくて速いけど壊れやすいですから。官能的なリズ・・・

ってことは、またしても“気が付けばバトン”。なーんかちゃっかりトクをする運勢なんですよね~

一方、ニコvsルイスはクリーンファイト。空撮で追うバトルも美しい。

28/58 ハイメ、ピット。プライムに履き替えました。オプションがつらかったのか。

30/58 ミハエル、ピットへ。オプション。苦戦してますね。最初の接触でマシンバランスがおかしくなった、とかいうこと?

31/58 クビサ、うまくルイスを押さえて2番手キープ。開幕前は散々な状況だったのに。さあ、ストレートでルイスが仕掛けられるか。うまく押さえるクビサ。

32/58 ミハエル、ニュータイヤでファステスト更新。ケロ、ピットでプライムに履き替える。

33/58 マーク、ピットへ。オプションのままニューにチェンジ。メルセデスピットに動き? クビサ、うまいですね~。うまーくルイスを押さえてます。04年サンマリノだったかな? アロンソvsミハエルの名人戦を思い出しますね。

ベッテルのリプレイ映像。ブレーキトラブルだったんですね。ニューウェイ号、今季もか。

34/58 マーク、ニュータイヤでデラロサをオーバーテイク。

35/58 ルイス、ピットへ。オプションのニューにチェンジ。雨来るのかなぁ。・・・来てる? カメラに時折水滴が落ちますね。

37/58 アロンソ無線。このままピットインせず行く気です。みんなタイヤにトラブル抱えてるのに、アロンソは正常だってことですね。盤石のフェラーリ、やはりレースになると強いですね。どこまでしぶとく粘れるか。さあ、あとは雨次第。
あちこちでせめぎ合い。 見応えたっぷり オーストラリアGP決勝 vol.2
2010年03月28日 (日) 15:46 | 編集
これからもまだ雨が来るという予報。比較的動きが単調だった開幕戦とは正反対に、さらに波乱の展開となりそうです。

14/58 スーティル、ガレージへ。うーん。マシントラブルでしょうか。期待できる位置だっただけに残念。あ、エンジンだそうです。フォースインディア。

15/58 コース上ではアロンソ様のオーバーテイクショー。ダントツに速い状態です。シューはマシンがイマイチなのかな。アロンソほど前に出ることができません。にしてもアロンソ、魅せるなぁ!

16/58 おっ、リプレイ必至の名シーン。マークを仕留めにかかったルイス、マークが例によって踏ん張りすぎてコースオフ。その隙に、漁夫の利でマッサがいただき先行♪ マークのグッジョブでマッサがトクをしましたね。チャンドックは単独コースオフ。

17/58 ベッテル、バトン、クビサ、ニコ、マッサ、ルイス、アロンソ、マーク。ニコが快走してるのに反して、苦戦モードのミハエル。

20/58 もう雨は降らないというジョック・クレアのラジオ。彼は降らない説を最初から唱えていたとのこと。実直な山羊座。

22/58 ホームストレートでマッサを軽々抜いたルイス。さらに食いつくマッサ。そのうしろからアロンソ・・・しかし一瞬の隙?でマークに抜かれてしまいました。マッサに遠慮でもしてたのか? あー、そうですね。マッサがルイスを抜けずに一瞬ブレーキ踏んだとき、アロンソもブレーキ。そこをマークに刺された模様。

おっとルイス、マッサの右にマシンを振ったときにパーツが飛んだ? しかし絶妙かつシャープな振り方。美しいですね。

24/58 後方では、スーティルの陰に隠れるカンのあったリウッツィがデラロサを抜いた映像。

ベッテル、バトン、クビサ、ニコ、ルイス、マッサ、マーク、アロンソ。ミハエルは12番手。なーんか、いつの間にかバトン状態再び?



小雨のアルバートパーク スタートで波乱 オーストラリアGP決勝 vol.1
2010年03月28日 (日) 15:03 | 編集
インターミディエイト仕様のアルバートパーク。SC何回出るんでしょうか。

いきなり来ました1コーナー。アロンソがバトンと接触してスピン、同時にあちこちで接触多発。シュー様もフロントウィング交換です。カムイ選手はここでリタイヤ。・・・・と、画面にクギづけになってるうちにSC。

ベッテル、マッサ、マーク、クビサ、ニコ、バトン、ルイス、スーティル。アロンソとミハエルが後方に沈む一方で、ペトロフがかなりのジャンプアップです。リタイヤはカムイ、ヤルノ、ブエミ、ハルク。

5/58 クビサが仕掛けます。前評判はイマイチの中、今季クビサが来ると言ったのはF1占星術@オートスポーツですよん

あれ? ミハエルが抜かれてますね。マシン調子戻らないのかも。セナのリタイヤに気が取られる中、マクラーレンの2台がサイドバイサイド。

6/58 マッサ、走るシケインにやや近づいてる印象? クビサがやっきになって仕掛けようとしてます。

7/58 バトン、いち早くドライに履き替えます。オプション。さあ、タイムを注視。ベッテルラジオでは「もっと雨が来るよ」。んー、バトン、コースオフしてますねぇ。ギャンブルは失敗か。

8/58 アロンソ、オーバーテイク祭り開催してますね。もちろんミハエルも。

9/58 ドライに履き替えるのが吉との判断。いきなりピットが大混雑です。2台同時に入れるチームも。グラスタの皆さん、写真タイムですね~ バトンのタイムを見て、アロンソやミハエルを筆頭に、多くのマシンがオプションにチェンジしました。あー、インターにグレイニングが出ていたのかも、と。

10/58 ベッテルもピットへ。1周見送った組が再びピットへとなだれ込み。んー、マークとスーティルが入ってないのかな。バトン、いち早いタイヤチェンジでひとまず成功。ペトロフ、コースアウト。

11/58 マーク、スーティルもピットへ。順位を整理しましょう。ベッテル、バトン、クビサ、ニコ、マッサ、マーク、ケロ、ルイス、デラロサ、アロンソ。ああ、目が逸らせられない!
決勝の朝
2010年03月28日 (日) 13:03 | 編集
Twitter占いやってます


F1もINDYもサクッと占ってますので、よかったら覗いてみてくださいね

キレたマシンでフロントロー独占 レッドブル快走 オーストラリアGP公式予選
2010年03月27日 (土) 16:06 | 編集
デビュー当時のキミを彷彿とさせると評判のハルク。確かに涼しい横顔ですね。ウィリー・ウェバーがマネージャー、チームメイトにバリチェロと、ミハエル様と同じ(ってのもざっくりとした言い方)環境をゲットしてるところもおもしろい。個人的に要チェキキャラでございます。


閑話休題。

雨、来そうな予感ありますね。・・・・が、10分持てばいいわけですから、大丈夫かな? 重くたれ込めた雲。というわけでQ3です。

各車オプションでコースイン。やっぱりね~。

さあ、残り5分です。ミスってもコースレコード更新のベッテル。アロンソ、踏み込むが届かず。盤石安定のアロンソ@フェラーリ対、切れ味イッパツのベッテル&ウェバー@レッドブル。これは見物です。

と、いうことで。当然のようにポールを獲ったベッテル。当たり前すぎてなんか痛快 フロントローのマークとの差はコンマ1。

セカンドローにアロンソ、バトン。アロンソは奇数グリッドから前を狙います。メルセデスのチームメイト対決は、ニコが0,05刻んで前。


明日は雨来るかな~。来ても来なくても、ベッテルが勝つ予感大。・・・・あ、マシンが壊れなければですが


と、いうことで。

皆さん! この後はINDYですよ
早くも波乱の予感 ルイスKO Q2
2010年03月27日 (土) 15:44 | 編集
ウェバーの本気モードがハンパない。がしかし、オプションでコースインしたアロンソもすごいです。スーッとトップタイム出してるけど、うーん、その後じわじわタイム落ちてるのかな。

一方のウェバー、プライムで刻んでるって! ニューウェイほくほくのこの完成度。

路面23度。低いですね。残り6分、バーンアウトしながらコースインするルイス。しかしまたまたトラフィックか。

アロンソ、今度はプライムで出ました。余裕のテスト仕様。・・・・んん? 「Q3にプライム使うドライバー出てきますよ」byハミー浜島さん? とすると、アロンソかもしれないですよね。アロンソ、プライム好きだから。・・・・まあ、このサーキットではやらないかぁ~?

残り1分を切りました。交通違反のルイス、苦戦してます。心がちょっぴり折れちゃった?

・・・みたいですね。まさかのKO

その他KOはブエミ、リウッツィ、デラロサ、ハルク、カムイ、ハイメ。

Template by 【投資信託のことなら】投信Web /

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。